FC2ブログ

有害な純潔教育、二世の本音_(末尾に追加あり)

 
 有害な純潔教育、二世の本音
      ---わからなきゃばかだ



純潔教育について、統一教会2世の投稿5種です。
後半は、ある教団2世の執筆者(兼神学生)による雑誌記事の抜粋:
「純潔文化の教え方が問題なのではなく、純潔文化そのものが問題なのです」
(日本語訳、暗在)




2世の投稿
https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/645126035689619456/the-churchs-narrative-around-sex-including-the
2021年3月8日
私たちの親からの言葉を含む、性に関する教会の物語は有毒であり、2世の元メンバーはその影響を一生受け続けなければなりません。これは些細なことでも、小さいことでも、愚かなことでもありません。もし1世がそのことを認められないのであれば、彼らは薄情で冷淡です。

The church's narrative around sex, including the rhetoric from our parents, was toxic and 2nd generation ex-members have to deal with the ramifications of it for the rest of their lives.
This is not petty or small or silly.
If the first generation cannot acknowledge that, they are heartless.

 


2世の投稿
https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/648554748032729088/how-to-love-my-parents-when-they-are-unwilling-to
2021年4月15日
両親が私や兄弟に強いてきた痛みを見ようとしないとき、どうやって両親を愛せばいいのでしょうか?
何か知恵はありませんか?

How to love my parents when they are unwilling to see the pain they’ve forced me and my siblings through? Any wisdom?




2世の投稿
https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/648549224565391360/i-think-ex-moonie-first-generation-struggle-with
2021年4月15日
一世の元信者は、純潔文化が虐待であることを認めるのに苦労していると思いますが、それは彼らが教会から得た数少ない収穫の一つだからです。
彼らの多くは、「兄弟愛」「姉妹愛」「コミュニティ」を大切にする文化の中で育っていないので、純潔という概念がそれを助長し、時には育てることもあるのです。
とはいえ、最終的には、家族という概念を傷つけ、人間関係や愛、人生についての不健康で有害な考え方を助長することになります。

I think ex-Moonie first generation struggle with admitting that purity culture is abusive because that is one of their few take aways from the church. Many of which did not grow up in a culture that valued “brotherhood,” “sisterhood,” and community, and the notions of purity really feed that and can, at times, nurture it. That being said, ultimately it ends up marring the idea of family and feeding unhealthy, toxic ideas around relationships, love, and life.
 


2世の投稿
https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/648558129835048960/the-church-fucked-up-a-lot-of-us-2nd-generation-in
2021年4月15日
教会は、私たち2世の多くを、人間関係、恋愛、性の面でめちゃくちゃにしました。
その文化や教義の影響で、人間関係とは何か、その関係がどのように発展し、成長し、変化していくのかという考えが歪められてしまったのです。
どのようにしてパートナーと出会ったとしても、相手との関係は人生の他のことと同じように、有機的で自然発生的で、常に前もって知ることのできない方向に進んでいくものだということを覚えておくことが大切だと思います。

純潔な結婚によって世界を救わなければならないというプレッシャーから、自分自身やパートナー(そして結婚)に対して、人間には到底できないような期待を抱くようになってしまうと思います。
そうすれば当然、恥と不安のスパイラルに陥ります。その不安や恥は、人をさらに遠ざけるだけでしょう。
デートや人間関係は、自分の手を少し緩めて、それが自分をどこに連れていくかをただ見ることができれば、もっと楽になりますよ。

The church fucked up a lot of us 2nd generation in terms of relationships, romance, and sex. The culture and theology distorted our ideas of what relationships are, and how they develop, grow, and even change. However you meet your partner, I think it’s important to remember that your relationship with them is like anything else in life: organic, spontaneous, and always going in directions you can’t know in advance. All the pressure we were under to save-the-world-through-pure-marriage can, I think, make you have expectations of yourself and your partner (and marriage) that no human being could ever possibly meet. This of course leads to a shame/anxiety spiral. All that anxiety and shame would just push people even further away. Dating and relationships are easier if you can loosen your grip a little, and just see where it takes you.


2世の投稿
https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/648548765739941888/marriage-relationships-sex-these-are-always
2021年4月15日
結婚、人間関係、セックス、これらは常に複雑で、経験、トラウマ、生い立ちなどにより、時に相反する感情や考えでいっぱいなのです。
それは常に複雑です。 純潔文化は、これがそうでないふりをします。純潔のルールに従えば、「充実した」「完全な」「聖なる」人生を送ることができ、本当に幸せになれると装います。

残念ながら、それはうまくいく方法ではありません。
素晴らしくて、優しくて、常に進化していて、支えようとする2人がいたとしても、彼らのセックスライフや関係には信じられないような障害があり、中には克服することさえできないものもあるかもしれません。結婚前や結婚外のセックスを控えることで、これを防ぐことはできないでしょう。
例えば・・・一方の人は強い性欲がないかもしれません。もう一人はあるかもしれません。1人は、そうしたくないにもかかわらず無理やりセックスをするのですか? 

仁進は牧会活動の期間中に1つだけ正しいことを言いました。「祝福は制度化されたレイプである」と言ったのです。
 





アメリカの日刊オンライン・ニュース誌 Rewire News Groupの記事からー
(2016年10月24日付)
https://rewirenewsgroup.com/article/2016/10/24/teach-purity-culture-isnt-problem-purity-culture-problem/
「純潔文化の教え方が問題なのではなく、純潔文化そのものが問題なのです」

キャプチャs

執筆者のサマンサ・フィールドは、29歳のライター兼講演者。
女性の大学進学や就職を禁じる権威主義的な教会で育ったが、やがて脱会。
保守的なキリスト教大学2校で教育学と英語の学位を取得した後、純潔文化やキリスト教原理主義についての執筆活動を始め、現在は神学校(United Theological Seminary of the Twin Cities)の研究生でもある。
 

リード文:
純潔にこだわることは、セクシュアリティに対する現実的なアプローチではなく、性に関して責任ある包括的な決定をする力を与えてくれない。

純潔は、単なる禁欲(節制・自制)とは全く異なる概念なのだ。

純潔文化における唯一の目標は、若者に、結婚するまでは常に「ノー」と言わなければならない、結婚したら常に「イエス」と言わなければならない、と教えることです。


中略
ジョシュア・ハリスの著書『I Kissed Dating Goodbye(私はデートすることに別れのキスをした』は、10代の若者が性的にも感情的にも純潔である必要があると主張しており、20年ほど前に保守的なキリスト教界に登場しましたが、彼が言っていたことはそれほど斬新なものではありませんでした。

彼の主張は、10代の若者が「デートゲーム」をしても純潔を保つのは難しいので、結婚の準備が整うまでは完全に付き合わないことが解決策だというものでした。近い将来に結婚すると確定できる相手とだけデートするというものです。

ジェシカ・ヴァレンティが『The Purity Myth(純潔神話)』で指摘しているように、純潔文化は公立学校にまで浸透しており、福音主義者が純潔文化の影響を最も深く感じていると思われます。
多くの男性はセックス狂いの怪物だと教えられ、女性は処女でなければ価値がないと教えられ、それぞれにダメージを与えてきました。
特に、私のように「性的に純潔であることが唯一の選択肢」と言われて育った女性が、加害者やレイプ犯と関係を持ち続けたのは、加害されたことで自分が無価値になると信じきっていたことが直接の原因です。
 

彼ら純潔文化賛成派は、自分たちの主張は恥に根ざしているのではなく、純潔は「私たちの文化にとってポジティブな変化」であり、純潔文化は「強い恵みのメッセージ」を伴っていれば「安全な空間」を作り出すと言います。

しかし、性的な純潔をどのように教えるかという枠組みが問題なのではありません。
賛成派は、純潔がいかに「力を与える」ものであるかに基づいて議論を展開したり、同じイデオロギーをより親しみやすく、品位を落とさない言葉で教えようとする場合もあります。
しかし、純潔文化そのものが問題であることに変わりはありません。
 

中略
恐怖が純潔文化の原動力となっています。妊娠、性感染症、失恋といったお決まりのオバケも出ますが、純潔文化ではさらに恐ろしい妖怪が登場します。一瞬の出来事が、将来の結婚生活、さらには人生全体を破壊してしまうという。

『I Kissed Dating Goodbye』の中でハリスは、ただデートするだけでも「隙間に張られた綱渡り」をするのと同じくらい危険だと教えています。
たった一度のミス、たった一度のキス、たった一度の夜が、後悔だけでなく、将来の配偶者のために自分を台無しにしてしまったという実際の「トラウマ」となって、一生を棒に振ることになるというのです。

純潔文化の支持者が女性を脅して「純潔の誓い」をさせるために使い続けている危険の一つにレイプがありますが、これは直観に反する方法です。
広く普及している文化では、レイプの脅威は女性を支配するための手段であり、女性の選択に境界を設けるためのものです。
 

純潔文化の核心は、性的関係や同意についての健全な理解を教えることと両立しない点にあり、取り返しがつきません。
性教育の健全なアプローチでは、禁欲(節制・自制)は多くの選択肢の中の有効な一つとして教えることができます。
多くの少女が最初に経験する性体験が強要されたものであるという文化の中で、子供たちに「セックスをしなければならない理由はない」と教えることは、非常に価値のあることとなるでしょう。

しかし、前述したように、純潔は単なる禁欲とは全く異なる概念であり、このモデルでは、純潔文化における唯一の目的は、若者に、結婚するまでは常に「ノー」と言い、結婚したなら常に「イエス」と言わなければならない、と教えることです。

これは、セクシュアリティに対する現実的なアプローチではなく、セックスに関して責任ある包括的な決定をする力を与えてくれません。
同意とは何か、どのように与えられるのかを理解しなければ、被害者はセックスとレイプの区別がつかなくなります。
また、純潔文化は、多くのキリスト教指導者が存在すら否定している夫婦間のレイプという現実も無視しています。
中略

純潔文化は、私たちに自分のセクシュアリティを理解する余地を与えません。
性的なものがどのようなものであってほしいのか、それをどのように使うのが健全なのかを探求する時間や空間がありません。
純潔文化では、自分の性的な部分をすべて認めず、何年もかけてすべてを抑圧することになります。
 

明確にしておきたいのは、禁欲(節制・自制)が自分にとって最良の選択肢だと考える人には、自分が望まないことに圧力をかけられたり、恥をかかされたりしない権利があるということです。その選択は尊重されるべきです。

しかし、純潔文化とは、選択肢を提示し、それについて正直に教えてくれるものではありません。いかに「力を与える」ものであったとしても、嫌悪、恐怖、コントロールのためのものなのです。
 
(翻訳ここまで)




ほんとは 2世も1世もない。
宗教布教や政治の道具とかも関係ない。

 わからなければバカだ。




⭐️補足追加⭐️

ご理解のための補足説明として、いただいたコメントの返信2件をここにも載せておきます。


kimagure-orさん、
コメントありがとうございます。

>自分が思春期の時は好きになった相手とは常に結婚を考えておりました(笑)
しかし、2世の子たちはそれが許されない。異性を好きになってもその想いに蓋をして心の奥底に沈めてしまわなければならない。それは大変つらいことだと思いますよ。

そうですよね。
そのつらいのが一過性で終わるのではなく、自分自身を知り表現する余地がない、精神の成長の場が萎縮し作れなくなっていく、冒頭で2世が「(有毒の)影響を一生受け続けなければならない」と言っているのはそういうことだと思います。

聖書の「たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったならば、なんの益になろうか」ではありませんが、たとえ純潔の結婚を手に入れても、自分の精神の命をうしなったならば、なんの益になろうか、です。
 


piscさん、コメントありがとうございます。

>有害な純潔、を反対にとらえると、無害な淫奔、になります。これは、率直に考えて、おかしなことだと思うのですが、いかがでしょうか。

純潔が有害」だと言っているわけでは全然なく、
「(絶対)純潔教育」が有害という主張です。
異性との個人的付き合いはだめ、デート自体しない、好きになってもいけない(結婚するまでは)さもないと‥‥と宗教的な強烈な脅しをかける、統一教会がやっているような子供に対する教育のことです。

それがどれだけ弊害があったか、純潔文化(purity culture :純潔教育とも訳せる)がアメリカ・キリスト教根本主義界隈(統一教含む)で盛んになったのが20数年前なので、すでに結果がたくさん出ており、当初の絶対純潔教育論者はかなり反省・修正してきているということですが。

ですから「無害な淫奔」という反転は無意味でしょう。

有害→無害と反転させたいならむしろ「無害な禁欲教育」でしょう。
「禁欲教育はとても有効」として記事抜粋引用の中では主張しています。

ここで言っている純潔教育と禁欲教育の違い、たぶん分からないだろうなあ。
私もこの英文記事を読むまでは考えたことありませんでした。

まあ禁欲教育は、選択肢の1つということになりますから、絶対純潔文化一択に強くこだわっていたら理解不能だと思いますが。
 




味深い記事だと思われた方は
どれでもいいからクリック↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

絶対信仰・絶対・絶対服従は・・・
純潔教育を否定するに至った原因は、神様が目に見えない愛の器官、生殖器をお持ちであるという真理、文先生の核心の教えを教育してもらえなかった可哀想な2世の結末でしょうか。神様の最高の愛が夫婦生活のクライマックスの瞬間に、夫婦の結合部分に降臨されるという最高の夫婦愛の世界を解き明かされた真理を教義とする祝福家庭の2世たちのコメントとは思えないですね。これがわかればフリーSEXはありえません。文先生の核心の教え本体論(生殖器原論)を訓読会で子供に徹底教育できなかった1世の失敗によるものでしょうか。正しく本体論教育(生殖器原論)をし,理想家庭を築いている祝福家庭もあります。絶対信仰・絶対愛・絶対服従は生殖器について言う言葉です。純潔と貞操、理想家庭を築くための絶対条件です。【八大教本天聖教・宇宙の根本・第2章・人間創造と愛の理想の完成】暗在さんの理想とする家庭はどのような家庭でしょうか?お伺いしたいですね。
純潔教育がどうのこうの云うよりも
自分が思春期の時は好きになった相手とは常に結婚を考えておりました(笑)
しかし、2世の子たちはそれが許されない。異性を好きになってもその想いに蓋をして心の奥底に沈めてしまわなければならない。それは大変つらいことだと思いますよ。

その結果、親を恨むことになると思います。
不幸の生産装置ですよ、統一教会はね。
2世同士の結婚
教会内における、2世同士の結婚においても、一般社会同様、希望通りにならないという現状が有るという事実は、つらいことです。私の知るところによると、2世祝福を希望する男性と女性の比率が、1:3~4という候補者数の違いは、女性とその親にとって、熾烈なまでの競争であり、相手が見つからないまま、婚期を逸してしまうと十字架の道です。
 2世と1世の結婚も許される時代、たとえ純潔を守れなかったカップルでも、結婚後は貞操を守る夫婦となり、家庭を築いていきたいですね。そのためにも、本体論(生殖器原論)を学び、神様の生殖器と共に夫婦愛を成し、神様の血統の子供を産みたいですね。夫にとって妻の生殖器は神様の夫人の生殖器、妻にとって夫の生殖器は神様の生殖器、絶対・唯一・永遠の生殖器、即ち、これが文先生の教えの核心です。

 東京や大阪の百貨店、ネット販売でも、大人のおもちゃ(グッズ)の売り上げが伸びているそうです。結婚しなくても性欲を満たしてくれる万物(天使長)が氾濫しています。
ネット上には、ありとあらゆる淫乱情報の氾濫、フリーセックスによる青少年の淪落、小児性愛・離婚・家庭崩壊の現状。強大な軍事力・経済力・政治力によっても、この問題を解決できるのは文先生の教え、「生殖器原論」しかないと私は確信しています。淫乱からの解毒注射です。私はコロナワクチンは討っていませんが、この解毒注射は何回も訓読して討っています。
 暗在さんも解毒注射を討って、神様の愛が降臨する最高のクライマックス(オルガズム)を迎える夫婦聖生活を体験できますように。これを体験できた夫婦は永遠に神様と夫婦が三位一体となり、離れることができません。不倫や離婚はありえません。
 以下が解毒注射のサイトです。第2章から、その効果を得る方法が記されています。(討つとは読むことです)無神論者と神様に生殖器は無いと言い切る父母聖会の方には、たぶん文先生の教えは、理解できないと思っています。

オンライン訓読会

https://unificationism.wordpress.com/%e5%a4%a9%e8%81%96%e7%b5%8c/%e5%ae%87%e5%ae%99%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%9c%ac/

無害な淫奔
有害な純潔、を反対にとらえると、無害な淫奔、になります。これは、率直に考えて、おかしなことだと思うのですが、いかがでしょうか。
創造か?進化か?
暗在さん、おはようございます。
有害な純潔、無害な淫奔、どちらも初めて聞く言葉ですが、率直に考えておかしなことですね。
ところで、神様が人間を造ったのか、人間が神様をつくったのか、暗在さんはどちら派でしょう?
ten1kokukateiさん、まとめて返信
ten1kokukatei さん、
コメントありがとうございます。

キテますねえ。元気ですねえ。
サンクチュアリ教会方面の方でしょうか。

私が、「わからんやつはばかだ」みたいに書いてしまったからね、反作用なんだと受け取っていますよ。
ten1kokukatei さんとしてはまたそれなりの理由があるのでしょうけど。

記事中のばかの一文は削除しようかとも思いましたが(印象が悪いだろうし)、でもナァナァでやってもしょうがないし、自分の心の中を割礼するためにも入れておきます。ハイ訳のわからないことを書いていてすみません。お互い様だ、なあ(笑。

>ところで、神様が人間を造ったのか、人間が神様をつくったのか、暗在さんはどちら派でしょう?

ten1さんと神学論争する気はないので。
かすらないだろうけど、以下の過去記事など読んでみていただけませんでしょうか?

「こんな 魂 /ソウル観は いかがかね〜」
http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-127.html

「みなさん、この神観いかがですか?」
http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-123.html

純潔教育については、後でpiscさんへのレスで触れると思いますのでよろしく。





Re:無害な淫奔
piscさん、コメントありがとうございます。

>有害な純潔、を反対にとらえると、無害な淫奔、になります。これは、率直に考えて、おかしなことだと思うのですが、いかがでしょうか。

純潔が有害」だと言っているわけでは全然なく、
「(絶対)純潔教育」が有害という主張です。
異性との個人的付き合いはだめ、デート自体しない、好きになってもいけない(結婚するまでは)さもないと‥‥と宗教的な強烈な脅しをかける、統一教会がやっているような子供に対する教育のことです。

それがどれだけ弊害があったか、純潔文化(purity culture :純潔教育とも訳せる)がアメリカ・キリスト教根本主義界隈(統一教含む)で盛んになったのが20数年前なので、すでに結果がたくさん出ており、当初の絶対純潔教育論者はかなり反省・修正してきているということですが。

ですから「無害な淫奔」という反転は無意味でしょう。

有害→無害と反転させたいならむしろ「無害な禁欲教育」でしょう。
「禁欲教育はとても有効」として記事抜粋引用の中では主張しています。

ここで言っている純潔教育と禁欲教育の違い、たぶん分からないだろうなあ。
私もこの英文記事を読むまでは考えたことありませんでした。

まあ禁欲教育は、選択肢の1つということになりますから、絶対純潔文化一択と強くこだわっていたら理解不能だと思いますが。







Re:純潔教育がどうのこうの云うよりも
kimagure-orさん、
コメントありがとうございます。

>自分が思春期の時は好きになった相手とは常に結婚を考えておりました(笑)
しかし、2世の子たちはそれが許されない。異性を好きになってもその想いに蓋をして心の奥底に沈めてしまわなければならない。それは大変つらいことだと思いますよ。

そうですよね。
そのつらいのが一過性で終わるのではなく、自分自身を知り表現する余地がない、精神の成長の場が萎縮し作れなくなっていく、冒頭で2世が「(有毒の)影響を一生受け続けなければならない」と言っているのはそういうことだと思います。

聖書の「たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったならば、なんの益になろうか」ではありませんが、たとえ純潔の結婚を手に入れても、自分の精神の命をうしなったならば、なんの益になろうか、です。



追加のお知らせ
本記事の末尾に、
ご理解のための補足説明として、
いただいたコメントの返信2件の内容をのせました。

余興
上のkimagure-orさんへの返信は本文にあげてしまったので、恥ずかしくて上げられない部分を1つ。

>自分が思春期の時は好きになった相手とは常に結婚を考えておりました(笑)

付き合い始めてからのことなのか、大勢でワイワイ状態でのことなのか、今一つ状況が分からないのですが、まあいいです。

ネットで見かける印象ですが、もしや年上好き?
などというと、
いやめっそうもない、私は年上から年下まで、ずずいっと幅広くご奉仕させていただいております、
なんて答えるのだろう。
動物界まで愛護しなければならないから、幅広いですねー(笑


純潔主義と禁欲主義
純潔主義と禁欲主義の違い。難しいですね。前者は、確かに結婚制度を前提に生まれて来ている気がします。ただ、結婚制度が完璧でないので、様々な矛盾が生じて来ます。祝福は制度化されたレイプであると言うのも、その一例でしょう。そこで夢想的かもしれませんが、結婚は霊的親近感、新和感の極致でだけ行われるべきだと思います。そこには必然的に禁欲主義が働いてきます。




Re:純潔主義と禁欲主義
piscさん、コメントありがとうございます。

違いを認めてはいただけたようで何よりです(^.^)

「祝福は制度化されたレイプだ」は、仁進氏が好まない相手(朴珍成)とマッチングされ家庭を持った後に言った言葉で、2世にしばしば引用されます。

>そこで夢想的かもしれませんが、結婚は霊的親近感、新和感の極致でだけ行われるべきだと思います。そこには必然的に禁欲主義が働いてきます。

そう思ったなら実践するしかないですね。
子供に教えるにしても、子供は親の背中を見て何事か学ぶわけで。
何もう遅すぎる? いえ生きている限りOKです。
象徴的にでもぜひ。パラレルワールドでぜひ(笑


「神様には生殖器がない」by文鮮明
調べ物をしていたら、偶然、文鮮明教祖が「神には生殖器がない」とハッキリ言っているのを見つけたのですが。
ten1kokukatei さん、もう見ていないかもしれませんが、一応伝えておきます。ここにメモしておきます。
https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/624926555262566400/sun-myung-moon-god-has-to-be-educated-god

Sun Myung Moon
“God’s Day Morning Address,” January 1, 1990, page 2.
God has to be educated. People will say that I am a heretic, but it is true. God doesn’t know about love—He hasn’t experienced it before.
God has no sexual organs, so until a man becomes one with God, he cannot experience making love to a woman. Through me, God has done this.”

日本語訳:
文鮮明
1990年1月1日 神の日 朝の御言葉
「神は教育されなければなりません。人は私のことを異端だと言うでしょうが、これは真実なのです。神は愛を知らない、経験したことがないのです。
神様は生殖器を持っていませんから、男性が神と一体となるまでは、女性と愛し合うことを経験できません。私を通して、神はこれを行ったのです。」

アメ家庭連合公式ページにも載ってます。お確かめ下さい。
https://history.familyfed.org/tf-sermons/gods-day-1990-morning-address

日本語のものにはその部分はないようです。
http://mmutyu.web.fc2.com/malsm/sizokumesiya/sizokumesiya_016.html



ten1kokukatei さんwrote:
>純潔教育を否定するに至った原因は、神様が目に見えない愛の器官、生殖器をお持ちであるという真理、文先生の核心の教えを教育してもらえなかった可哀想な2世の結末でしょうか。

>シ○ソンさんとto○y4509 さんとのみ言における、根本的な対立軸は『神様には愛の器官、生殖器が有るか無いか』にあると私は思っているのですが・・・。男性格主体、夜昼の神様などの討論も、”神様の生殖器の有無”の認識が違えば、どこまでも平行線でしかないと思うのです。(別のところから拝借)



独り言
これが文鮮明の信仰というか教義のズバリ核心でしょう。
(自分の性行為は神の経験。ヒトのはサタン。都合のいい思い込みだなあ)
神めっちゃ後輩扱いやん(笑









ライトからレフトまで守れます(*^^)v
>私は年上から年下まで、ずずいっと幅広くご奉仕させていただいております、
ええ、おっしゃる通りです。
凄い守備範囲は広いと思います。
何で知ってんですか(笑)

ちなみに、聖書では神様のことを「父なる神」と呼んではいますが神が男性格だからではなく、豊穣の神(大体が女性神)と区別する為とクリスチャンは理解しています。

また、神に似せられて創られた人間も神のみ国においては最終的には性別が無くなるものと考えています。(少なくとも福音派においては)
文先生が、神様に生殖器が有ると語られたみ言
八代教材教本 天聖教 「宇宙の根」から抜粋いたします。


「絶対セックス」です! 絶対的に心と体が一つになっていない人が、絶対セックスになれますか。生殖器も二重です。絶対セックスなので、私の生殖器は神様の生殖器であり、完成したアダムの生殖器です。神様に生殖器があるでしょうか、ないでしょうか。なぜ笑うのですか! 分からなければ「分からない」と言い、あれば「ある」と言ってみなさい。あるでしょうか、ないでしょうか。動機がないのに結果が現れることはできません。人間は結果的存在なので、結果がそのようになるためには、動機的内容がなくてはならないのです。理論的です。

 神様も生殖器があります。その生殖器がどこかに行って、二重的人格である神様も二重的なものが必要なので、内的人格の神様の位置、外的人格の体の位置が必要です。体の立場は誰ですか。完成したアダムです。心の立場は誰ですか。神様です。結婚式をして二人が一つの家で爆発するのです。


絶対信仰、絶対愛、絶対服従、それは何ですか。それは、生殖器をおいていう言葉です。神様と人間の生殖器が一つになることができなかったのです。合徳ができなかったのです。それを絶対信じなければなりません。私の家庭歴史の柱であり、私の一族歴史の柱であり、私の血筋歴史の柱だというのです。

そこから私が生まれるのではないですか。男性と女性がそこから生まれるのであって、キスするところから生まれるのですか。そこから男性と女性の生殖器が絶対的に一つになることを願うでしょう? 夫婦間で絶対的に一つになってみたいですか、適当に一つになってみたいですか。その場は何かというと、女性が愛を受けるためには、夫だけではなく、霊的に神様に侍る位置に立たなければならないのです。見えるアダムの生殖器は、内的には見えない神様の生殖器だというのです。女性の生殖器も、見えない神様の生殖器であり、見える生殖器はエバの生殖器です。見えないものは縦的であり、見えるものは横的に一つになるのです。それで、縦的な父母、横的な父母が一つになるのです。


皆さんがその長い棒をいい加減に扱ってはいけません。それに侍って生きなければなりません。それが最も貴いのです。神様が見下ろしているのです。神様がそこに臨むのです。そして、皆さんの妻のものは神様の夫人、女王のものであり、皆さんの夫のものは神様のスティック(棒)と言いましょうか。神様と一緒にぶらさがっていると考えなければならないのです。それは二重ではありません。心と体のように、神様が心ならば、皆さんは体になるのです。神様は見えませんが、その生殖器と一緒にいらっしゃるのです。私たちの体にそれがぶらさがっていますが、それは二つが一つになってぶらさがっているのだと考えなければなりません。

              *

 夫の生殖器が神様の生殖器だと考えてみましたか。どれほど近づきますか。神様をどこか天のてっぺんに置いて信じるのではありません。自分の心の中に入ってきているのです。一つになっているから分からないのです。


じゃあ‥‥
kimagure-orさん、

>ライトからレフトまで守れます(*^^)v
>凄い守備範囲は広いと思います。

じゃあ、自分のことを「僕(ぼく)」と言ったり書いたりしている女性は?
範囲に入れてあげたらいかがか(^。^)
僕っ子は無理です(>_<)
>じゃあ、自分のことを「僕(ぼく)」と言ったり書いたりしている女性は?
範囲に入れてあげたらいかがか(^。^)

勘弁してください(>_<)
初めに生殖器ありき
心理学の分野でリビドー(性の衝動を心的エネルギーとする)の解釈をめぐり、原理講論に追加すべき続きの1節が思い浮びました。
「カイン型のフロイトは、人は幼児期から成人して芸術や信仰にいたるまで、全ての行動は、性的欲求が原動力になっているとカイン的な解釈をした。一方、フロイトの弟子でもあり、神秘体験者の系譜でもあるアベル型のユングは、個人の暗黒の抑圧された性衝動を超えた、集合的無意識があるとアベルな解釈をした。さらには、集合的無意識は光のさしこむ大きな統一ある世界であり男性の原型と、女性の原型が存在すると考えられる。」


御立派です
2020年8月ぶりなので、お久しぶりで御座います。

すいませんが、

この記事に4回ほどコメントされている 〝ten1kokukatei”なる方は、ひょっとしてあの有名な、組織票でここ数年1位をひた走る、「いつも隣に~」ブログ主さん その人ですか?。

もしそうならば、
暗在さんも、いよいよ 相手を本気にさせる文章のストックに成功された訳ですね?。

おめでとうございます。

都合が悪いとコメントを掲載しない 卑屈で姑息な手段の方々も、5年ぐらい前から異論者をブログ村から排斥しない方向になってからは、今のブログ村の方向性には 相当 やきもきされてるんでしょうね。

「韓国オカシイ、メシア オカシイ」の話題が主流に転じて、防戦一方でしょうから。

どうでもいいですが、因みに、アヌンナキの =Alfaドラコ二アン(今のホモサピエンス 地球上の人類の創造主)である彼等の生殖器は 五本の指先 全てみたいです。

指先から 生殖ホルモンが出て、おまけに感じて、そのエクスタシーは人類以上で、侵略先の惑星に 必ず自分らの魂の その地の人型生命を転生させて、それら同族に 行った先の惑星の女性をレイプさせて 血統と貞操を犯し、民度を下げる戦略を執っているそうで、どこも同じ手法みたいです。

ということで、あちこちで その地にそぐった 偽りの歴史観で偽装した「聖書」を与えて洗脳し、あたかも自分達 被造されたその地の人類の方が悪いかの如くに思わされてて、そういう宗教奴隷化して、信念体系をコントロールしている ドラコは常習犯みたいです。

今までの カソリックの修道士が 禁欲の性欲奴隷にされて、我慢出来無くて シスターや村娘、少年を思わず犯してきたのですが、それを 何処の惑星でも その作戦をやっていた訳です。

こいつら邪悪なETに 勝てるといいですね。
先ずは 聖書をまだ信じている 奴隷人間達との対峙でも、早く気が付いていただく闘いですが。

まあ、タイムオーバーで、もう解答期間は終了しましたが。

マムシの子
堕天使サタンは、マムシになぞらえますが、その正体はヒト型爬虫類?
御立派で はなーい(^^)

甘えん坊さん、コメントありがとうございます。
お久しぶりです。

それは絶対違うでしょう、わかってるくせに。
「ten1kokukatei」と「ten1ko2」では名前が違うし、それ以前に、言ってることと振る舞いが違います。


ドラコやレプについては、わるいけど、知恵袋の回答のがいいと思うよ
↓↓↓
質問
「ネットを見ていると、迷って分からなくなります。なので質問します。
アヌンナキ、プレアデス人、レプティリアン、ドラコニアン、これらの存在はそれぞれ別なのですか?
アヌンナキ=プレアデ ス人や、アヌンナキ=レプティリアン、地球を支配して来たのはレプティリアン、ドラコニアン、、、
などいろいろな事が書かれています。
真実を教えてください。」

回答
半病人さん
2018/9/19 15:41
アヌンナキは本来「大小の神々」という意味。それを考古学者ゼカリア・シッチンが提唱した天体、「ニビル」の住人だというもの。しかしニビルなんて星は存在しません。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1093424715
プレアデス人も同様。プレアデス星団はごく若い星団で、生物が存在するどころか惑星が生まれているかも怪しい天体です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11119273361
レプティリアンというのは、TVドラマ「V」からでっち上げたもの。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12156199452
ドラコニアンというのはレプティリアン一種だといいますが、実際はゲーム「AD&Dドラゴンランス」からのパクリ。画像はそのゲームに使うフィギュアです。」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14196372524?query=アヌンナキ%20レプティリアン

質問
「レプティリアンは本当にいますか? 」

ベストアンサー
半病人さん
2016/2/23 2:49
「陰謀論によく出て来るレプティリアンですが、もちろん存在しません。陰謀論自体が胡散臭いでっち上げですからね。
あれは、もし恐竜が絶滅せずに進化していたらどうなっていたか?という予想のディノサウロイド(画像)と、それをヒントにしたアメリカの「V」というTVドラマで、爬虫類型の宇宙人が地球人を食料にするためやって来た、という内容を元にしたに過ぎませんから。

陰謀論はいかにもそれらしい体裁を持ってはいます。しかしよくよく資料を調べ、考察してみれば穴だらけのボロがいくらでも出て来ますよ。」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12156199452

初めに腸ありき
piscさん、コメントありがとうございます。

原理については新記事に書きましたが、
アベル型・カイン型と分けても、分かったような気になるだけで、何の解決もできず、却って内側の統合への道を閉ざすことになるのだと思います。


原理講論に追加するとかいってるけど、結局原理に不満があるんじゃないのかい? (´∀`)
追加分は文体が合わない (´∀`)



検索のお手数をかけちゃいましたね
以前に 統一ブログ村から追い出された経験がある者からすれば、ブログ村に登録されてて 表面はアベルぶっていても 追い出してた側には「裏の顔」が有る事を知った訳ですが、I-NET-Iの登録制の交流サイトで、私のブログ名の「○○坊」をパクって命名してブログ造り、追い出し工作していた人が、(ブログを2つ立ち上げてた元公職者がサイトにいたので、)嫌味を言ったら まだ時代が進んでいなかった7~8年前でしたから、寧ろ 私の方が現役信者の住民からは けむたがられましたけどね。(笑)

ですから、一応 聞いていみました。ひょっとして 裏の顔の方のコメですかね? と。

まあ、それぐらい、現役組の立ち位置が揺らぐ処まで、皆さんの検証が進んだのではないかと感じています。現役組からすれば 焦っている可能性はないかな?と。


~~~~~


まあ、こういうのは 見た人と 見て無い人では、見解が180度変わるもの。霊と同じジャンルですね。

確かに ゼカリアシッチンは一部誤訳があり、二ビル星などは存在してなく、移動船も惑星に含んでいて見解が分かれた時期もある様ですが、

私の場合は 4回も部屋に青い血液?やら 謎のドロッとした液体も別で4回も たれていたり、起きて生活中に空間からレーザーみたいなもので焼かれて円形に火傷を同じ場所に3回も被弾したとか、それら+ それまでの数十年にわたる神秘現象や 家族も異口同音にビビる現象で 確信に至っています。

おそらく、暗在さんはまだ未経験?なのかなと思いますが、(私への攻勢が強い期間限定でしたが、)例えば、足元から水が湧いて来た経験などはありますか?。予想した通り 家族がターゲットにされる直観の下、消化器系に問題が無いのに血を吐いて倒れたり、電化製品が一斉に暴走する経験は?、物が無くなったり移動する経験は?、相手が見えないのに肩を毎日揺すられた経験は?、言葉の様な変な周波数が毎日聞こえた事は?。もし そういうのがあれば誰でも見解が???となり、だんだん認識も変わろうものかと思います。

まあこういうのは、寧ろ 言えば言う程、こちらがキチ外扱いされるのですが、(笑)。

1967年のCIAに拠る 陰謀論作成に拠り、噂を稀釈する工作に出ていますから、深部の話は、よく聞く 「偽ユダヤ」などではなく、工作する本体である ドイツ人神秘主義科学者に到達するまで 情報は重層に保護されています。やれやっと表の企業、軍産複合体が確認できる程度ですね。

なんら経験も無く、NETのみで検証だと、なにかとキツイでしょうから、せめてなんかいませんよ、それが当たり前かとも思います。

例えば ですが、今の世相だと
「なんでかな~、最近 コロナで緊急多いなぁ、なんで なんで なんで?~」 と言いながら、迷惑を被るタイプの方が世間的には多いでしょうからね。

もう少し、時間をおかけください。

これらはあたかも、永年 UC信者が経験もないのに 勝手にジレンマしてきた内容に近い現象でしょうけども、「霊はあるのか?無いのか?」など、真相はあるので、あたかも ETについても 「霊界が無い、神がいない、UFO見た事ない」・・・ らと同じ次元でいぶかられる話だとは思いますが、まさか それらから「迷惑がかかって来るとは?」と確信に繋がるまでには、相当時間も経験値も必要ではなかろうかと思います。

もう少し、結論を保留していただけませんか?。

因みに、レプティリアンは 相当減らせたみたいです。それに日本人は関与できていないから、問題なのですが。

先ずは、検証しやすい陰謀論にて、例えば 「明治政府樹立が日本人にとって+だったかかどうか?」とか、そこから入るといいかもしれません。

日本だけ 食品添加物が世界一多い理由とか、単なる流通での保存の必要性だけではないと思いますから。

ここまで来ると、その人の生きる任務やら、本人さんのセンスの問題も差が出るんですけどもね。

一般化する際には、こちらの「検証型」が功を奏して、ここのブログはだんだんと評価されてきたので、むしろ立ち位置としては 私が見習うべきなのでしょうけども。

何かが うごめいているんだなぁ・・・
思想家
いつも、つたない文章でご迷惑をおかけしてます。
フロイトについてですが、性の問題を学術的に取り上げたことで、偉大な思想家だと思います。(私の大学の時の心理学の先生もフロイトの信奉者でした)しかし、ユングは何かが欠けていると思い、批判を試みたが、結論は出てないと思います。私は、時間の許す限り、このユング的アプローチを継承し続けたいと思います。
2020年8月からの変転

甘えん坊さん、

アヌンナキのエンキ・エンリルから突然、キメラ・アルコンでございましょう? そして短期でいつの間にか、レプティリアン・ドラコニアンになり、ドイツ人神秘主義科学者まで(いまココ)

当分、春のパン祭りならぬドラコ・ドイツ人祭りが続くのかもしれませんが、また新シリーズが出たら教えてくださいね。
楽しみにしています(´∀`)


Re:思想家

piscさん、

矛盾がある事柄を(矛盾に気付かず)信じてしまうと、その後は思考力が奪われていくわけです。それでその虚像の世界から抜け出すのが一層難しくなるとのこと。

原理の思想家は「前書き」だけ。たまに「内容」があると思うとそれは別段原理とは関係ない一般世界にもある内容に過ぎず。(春の原理批判祭り)

>ユング的アプローチを継承し続け・・? 
普通にどぞー。世界でどぞー。
瞑想で、集合無意識に触れよう。

シンクロなのか、最近の荷台王様の礼拝説教にフロイトが何度も登場していましたね。

亨進荷台王:
「こいつ(フロイト)は邪悪な変態、邪悪なサタン、完全にサタン主義野郎だ!」

思想家②
礼拝説教にフロイトが登場してたのは知りませんでした。よく起きるシンクロかもしれません。  ところで、
フロイトの性欲論(1905年)、
マルクスの資本論(1867年)、
ダーウィンの種の起源(1859年)には、共通点があります。いづれも、無神論の立場を取っている。一見真理の様であるが、詭弁が含まれる。ジェノサイドの遠因(ナチスにおける優生学など)になっている。20世紀はこれらの思想に、どっぶりつかった時代だったと言えます。話は変わりますが、昔、テレビドラマの「V」を見たのですが、堕落論異説に結びついていたのには、少々驚いた。また、それを信じている人がいるのも驚いた。



 V異説

シンクロで始まったか?新シリーズ

「兄蛇」(あにじゃ)は語る
https://ameblo.jp/tamezi/entry-12672408303.html
(甘えん坊さんブログ)


失礼?な献詩
見世物小屋が建ったよ
紙芝居のおじさんが来てるよ
極彩色の練り飴を買って
舐めながら観てしまいそうだ






管理者のみに表示