FC2ブログ

踏んばる北のクリスチャンvsソ連共産党/番外編2.5_1


「日本の総督府が撤退してからの朝鮮半島は、戦勝国の連合軍が入り、南半分がアメリカ軍、北半分がソビエト連邦軍による分割占領統治が行われていた」
   『銀よ、俺を嫌うな。平壌への道/龍明小説2-15』より


ーー1946年の平壌はまだ、朝鮮キリスト教のダイナミックな中心地だった。教会が至るところにあり、クリスチャンたちから “東洋のエルサレム” と呼ばれていた。
 だが壁には「ソビエト傀儡当局がクリスチャンパワーをバラバラにし始めたぞ!」と落書きがしてあった。
    『文鮮明 初期の伝記1920-53』マイケル・ブリーンより



踏んばる北のクリスチャンvs ソ連共産党



 1945年の終戦当時、朝鮮半島北部のクリスチャン人口は、プロテスタントが30万人、カトリックが5万人、合わせて約35万人になった。
(当時の北部の総人口925万人の約4%弱にあたる)

 彼らは特に平壌では大きな影響力を持っていた。皮肉なことに共産主義者の数は北部より南部の方に多かったという。


 北の当局は当初、抗日独立運動の要として、共産主義者よりも役に立ったクリスチャンたちに謝意を示し、比較的緩やかに扱うきらいがあった。

 が、程なく状況が変わってきた。長老派牧師2名が中心になって、政党「キリスト教社会民主党」が組織されるに及んで、当局は危機感を抱いた。

 キリスト教社会民主党は、朝鮮全土における初の政党で、キリスト教の理念に基づく社会改革と民主主義を是とした。その基盤は各地域教会が拠点となって、強固に組織されつつあった。


 北のソ連当局は危機感を募らせ、地域の無学な農民や労働者を買収し、政党組織委員会開催中の教会を襲撃させた。唆された暴民は、教会や家屋を破壊、死者1名と負傷者を出した。

 これに、ほとんどがクリスチャンだった地域の高校生たちが怒って地域民と衝突し、銃撃戦になり、死者23名、多くの負傷者、逮捕者を出すに至った。

 クリスチャンらは五千人規模のデモを行なって当局に抗議した。


 平壌でも45年11月、別のクリスチャン政党であるキリスト教自由党の党設立大会の前日に、共産党の武装隊がその準備委員会の場に踏み込んだ。党首他40名が逮捕拘束され、獄死、または行方不明となって姿を消した。

 当局はクリスチャンたちから大規模な反発を食らった。


 政治的強制や武力をもってしても、翌年の3・1独立記念式典で彼らをを統制しきれなかった当局は、方針を変えて懐柔作戦に出た。


 影響力のあるクリスチャン指導者を引き入れるため、金日成の母方の伯父であるプロテスタントのカン・ヤンウク牧師を擁して46年春、共産主義支持のクリスチャン同盟を発足させ、政治活動を控えるよう信徒たちに呼びかけた。


 だがカン牧師は日本の併合時代に神社参拝を奨励した牧師だったので人気がなく、49年に当局がクリスチャン同盟を強制加入にするまで成果はほとんど上がらなかった。

           *


 46年6月、文ノ龍明が平壌入りしたのはそのような、北の対クリスチャン政策の比較的弛緩期とも言える時期だった。

 龍明はその年8月11日に逮捕され、3ヶ月近く拘束された。単に宗教活動をしたからではなく、関係する人々からの苦情過多と南のスパイ疑惑からだった。

 その時期、同じくイエス教会グループの腹中教も逮捕拘束されていたが、彼らは再臨主が来ると言っては多額献金を募り、いつまで経っても再臨主来ずで人々から訴えられた結果の宗教献金詐欺容疑だったそうだ。

 48年、龍明は重婚罪容疑で再び逮捕され、相手の女性信者と共に有罪になり、労働収容所に送られることになる。

 統一教会・家庭連合は、文氏の逮捕収監に、北韓共産党による宗教迫害をイメージさせたいようだが、そういった次元のものではなさそうだ。






参考資料
https://www.tparents.org/Library/Unification/Books/Sm-Early/Chap06.htm

History of the Korean church, Allen D. Clark
http://raskb.com/udenlibrary/disk2/108.pdf#search=%27Allen+D.+Clark++korean+history%27




味深い記事だと思われた方はクリック↓感謝です
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title
 >>その時期、同じくイエス教会グループの腹中教も逮捕拘束されていたが、彼らは再臨主が来ると言っては多額献金を募り、いつまで経っても再臨主来ずで人々から訴えられた結果の宗教献金詐欺容疑だったそうだ。


宗教献金詐欺(笑)
オール統一さんは原理で言う同時性になるのかな。
No title
goutさん、コメントありがとうございます。

腹中教は、そういった献金で来たるべき再臨主のための衣服(や食事)をたくさん作ったのでしょ、トラック何台分にもなったとか。←北当局が押収

統一教会のエゲツなさに比べたら、腹中教はなんと純粋なのだと現役の頃は憧れがありましたがw、やはり規模は小さくても統一と同じような問題があったのですね。
同時性で,つい最近も同じような問題が・・・
https://www.sankei.com/affairs/news/200229/afr2002290002-n1.html

旧統一教会に賠償命令 違法勧誘、東京地裁
2020.2.29

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の信者から違法な勧誘を受けて多額の献金をさせられたとして、東京都に住む元信者の60代女性が約520万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、家庭連合と信者に約470万円を支払うよう命じた。伊藤繁裁判長は「女性は信者から、亡くなった夫や長男が地獄で苦しんでいるとの不安や恐怖心をあおられ続けており、献金の要求は社会的に相当な範囲を逸脱した違法な行為だ」と指摘した。家庭連合には信者の使用者責任があるとした。

管理者のみに表示