fc2ブログ

勝共の暗黒面を語る



 勝共の暗黒面 を語って、

  バランスを取る





〈2つ前の記事 http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-379.html の中の一節より〉

*文鮮明氏は、 KCIAやCIA権力に気に入られるよう、武器を製造したり、勝共で、戦争や軍事クーデターを起こしたり(南米)、民主化運動の市民たちを拉致・拷問・暗殺する“死の部隊”(注*)に資金提供したりした。

これらの資料については、過去このブログ上で散々提示してあるので、最近はそのまんま書き放しですが、
ソースは政府や情報機関から開示された公文書を含め、主にアメリカのジャーナリストさん達の詳しい調査からです。

もっとも麻薬取引関与などの決定的証拠までは、まだまだCIAなど諜報機関が秘密を握って開示しないですから、状況証拠はたっぷりですが、もどかしいところではあります。

注)“死の部隊”(death squad)とは:
https://ja.wikipedia.org/wiki/死の部隊

統一教会が、死の部隊の一派といわれる中米ニカラグアの右翼ゲリラ組織「コントラ」に、ワシントンタイムズ紙を通して資金を流していたのは周知の事実だし、関連してサンディニスタ戦争にも加担したらしい。
ボリビアのコカイン・クーデターを画策したことは龍明小説にも入れた。


上記のような内容は、一般的には統一教会を断固拒否する材料にすればいいだけだろう。
しかし元信者としては、それが「勝共の名の下に」「カウサを通して」という所が気にかかる。
それらの行為は “南米を共産主義の脅威から守る為” などと言って正当化するのだろう。

しかしそれは、ソ連と戦うわけではなく、貧しい第三国の、生活を良くしたいと願うその国の市民運動の人々まで大量拉致し、拷問・暗殺し(そりゃその中には共産主義者もいたでしょうけど)、
正当にその国の国民が投票で決めた政権を外国勢力主体の軍事クーデターで覆したり、独裁者に対抗した勢力に戦争を仕掛けたり(そりゃ国民が選んだのは左派政権だったかもしれないけど)。
そういう国家単位の巨額な費用を要することに、CIAと足並み揃えて統一教会は資金と人材を投入していたわけです。


これらは多くが80年代のことですから、日本はバブル期で霊感商法の最盛期だったわけですが、日本から韓国や米国に送金した莫大な献金も当然関係していたでしょう。
額が幾らあっても足りないはずです。献金の使い道は具体的には知らなかったにしても、その異様な雰囲気は感じ取れたはずです。

その頃、教会内で聞かれた言葉は、
「お父様(文鮮明教祖)は我々が考えもしない大所から大きく摂理を進めておられます。だから理解できないからといってつまずいてはいけません。後になって初めてお父様の真意が分かるようになるのです」
とか、
「本来なら国家予算でするようなことを、今の統一教会は代わりにやっておるんですね。天国が復帰されたら国家予算でやるようになるんです。ですから日本教会に求められる献金目標が大き過ぎて、私たちがヘトヘトになってしまうのもある意味当然のことですね」
などですから。

共産世界との対立を必要以上に際立たせ、煽るだけ煽って、権力と利権のおこぼれを頂戴していただけなんだけど。
ボリビアは世界の最貧国に落ちてしまったし。
勝共の正義って、いったい……?

問題は、冒頭に書いたような事ももう無意識に受け入れてしまっていて、否定し切れないことだ。

「こんなカウサ(CAUSA)はイヤだ!ボリビア コカイン•クーデターに動員」


「紛争や戦争など地獄のような世界にまで、自ら降りて行って、そこから復帰してくるのがお父様だ、本物のメシアの証しだ」と言う?
それで何か復帰出来たのですか?
右翼でも左翼でもない「頭翼主義」の提言?(言葉だけで内容がなく忘れ去られた)
戦争に加担した時が最高潮位で、その後は具体的な方策もなく、韓国で連邦議事堂に似たお城を建てて、信者たちに120個以上の豪華な王冠を献納させ、自ら冠を被る儀式を行なうという、内向きのカルト宗教内行事をやりました。

何か否定ばかりしているようですが、教団が勝共は素晴らしいと極端に良い事しか言わないので、こんな暗黒面もあるよとバランス取ってます。

80年代の昔の事ではなく、同様の精神がいつでも見え隠れします。
教会内で少しでも違う意見を物申す人に対する情報統制や一方的な処断など。

また、勝共が掲げる憲法改正の「スパイ防止法」や「緊急事態条項」は、正当な説明のない不当な逮捕者を大幅に増やし、独裁者を出現させやすいと。
(興味深い「ごぼうの党」代表さんの動画より)
https://youtu.be/wTAxmNN_zoU?si=bDqFIU6TA38uFj91


ブログ:「統一教会にて」“たった一度の人生”さんより
http://ucpeople.seesaa.net/article/501506153.html
引用)「スパイ防止法の主張は忠臣のレベルなのだということに、私は気づきました。
そして、これまで統一教会が世間から多くの反対を受けてきたのは、統一教会の活動が忠臣のレベルだったからだということに気づきました。」

ほほう、忠臣レベルと、そう解釈しますか。
(そういえば教会では、忠臣レベルの上が聖人レベル、聖子レベルだと言ってた)

まあ、KCIAの忠臣、CIA の忠臣と言えばそうですかねぇ(そういう意味じゃない?)
でも問題は、忠を捧げるお相手以外の人々に対しては、個別性を認めず、搾取したり踏み付けにしても顧みず、人権侵害も厭わないことです。全体主義、帝国主義的宗教と言われても仕方ありません。

「忠臣」と言うと認めているように取られ、社会には通用せず、納得もされず、却って反発されるでしょうね。

しかし、忠臣レベルという教会的な考え方を知り、つまり自分の中に無意識に燻っていたモヤモヤしたものを言語化し、振り払うこと(お祓い)ができ、スッキリしました。
感謝です。



参考資料



「大量殺戮のメシア」
http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

CIAと統一教会がサンディニスタ戦争で協力

https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/109837104657/cia-and-unification-church-cooperated-in

中米の奥地では、CIAの工作員と文鮮明牧師の弟子を見分けるのが難しいことがある。韓国のメシアはこの地域で確固たる存在感を示していたーー
(Jack Anderson: "CIAとムーニーがサンディニスタ戦争にて協力 , CIA, Moonies Cooperate in Sandinista War", ワシントンポスト, Washington Post, August 16, 1984)


IMG_0314.png

IMG_0315.jpeg

https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/703987661637124096/cia-moonies-versus-sandinistas
CIA, Moonies versus Sandinistas
CIA、ムーニー VS サンディニスタ政権
Indiana Gazette August 16, 1984





実は統一教会は最初から反共ではなかった」より
https://ameblo.jp/chanu1/entry-12120684607.html

勝共理論(「新しい共産主義批判」)を書いた、韓国の36家庭の1人で『統一思想』の著者でもある李相憲氏の手記に、
1961年の韓国軍事クーデター後の統一協会の記念日に初めて文鮮明が「反共をやらなければならない」と語り、
当時の協会長であった劉孝元氏が、李相憲氏に本を書くように指示したことが記載されています。

李相憲氏は軍事クーデター後に文鮮明が「反共をやらなければならない。」と話したことについて、
「お父様(協会内では文鮮明をかように呼びます)にそのような(政治的な)側面があったとは全然知りませんでした。偉大な宗教指導者としか思えませんでした。」
と書いています。
つまり、それ以前は文氏も協会も反共というスタンスはなかったのです。
勝共理論の著者が言っているのですから間違いないでしょう。

(引用ここまで)





KCIAが名付けた勝共
http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-211.html
「私が何で大韓民国情報部の手先ですか。私は彼らに会ってみたこともないのです。」とアメリカで講演した文教祖だったが、実は、KCIA初代局長で朴政権の黒幕である金ジョンピル氏と定期的にゴルフをしていた。

67年には韓国中央情報部(KCIA)の幹部たちと全体会議をし、そこで文鮮明が教会挙げての反共団の活動を報告した。
共産主義をサタンの思想とし、その悪を際立たせて提示してくれる統一教会のやり方に、情報部の連中は感心してこう言った。
「これはもう、単に共産主義に反対する反共ではなく、共産主義に勝つ、“勝共”ですね。どうです、これからは反共団ではなく、勝共団と名前を変えてやっていきましょう。そうして下さい」

68年1月13日には、KCIAから名前を賜った「勝共連合」を正式に設立させるに至った。



https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/712427326708858880/cia-moonies-cooperate-in-sandinista-war-1984

Washington Post
CIA, Moonies Cooperate in Sandinista War - Jack Anderson
August 16, 1984


KCIAとの関係
「協力しないなら、君は 貧国の弱小セックス・カルト教団の教祖のまま、世間に断罪されながら消えてゆくのみだ」






味深い記事だと思われた方は
クリックをよろしくです↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

旧統一教会の運命を左右した「勝共」活動
暗在さんも認めておられるように、日本での勝共連合の活動については教団内部では勿論のこと、一般人でさえ政治的に保守系の人であれば高く評価している人が少なくありません。
現在、旧統一教会に対する批判が高まる中、自民党議員と旧統一教会との関係がクローズアップされていますが、そのように多くの自民党議員が旧統一教会と関係を持つようになったのも勝共連合という組織があったからこそであり、決して教団の教えが影響を与えたと言うわけではありません。
そして、日本における勝共連合の活動については、特に被害者を生み出したわけでもなく、いわゆる左翼団体の方が思想的にもより危険性が高いのは確かですから、勝共連合に限ってはある程度評価することができます。

しかし、問題はCAUSAなど、海外版勝共連合の場合です。
記事にあるようにCAUSAがCIAの意向に沿うように人員を派遣したり、資金を投入しているのは疑いようのない事実でありますが、同時に教団はそのことによって様々な利権を得ようと画策しているのは間違いないでしょう。
そうでなければ、あの金銭欲の塊とも言える文教祖が途方もない金額の資金を投入するなど考えられません。

なので、特に南米でのCAUSA=勝共連合の活動の評価についてはCIAの活動をどう評価するかによって変わってくるわけですが、米国の保守系の人であればほとんどの場合、CIAを信頼するでしょうし、CAUSAに関しても評価する方に傾くでしょう。

しかし、忘れていけないのはCIAは米国にとって安全保障上危険な要因については如何なる手段を用いてもそれを排除するということです。
つまり、米国にとって危険な相手ならば、その人権を否定することも平気でやってのけるのです。
CAUSAが活発に活動していた当時はいわゆる冷戦時代であり、南米にソ連寄りの国家が増えるというのは米国にとってより不利な情況に置かれるということであり、何としても避けたいはずです。
またソ連のKGBもCIAに負けず劣らずで、自国の仲間を増やすためなら、どんな工作活動も厭わないはずなのです。
したがって、中南米ではその辺りのつばぜり合いも激しかったに違いありません。

なので、当時は反共のレーガン大統領が絶大な人気を誇っていたぐらいですから、CAUSA=勝共連合も米国の保守系の人々からは決して悪い目では見られていなかったはずです。

ただ、人権派の人々からすれば、CAUSAが実際に南米で行っていることはとんでもないことであって、とても許容できないことであり、評価は最悪となります。
つまり、CAUSA=勝共連合に対する評価はその人の政治的立ち位置によって大きく変わるのであり、それはたとえCAUSAの極道行為が暴露されたとしても大きく変わることはないでしょう、少なくとも米国では・・

しかし、私としては暗在さんが非難したような戦争に加担する行為や極道まがいの活動は決してすべきではないと強く思います。
実際にベトナム戦争の結果を見ても分かりますが、たとえその国が共産主義政権の国になったとしても、それがその国にとって良い結果をもたらさないなら、いずれその国はより自由主義に近い国家へと変貌していかざるを得ないのです。
つまり、不必要な戦争はしても意味がないということです。

良心的な人にとってCAUSAが南米で行った行為は心を傷付けられる悪行以外の何ものでもありませんが、そこに投入した資金のほとんどが日本の旧統一教会員から搾取したお金である可能性が極めて高いわけですから、文教祖という人物はつくづくズル賢く腹黒い人間と思わずにはおれません。

旧統一教会の上層部は当然そのような戦争加担の実態を知っていたわけですが、そのような文教祖の宗教家としてあるまじき行為を受け入れてしまったのは、やはり堕落論、蕩減復帰原理の影響が大きく作用しています。
旧統一教会の信者は自分たちは堕落した人間の子孫だと思い込んでおり、メシアが命令する「神の摂理」には絶対に従わねばならず、たとえその行為が理解不能であったとしても、その命令には必ず深い訳があるはず‥と思ってしまうのです。
そのため、物事の善悪の判断もできなくなり、たとえ人々から批判されようとも反省などできないし、万が一、一部の人々からであったとしても、多少評価でもされようものなら有頂天になり、大げさに「自分たちは素晴らしいことをしている」と思い込んでしまうのです。

しかし、文教祖はよくよく悪運の強い人間だと実感します。
1955年に社会風紀紊乱罪?の疑いで逮捕、投獄され、取り調べを受けた際にKCIAの役人が利用できる人物として関心を持たれ、KCIAとの司法取引の結果無罪放免となり、結局は血分け教祖としての醜態をさらされずに済み、その配下とは言え権力と癒着してその勢力を拡大することに成功したのですから・・
しかし、教団本部の最大の資金源でもあった日本教会からの多額の送金は今後望めず、国家権力から見放された日本の現状では衰退以外道はありません。
結局、その悪運もついに尽き果てたということです。
Re:旧統一教会の運命を左右した「勝共」活動
神々の黄昏さん、
また秀逸な考察コメントをありがとうございます。

結局イデオロギーの問題にはなりますね。

神々の黄昏さんのコメントを何度も読み、問題と少し距離を取って落ち着くことにします。

冷戦当時の出来事はそれはそれで両陣営の力のバランスで動かざるを得なかったでしょうが、
当時の考え方というか、勝共理論の「2つの陣営に分けて、片方を神側とし、もう片方であるサタン側を打ち倒して神側が勝利する」みたいな考え方では新しい世の中に置いてかれますね。

目の黒いうちに、旧統一教会の悪運が尽き果てるようで、良かったです(^。^)


メモ)
元CIA暴露「テロリストは誰?」
元CIA高官ジョン・ストックウェルの議会証言
https://youtu.be/9SGZV2_mPPA?si=ht4AjYu7-mmtWQ9g&t=169


東西冷戦も国際金融資本家(グローバリスト)たちが仕掛けた、アメリカもソ連もお仲間同士の八百長戦だったという見方もあり。

【馬渕睦夫】朝鮮戦争の裏で隠れた陰謀と東西冷戦の真実とは...
https://youtu.be/XSndMtlpMQg?si=hbtm6k-D2yycm1V8


CIAについて
 旧統一教会の草創期において、世間からは悪評の血分けカルト教団教祖が逮捕、投獄されながらも無罪放免となった背景にKCIAの存在があるのはほぼ間違いなく、その後の教団の歴史と人脈を見れば、確定的と言えるでしょう。

そのKCIAとの癒着関係があったが故に米国CIAとの深い関係が生まれ、今回暗在さんが紹介された記事にあるような国家レベルの謀略行為にまで手を染めるに至ったわけですが、そこに至る過程において重要な役割を果たしたのは勿論CIAということになります。

CIAについては謎が多く、社会の表舞台に出ることは滅多にない秘密の情報機関であるため、その全容など関係者以外誰一人として知ることができません。たとえアメリカ大統領であってもさえです。。

しかし、今回の記事で重ねて指摘されているように、CIAは国際紛争に積極的に関与しており、目的のためには手段を選ばず、殺人、麻薬取り引きさえも実際に行っているというのですから、まさに米国最恐の組織と言えます。
そのCIAを知る上で、暗在さんが紹介してくださった動画がとても参考になりました。感謝いたします。

その動画から分かったことですが、CIAについて理解するにはディープステートについて知ることが必要不可欠のようです。
私は恥ずかしながらディープステートについては何の知識も持っていませんでしたが、いくつかの動画を見た限りでは以下のような定義が当てはまるようです。

ディープステート→行政機関が政治家に管理されることなく動く。その行政機関とはかなりの確率で情報機関である。

そして、そのネットワークにはウォール街の金融資本家、有力な実業家、ユダヤ人大富豪‥等々も含まれるようです。
つまり、CIAの背後にあるのはそのディープステートであり、それは大統領でさえ思いのままにならない無敵の存在ということになります。

なので、たとえ米国大統領が自由主義国の旗手として理想論を唱えたとしても、実際に国を操るのはディープステートである場合が多く、どおりで汚ないことも強引にやってしまうわけです。
すなわちCIAはディープステートと一体となって米国を誘導しているのであり、それを知らずして国際情勢を理解することは不可能と言えるのです。

旧統一教会は国際情勢を善悪闘争史の観点から見ており、その中で米国は神側、中国など社会主義国はサタン側となっていますが、実際はそんなに単純なものでないのは明白です。

同様に、真の父母によって世界平和が実現できる‥などという妄言は笑い話にすらなりません。。
私は今回、暗在さんが紹介された動画によって目を覚まされたような思いですが、それを紹介してくださった暗在さんには感謝しかありません。
 
黒い馬
サンクチュアリでは、DSを黙示録に出てくる黒い馬になぞらえて、赤い馬=共産主義と、同様に悪の勢力としてとらえています。
そこからさらに、DSが引き起こしている陰謀論に繋がっていくわけです。
参考までに。
DSを操るのは?
神々の黄昏さん、コメントありがとうございます。

アメリカの政界や司法やメディアに巣くっているディープステート(DS)ですが、
藤井厳喜氏(国際政治学者/シンクタンク代表)によると、
DSの背後にいて世界を牛耳っているのは英国守旧派と呼ばれる人たちだそうです。


藤井厳喜氏の「戦争、選挙、金融..…世界中で暗躍する黒幕の正体」の講義動画が100円で視聴できます。
陰謀論に流れない現実的な世界情勢の内容です。
面白く世界史の勉強にもなります。

私は去年視聴し、もう忘れていましたが、ダイレクト出版のマイページに行ってみると今でも見れるし、新しい動画も加わっていました。
(購入直後から来る大量の広告メルマガは全部ストップしました。)

ここから申し込めるようです↓
https://independence-life.com/fuji-genki-kuromaku-netabare/

ありそうな1つの世界分析ということで、参考にすればいいんじゃないでしょうか。

知ったからどうのというわけではないですが、極端な陰謀論には流されなくなる、というか、藤井氏もかなり歴史上の陰謀を語ってはいますが……ああややこしい。



【piscさんへ】
サンクがQ anonに似た陰謀論をやるのは知っていますが、
piscさんも、一つの解釈として上の見て勉強してみてくださいね。
100円あるでしょ(^.^)
別に回し者ではありませんが(^.^)


参考
https://blog.goo.ne.jp/social_ecologist/e/6ef861f1b51ace1240fbfe0a5e3cb3ab


管理者のみに表示