FC2ブログ

お父さん、お父さん、あなたはどなたなの?(追記あり)

「韓鶴子氏のお父さんはどなたでしたっけ?」マーイルマンさん
https://ameblo.jp/karamatto777/entry-12570193339.html
>暗在オシオさんが統一教会の教祖の小説をブログで始められたのを拝見して、疑問がわきました。
>何がかというと、韓鶴子さんのお父さんが韓承運さんという内容についてです。


別に私に対して書いているわけではないのは分かっていますが、ちょうど書きたいこともあったので、まとまりのない個人的意見ですがアトランダムに書いておきます。

記事「根拠あり! 秘められた血分け」のコメント欄で、米本さんからの質問「韓鶴子さんの父親の名前は?」に対して、
>韓鶴子さんの父親の名前は、オフィシャルで「韓承運」です。

と答えました。
オフィシャル:公式の、公認の、表向きの、公式的な

ちゃぬの裏韓国日記の「クイズ!父親は誰だ!」なども読みました。

韓国では「韓鶴子氏の生物学的父親は文鮮明氏」とプリントを配って主張している地方教会長がいて、教会本部が主張をやめるよう注意しているがやめないというハナシを数年前聞いたことがあります。

サンクチュアリの礼拝説教でも、ある古参信者がDNA鑑定をしたらそのことが分かったとのハナシが出てました。

ある画家が韓鶴子と韓承運の写真を見て、眉の形が同じ、鼻もそっくり、目も似てる、文鮮明とは親子に見えない。写真からすると韓承運が父親だと一目瞭然、と言っていたので、形を見る目を訓練された画家の意見は個人的には無視しがたいかな。
私などシロウトはパーツのカタチをきちんと見据えずに全体的な印象だけで見るから、文鮮明とも似ているように見えてしまいますが‥‥

DNA鑑定の件は、どのサンプルをどのように採取してを明らかにしたオフィシャル鑑定書がアップでもされればまた別ですが‥‥文7の説教、あれだけではとても信じられません。

本当の父親でもないのに、清平で大々的に毎年大父様「韓承運」の追悼式を行なうものかな‥‥

確かにちゃぬさんの書いているように、「韓承運」だと仮定すると不自然な状況もいろいろあるようですが‥‥

私にはわかりません。だから、オフィシャルでは「韓承運」となっているというしかない。
当事者2人とも死亡した今は本当に分かる人などいないのではと思います。

ただどちらのお父さんだったにしても、「韓鶴子さんは血分けによってできた子供」で「物心つく前からこういうことを聞かされて育ってきたいろんな意味で筋金入りだったということ」には変わりないでしょう。
母親の洪順愛さんや鶴子さんの人間を捉えるのにはどちらでもあまり関係ない気がします。(つーか分からないのだからしょうがない)

観念的な理想主義者などは、抜けるように純粋でたおやかなところのある洪順愛サンの生き方に憧れを持つ人もいるかもしれません。
人類の誤謬という言葉が頭に浮かびます。

https://ameblo.jp/chanu1/entry-11983105077.html

追記:
上のちゃぬさんのクイズ父親記事のコメント欄をもう一度眺めていたところ、桜葉佳代さんという方がやはり韓承運氏と韓鶴子氏はそっくりに見えると書いてました。桜葉佳代さんも確かデザイン・美術系の仕事のプロです、プロの目は確かでしょー。
そういえば、マーイルマンさんも現役時代は美術系のプロだったはず、一応、って言っちゃダメ。教義・みことばなどどうにでも後付けができますから、ご自分の目を信用して判断してみては?






味深い記事だと思われた方はクリック↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

筋金入りの大嘘教祖の妻
>本当の父親でもないのに、清平で大々的に毎年大父様「韓承運」の追悼式を行なうものかな‥‥

そうでしょうか。
父親と思いたい・・・公表することで隠れ蓑にしている!と思いますよ。

文龍明が父親だなんて鶴子さんは思いたくないから追悼式なんてのをするだけにすぎません。

韓国人幹部の中には、その初期からの歴史を知っている人はいるでしょう。DNAの話も調べた方の本当の事と察します。
証拠の提示は見たいですが、七男が出してくれればいいでしょうが、おぞましすぎる現実の証拠を残すことになりますから、鑑定結果は出さないかな?

鶴子さんの母親は殺人者です。
牢屋に入っていた女の娘であり、教祖と関係があった女の娘・・・実の娘かもしれない女を教祖の嫁として迎え入れた組織の女たちの心持ちは計り知れません。

崔家の女たちで構成したかったのに、離れて行くことになったサムエル氏の母親の姉とその母親、サムエル氏が孕むまでアメリカの巡回中に入り浸っていた文鮮明です。しかも、入り浸っている最中に鶴子さんにハガキまで書く異常な文鮮明。
とても、普通には思考できないことがこの一族と幹部たちには渦巻いているのです。

吐き気がするような一族に、まだまだゾッコンな信者たち・・・。お気の毒様です。
目下のところパラレルストーリー
>本当の父親でもないのに、清平で大々的に毎年大父様「韓承運」の追悼式を行なうものかな‥‥(行なうもんです。あっそ)

と、上を書いた時カッコ内も書こうとしましたが省略したのですよ。ゴチャゴチャするから。文章がゴチャゴチャすると困るんだよ。
つまりナツミカンさんの言う通り、その位の欺瞞は教会にはあり得るという、しかしあくまでも可能性の話で、あまり意味はなかった。

件の文7の説教のパラグラフ全体をよく読んでいただきたく。
https://ameblo.jp/chanu1/entry-12437297407.html
『王妃(※文亨進の妻)がまだ家庭詐欺連合にいる親戚と話したのですが、本当にばかげたことをでっち上げているのです。』から始まります。
DNA鑑定の話も、その親戚が言っている「ばかげたこと」の一部として出てきます。

つまり、文7と対立する家庭連合にいる親戚筋が「実は鶴子様は文先生と切っても切れない親子の血縁関係にあるお方だから、そんなに非難しないでもっと尊重したほうがいい。あなたのためを思って言っている」などと言ってきて、文7はそれに対して売り言葉に買い言葉的に「ハッハ、それなら私の姉にもなるわけだから(母より姉の方が非難しやすいから)更にもっと非難してやるぞ、バッキャーロー」と言っているに過ぎない構図ではないですか。

親戚筋も本当にDNA鑑定したのなら誰も否定できない確たる証拠を欲したからでしょうに、2年以上経っても公表しない。本当なら大スキャンダルだから現役なら公表しないのもありかもしれないけど、反対派にも流出してない。最初から言葉だけと思われても仕方ない。

サムエルと母は、鶴子さんの実父は既婚者・妻帯者だったと言っているが、これは?

まあ何を言っても、ナツミカンさんはそう思い込んでいるでしょうから、無駄でしょう。
パラレルワールドじゃないけど、パラレルストーリーで、ナツミカンさんは、親子だったということで書けばいいと思います。(書きたければのハナシ)

私は後年鶴子が龍明を嫌う理由の一部として、自分の父親だという噂を耳に挟んでもっと嫌いになったと加える位で遠慮しときます。
とても全てのエピソードは書き切れない。省略に次ぐ省略です。
ゴチャゴチャするからね、文章がゴチャゴチャすると困るんだよ。

ではがんばってください。


管理者のみに表示