FC2ブログ

UCの母体②金聖道 あのいやな神の心情/番外編2.5_5

  
 
  あの いやな 「神の心情」
      ルーツはココだよ お婆さん
          ご苦労された 金聖道 聖主教団





文教祖や統一教会(家庭連合、天の父母様教団 Heavenly parents church w)は、よく「神の心情」という言葉を使う。

たとえば、「創造原理的な神の喜びの心情、人間始祖が堕落した時の神の悲しみの心情、復帰歴史の背後にある神の忍耐・苦難の心情、そういった神の心情を知らなければならない」などと言ったりする。

神の心情を第一にするという考え方は、一見良いようで、非常に問題のある危険な考え方だと思う。


<以下、青字部分は分かりにくい思想的なことなので関心ない方は飛ばしてください>
根本的なことを言うなら、この宇宙の第一原因/創造主がいるとして、それは被造物である人間とは次元の大きく違う、人間には計り知ることのできない存在だ。

たとえば被造物の中にある共通性を発見したとする。それはあくまでも被造物の中に宇宙の法則を見たということ、被造物を理解したということ、被造物の中に神性を見いだしたと言ってもいいが、その逆ではない。

 その逆とは、第一原因/創造主の中に被造物性を見て創造主/神がわかった思うことで、それは誤謬に繋がる。これが創造原理、統一原理のやっていることだ。

’神は本陽性と本陰性の中和的主体であり、さらに本性相と本形状の‥‥’なんて、その延長のようなことをさも重大なように延々とやっている人たちがブログ村でもいるでしょう。意味ないのにね。
原理にハマれば馬鹿になる゚(゚´Д`゚)゚。 参照 

 被造物にある共通性・法則性を見つけて理解することは、人間の共有財産となり、有意義だが、その逆(神の中に被造物性を見て神が分かったと、それを前提に物事を進めること、またはその団体)は、理性の機能の混同であり、誤謬に行き着く、監視対象の、危険な、要注意モノである。


 神の心情という考え方も、神の中に人間の心情を見て創造主の心が分かった気になっているだけであって、その実情はあくまでも被造物・人間の心情なのである。それを信仰の対象にすることは、自分自身が作り出したものに支配される人間の自己疎外状態といえる。タイトルの“あのいやな”とはそういう意味です。

<分かりにくい思想、ここまで>


それはそれとして、この神の心情という考え方や捉え方は、統一教会のユニークな特徴となり、人を惹きつけ、また呪縛するものにもなることは確かだ。
それはどこから来たのか、まさか文鮮明が言い始めたのか? と考えあぐねていたが、そのルーツは「金聖道おばあさん」にあると分かった。


金聖道おばあさん。堕落論を説いた人物としては知っていましたが、またオール統一の皆さんは主の路程に出てくる短いエピソードとしてはご存知かと思いますが、ここでは主に2種の英文ソースを参照して詳しいバージョンをお送りします。


金聖道がイエスから堕落や神の心情について啓示を受けたのは、1923年のことで、文鮮明はまだ3歳、イヨンド(李龍道)牧師などもまだ公的活動をしていなかった時代のことです。

イエス教会、金百文、文鮮明、朴テソンなどがこぞって彼女の説いた教理の轍を踏んだ(朴った)、いわゆる朝鮮神霊集団全ての先駆けと言えるでしょう。

後に文鮮明ほか神霊集団がパクった内容に下線を入れました。 

              *

   金聖道と聖主教団

金聖道女史は1888年、北朝鮮西海岸の鉄山郡で生まれ、18歳で、当時45歳の裕福な家の男の後妻として嫁いだ。
妾や妾子たちからいじめを受ける複雑で困難な生活の中、5人の子供を産んだ後、精神病になってしまった。

按手祈祷を受けて病が治ったのをきっかけに、熱心なキリスト教徒になった。
儒教の夫はそれをよく思わず、彼女が教会に行けないよう衣服を破き、殴り、鞭打ち、引きずり回し、刃物で切りつけなどして、何年も酷く迫害した。
それでも彼女は教会に行き信仰生活を続けた。ついに夫は離婚を決意したが、程なく病気で死んでしまった。

k.png
      ▲ Kim Seong-do 金聖道 (1883 – April 1, 1944)
その後彼女はいっそう祈祷生活に没頭し、心置きなく教会に通っていた。

1923年、担当の牧師が姦淫問題で逮捕されたとき、大変なショックを受け、人間の罪について深い祈りをした。

祈りの中で、最初にサタンが現れ、彼女を嘲笑い讒訴したが、祈祷を続けるうち今度はイエスが現れて、人類の罪の根は未完成のアダムとイブの性関係(淫行)にあったと直接教えてくれたと彼女は主張する。

イエスは、神の悲しい心情についても教えてくれ、神の最大の心痛は、人間始祖の堕落とイエスの十字架を防げなかったことだ、十字架はイスラエル民族の不信仰故の失敗だったと語ったという。
またイエスは子供の頃虐待を受けていた、本当の誕生日は1月3日だと教えられたと彼女は言った。

彼女はそのイエスの啓示の御言を、長さ2メートル、幅30センチの巻紙12枚に記録した。


「学んだことを世の中の人に知らせよ」と啓示を受けたので、牧師に報告すると、それはサタンの働きだと言うのだったが、啓示の噂を聞いた人々が彼女の話を聞きに集まってきた。

28年、長老教会は金聖道を異端として破門にした。

金は家で礼拝を行うようになり、人々に、イエスの再臨はイエスその人が戻って来るのではなく、別の人として朝鮮に生まれてくると語った。そして清い血統を立てるために朝鮮人の新しい主がやって来るまで、独身者は独身を保ち夫婦者は性関係を避けて再臨主を迎え入れる準備をせよと説いた。


人々は朝鮮のいたる所からやってきた。金のグループは当局の宗教団体登録がないので、1934年、イエス教会と合同礼拝を始めた。この共同関係は3年間で終わりを告げた。金聖道が新しい主だと信じる異端的な信仰が一部信者にあることに腹を立てたイエス教会が関係を切ったのだ。

その後、女性関係でイエス教会を破門になった白南柱(金百文の師)が、金聖道グループの団体登録を手伝い、名称を「聖主教団」(Holy Load Church)として総督府から正式に許可を得た。


そして本格的な伝道活動を始め、定州、安州、平壌、元山、海州、ソウルなどの地域に広がっていった。


1943年のある日、聖主教団の青年が、相手が刑事であることを知らずに伝道して、「日本はこれから滅び、、「韓国は新しい主を中心にして世界一の国になる」という話をしたので、その刑事が金の家に何日も宿泊しながら、聖主教団の内容を調べて帰り、道警察に連絡したため、金と2人の息子は投獄された。
3ヶ月後に出獄したが、金は翌年62歳で他界した。




 



参考資料/サイト

https://www.tparents.org/Library/Unification/Books/Sm-Early/Chap06.htm

https://tragedyofthesixmarys.com/kim-seong-do-and-roots-of-divine-principle/

洪順愛の証(黄国柱集団、イエス教会、聖主教団、腹中教、統一教会、歴代異端全コース走破の達人。韓鶴子の母)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/akasi/042.html

鄭錫天の証(金聖道の長男、成和壮年部長)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/akasi/005.html

鄭寿源の証(金聖道の孫。36家庭)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/akasi/021.html

ちゃぬの裏韓国日記(?韓日家庭の目立たない平信者妻。と自称していた)
https://ameblo.jp/chanu1/entry-11036065412.html


味深い記事だと思われた方はクリック↓感謝です
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示