fc2ブログ

大量殺戮のメシア。『権力』の誘惑に負けた統一教会?


    大量殺戮のメシア。
『権力』の誘惑に負けた統一教会?




最近、英語のMoonサイトに載った(おそらく)2世からの投稿文を翻訳してみました。
あちらでは2世が主体になって “統一教会と帝国主義”というテーマで読書会(勉強会)をしているとのことです。
その成果の一端を文章にしたのでしょう。
ちゃんと資料があり、恨みでデタラメを叫んでいるわけではありません。


https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/701928185907085312/sun-myung-moon-was-a-genocidal-messiah-like-hitler

文鮮明は大量殺戮のメシアであった

文鮮明のメシヤの概念は、非常に率直でわかりやすいものだった。それは、「敵をはやく、効率的に殺して、地上と天上に神の王国を創建する」というものです。
ーー 殺した敵はすべて、あとで霊界で復帰させればいい。だから、共産主義者や左翼的な人々を皆殺しにしても、彼らはその後も霊界で生きられるのであって、(彼らは神の敵[「文鮮明の敵」と読み替えよ]だから、おそらく地獄で生きるのだろうが)、実はそんなに大したことではないのである。

文鮮明は、世界反共連盟WACLを通じてCIAと協力し、世界中で隠密軍事作戦を行い、アジア、アフリカ、南・中央アメリカ、ヨーロッパで何十万人もの人々を抹殺していた。

また、同じように効率的な方法として、麻薬によって左派の人々を一掃することもあった。
1960年代の終わりから1970年代前半にかけてのリチャード・ニクソンの時代、ベトナム戦争に反対する人々の多くは若者、学生、ヒッピーであった。CIAはアメリカの都市にマリファナやヘロインを流し、若者を麻薬中毒にすることで反戦デモを鎮圧しようとしたのです。
麻薬中毒者になるともう政治には興味がなく、次の注射をどこで手に入れるかだけが最大の関心事なのです。

文鮮明は、ヤクザやWACL、CIAとともに、麻薬取引によって秘密軍事作戦の資金を調達していた。1980年代、CIAは南カリフォルニアの黒人社会にクラック・コカインを流し、若者を管理可能な麻薬中毒者にすることを目的としていた。その後、社会的不正義に対する反抗や街頭デモは減少し、彼らの活動はストリート・ギャングによる麻薬取引となった。

文鮮明は大規模な大量虐殺の罪を犯している。彼の教会は、彼が隠れている宗教的な見せかけに過ぎない。「あなたの剣を納めなさい。剣を抜く者はみな剣で滅びるのだ」(マタイ26:52)と、イエスは言われた。

〈翻訳ここまで〉
 


「サタンの発悪である共産主義勢力撲滅!」とはそういうことだった。
文鮮明や統一教会周辺だけを調べても、統一教会は判らない。
もっと大きな世界を見たいと思うようになりました。

コッキーさんの期間限定のコメントに、麻薬についての問題意識が書いてありました。
「芸能人が麻薬でいくら逮捕されても実刑にならない。入手元・輸入元も一向に摘発されない。これでは事実上麻薬合法国ではないか?」

CIAのような情報機関がこのように、民衆管理の方策として、麻薬を大量に流し込んでいるとすれば、さもありなんです。
未来に向けて、こういった情報が公開されていくことが必要でしょう。

CIAのような国家の公的機関が、大っぴらに不正行為をやるわけにはいかないので、民間のグループや組織にいわば委託するわけです。代理としてやってくれ、褒美はたんまり出すぞよ。

CIAが使っていた民間の組織名を、アメリカのジャーナリスト(研究者)が20団体ほど挙げています。「WACL」「カウサ」「勝共連合(FLF)」「文鮮明の統一教会」の4つは当然その中に入っていました。

ニカラグア左派政府に抵抗する右派ゲリラ部隊「コントラ」に武器を渡し、代わりに麻薬を受け取っていたとか。
ボリビアでコカイン・クーデターを起こし、サンディニスタ戦争にも参入していたとか。(資料末尾)

教会では、「神主権の国家復帰に向かっている。地上天国を創建するために」など言葉の見せかけだけだ。
文教祖の言葉を真に受けている現役信者にとっては
「彼の教会は、彼が隠れている宗教的な見せかけに過ぎない。」は実感が湧かないだろう。

CIA、KCIAの手先となって、権力のおこぼれを頂戴していた。
“『権力』の誘惑に負けた統一教会(文鮮明)” というより、“『権力』が作った統一教会” か。

『権力』の介入・参入がなかったら、50人位の団体にしかならず、往時の統一教会は存在しなかったはず。
イエス教会や金百文のイスラエル修道院、黄黒柱のグループも50人位だった。
日本では10数人か、『権力』の介入がなかったら(次回)。

アメリカ初期伝道では、西川勝氏、金永雲女史、デビッド金氏が各地でそれぞれ活躍し基盤を築いたと言っても、それぞれ50人程の規模が限界だった。
実質は元々その程度の内容なのだと思う。(←言いたい放題でした)


『日本宣教・アメリカ宣教・文先生現る!/8-1』




参考資料
再掲:

〈翻訳ここから〉

CIAと統一教会がサンディニスタ戦争に協力

https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/109837104657/cia-and-unification-church-cooperated-in

中米の奥地では、CIAの工作員と文鮮明牧師の弟子を見分けるのが難しいことがある。韓国のメシアはこの地域で確固たる存在感を示していたーー
(Jack Anderson: "CIAとムーニーがサンディニスタ戦争にて協力 , CIA, Moonies Cooperate in Sandinista War", ワシントンポスト, Washington Post, August 16, 1984)



文鮮明は、1967年に台北で世界反共連盟WACLの創設メンバーとなった。WACLと統一教会の政治部門であるCAUSA(カウサ)は、CIAと協力して中南米での反共闘争を秘密裏に行っていた。
CIAの「コンドル作戦」と「チャーリー作戦」は、政治的、社会経済的な変革を求める社会運動に対して、先手を打ったり逆手に取ったりする、米国主導の大規模な反乱鎮圧の隠密の作戦だった。

冷戦時代に米国が超法規的で異常な手法を公認したことで、ラテンアメリカやその他の地域で、広範な人権侵害や人道に対する罪が発生した。1960年代、70年代、80年代初頭、米国の支援を受けた武装勢力は、ラテンアメリカ各地で軍事クーデターを起こし、左翼勢力を消滅させ、左翼思想を根絶やしにしようとした。

1970年代に結成された「コンドル作戦」は、汚い戦争を国境を越えて拡大していった。コンドル作戦の主要メンバーは、アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、ブラジルの軍事政権であり、後にエクアドルとペルーが中心的な役割から外れて加わった。

コンドル作戦は、米国から組織的、情報的、財政的、技術的な支援を受けており、米国は秘密のパートナー、スポンサーの役割を果たしていた。
1980年、コンドルの作戦と手法が中米に登場し、「チャーリー作戦」と呼ばれた。米国のトップリーダーや国家安全保障担当者は、コンドルを南半球の反共闘争における有効な武器と考えていた。

コンドルシステムは、法の支配の及ばないところで、政治的敵対者を排除し、その思想を消滅させるために、テロ的手法を用いた犯罪活動であった。拷問、超法規的処刑、拉致は、「破壊者」に対して行われるならば、合法的なものと考えられていた。冷戦時代には、何万人ものラテンアメリカの男女や子供たちが、このような方法で拷問され、殺害された。


1992年にパラグアイで発見された「テロ公文書」と呼ばれる警察資料は、コンドル作戦の新たな資料となり、被害者の証言やこれまで断片的だった証拠を裏付けるものとなった。
パラグアイの活動家で弁護士のマルティン・アルマダ氏がウルグアイを訪れ、「恐怖の記録」から発見された文書を引き渡した。
この文書には、1975年末にチリで「コンドル作戦」が誕生したことや、そのメカニズムが記されているほか、1977年に反共連盟WACLに所属していたウルグアイ人将校のリストがあり、その弾圧計画の基礎となっていたことが分かった。また、 これらの文書は、文鮮明牧師の統一教会が「コンドル作戦」に関係していたことを示している。  

パトリス・マクシェリー著
『捕食国家、コンドル作戦、ラテンアメリカにおける秘密の戦争』より
J. Patrice McSherry, Predatory States, Operation Condor and Covert War in Latin America,
Rowman & Littlefield Publishers, 2005.

記事は、カースティ・ネバライネン
〈翻訳ここまで〉





②「コントラ」とは、ニカラグアの革命政権に敵対する右翼ゲリラのこと。
統一教会がワシントンタイムズを媒介にして、コントラ軍に莫大な資金を流していた。


https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/40436118201/sun-myung-moon-exchanged-weapons-for-drugs

武器と麻薬を交換していた文鮮明


ジョン・ケリー上院議員の調査では、1989年4月13日に発行された報告書にこう記されている。

"コントラに支援を提供した個人が麻薬密売に関与していたこと、コントラの供給網が麻薬密売組織に利用されていたこと、コントラの構成員自身が麻薬密売組織から故意に財政的・物質的支援を受けていたことは明らかである。"

1982年10月、CIAの作戦本部が書いた電信にはこう書かれていた。
「『米国のある宗教団体』とニカラグア反革命グループの間につながりがあることが指摘されている。
これらの関係には、(米国内での)武器と麻薬の交換が含まれている」。


米国で、兵器工場を所有し、軍事用の武器を大規模に販売できる宗教団体は、統一教会以外にありません。
文鮮明は、日本や韓国、中南米諸国の国際麻薬カルテルと密接な関係を持っていることで知られています。
文鮮明は、元ファシストの戦犯であるヤクザのボス、児玉誉士夫や笹川良一と協力していました。

中南米諸国では、ナチスの戦争犯罪者や極右の軍事政権とその“死の部隊”(death squad)に協力し、武器を渡していました。
彼は、これらの犯罪行為で得た違法な資金を、ウルグアイの銀行や、レストランや不動産取引などの多くのビジネスを通じてロンダリングしていたのです。

詳しくは、ロバート・パリー著『How Rev. Moon's 'Snakes' Infested US』(2012年9月2日付)
http://www.consortiumnews.com/2012/09/02/how-rev-moons-snakes-infested-us/

要約すると、文鮮明は宗教を煙幕にして、本当の犯罪行為を隠していたと言えるでしょう。

カースティ・ネバライネン
Kirsti Nevalainen









味深い記事だと思われた方は
クリックをよろしくです↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コングラチュエーション。
おめでとうございます、そして、ありがとうございます。 m(__)m

もしも日本ブログ界に、
「到達大賞」みたいなモノがあれば、今回 暗在さんは “ピーリッツアー賞”?の受賞ですね。

で、

次への指針が存在するとするならば~… ですが、八咫烏の日本の闇ですね。

今回記事での「CIAの工作員」は、「さもありなん」と成りやすく、納得される方が多いでしょうが、その奥の院たる、世界最高度の闇 👿【日本の皇統】に於いて、

それを支えて来た皇室を裏で支える八咫烏の、五龍会の中の、「緑龍会」 配下が統一教会だった意味について、検証があれば 人類視野として最良です。

これこそが、神満足への 天地開闢へのkeyとされています。

私も、なかなか体調面等で資料が集めれておらず、そこで… ここに出入りされておられる読者さんも含めて、何かの資料の添付にて 検証があるとありがたいですが。

日本国体の転覆へ向けて、トルコ南東部~イラン~イラクに存在してた小国の、「ニッポー」都市こそが日本国号の「NIPPON」語源ですので、原日本人たるアラム人(アムル人)の移動の根拠について解明があれば、日本人こそが救世主にならざるを得ない 神仕組みの根拠が出てくるようになっています。

優秀な暗在さん始め、皆さんに 是非ともご協力を、お願いしたいです。

🥰 m(__)m

よろしく、お願いします。



アカデミーのアベルさん?
コッキーさん、久しぶり〜

期間限定はいけませんよ
ずーっと置いときな

>過分の評価に恐縮して、コメントできませんでした。

過分な評価をしてしまったかな
コッキーさんは大都会の真ん中の高層ビルオフィスで未だに仕事をしているんじゃないかなどと、以前空想妄想で書いてしまったけど、
都会の狭間の古びた公営住宅に暮らす……ということで、
いろいろあって、苦労されたのですね。

一年前は私はまだ“現実を見るより妄想理想を追うバカ”だったので、最近またそれが分かったので、少しはよくなったのですが。スマンことです。

まさかコッキーさんが「トービョーくん」や「お笑い、老人」だとは思わなかったので。

コスタさんのことは、人違いだと思いますが。
コスタさんはダメ出し、コメント禁止なんてしないよ。できない。何もできない。w

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示