FC2ブログ

幻滅した原理学生からの手紙②(感想解説追加)

幻滅した原理学生からの手紙①からの続き


Letter from a disenchanted student of the Divine Principle
幻想が覚めた統一原理学生からの手紙②



ーー 人々が霊的な体験をしたからといって、そこで行われていることの正当性を立証するものではありません。

ーー 統一教会の核心を検証する必要があるのです。教会全体が嘘の上に成り立っているのです。



1か月ほど前にhowwellサイトに投稿された、英語圏の秀逸な “統一教会総復習編” といえる文章の2回目です。
全体を読むと、筆者は単なる学生ではなく、30代(以上)の多分二世かなといった印象です。

今回は、真ん中の3分の1の翻訳(by暗在)です。
色文字や下線で強調、
感想・解説は、波線の囲みの中にそのうち、明日明後日にでも書き込む予定です。
ひとまず翻訳をストレートでアップします。
また後日、ご確認ください。だめか
感想解説を追加しました。


原文はコチラ↓
https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/640325601418412032/letter-from-a-disenchanted-student-of-the-divine

Letter from a disenchanted student of the Divine Principle
幻想が覚めた統一原理学生からの手紙②


では、すべての教会員の犠牲と奉仕と献金の、実際的な結果を見てみましょう:

今回のパークワン裁判(国進と顕進の間で始まった紛争)では、少なくとも7億ドル(約700億円)の教会資金が弁護士や外部の会社に行く結果となりました。
それは日本の教会員の多くが歯医者に行く余裕もなく、フラフラになりながらみ旨に投入していた時代でした。
彼らは日本では一般的に「歯のない人たち」と呼ばれていました。



清平ー かれらは霊界でアパートを売っていました。霊界のマンションを売っていたんですよ!
完全に頭がどうかしてないと信じられませんね。

金孝南夫人(テモニムまたはフンモニム)は、詐欺師として糾弾された後、2億3000万ドル(約230億円)以上の資産(韓国のトップゴルフ場を含む)を持って立ち去ったので、彼女の霊界の不動産ビジネスはとてもうまくいっていたに違いありません。

それは、ご先祖様が興進の霊界修練会に参加できるようにお金を請求したり、髪の毛から悪霊を追い出すために男女美シャンプー2本に30ドルを支払ったりするのと同様、狂っています。(もちろんこれもすべて文師の同意を得て行われています。)

tumblr_85874a0a83b63ec6ed1a599eba06c422_f1d4a47c_500.jpg

金孝南は韓鶴子の母親である大母(テモ)ニムと霊通していたと言われていますが、それは実際には奇妙な選択でした。
というのも、テモニムと他1人の女性は、過去この種の熱狂的な按手セッション(人から悪霊を叩き出すセッション)で、精神を病んだ若者を殴り殺した罪で、刑務所に2年も入っていたからです。


清平の摂理は全体的に韓国の古いシャーマニズムに過ぎず、人々が霊的な体験をしたからといって、そこで行われていることの正当性を立証するものではありません。
多くの会員たちが気づかないことは、神はどの宗教を信仰しているかに関わらず、人々を教育し手を差し伸べようと働いているということです。


解)
霊的な体験や神体験をしたからといって、その場所(の教育)が良いとは限らない。
創造の神は遍(あまね)く働いている。
ゆえに、神は統一教会関連施設でも働くことがあると(薄いがな)(たまたまな)。

必要な時に必要な魂の学びをしたなら、もちろんそれは否定すべきではない。
さらなる成長を続けて行きたいものですが、統一教会では実情アッという間に、別の横道に背中を押されるようです。
心情の成長の何段階とかいうみ言葉があるって?
絵に描いた餅でしょう。
そういう言葉に執着するようになってしまう(廃人っぽくなってしまう)だけだと思います。


廃人もいいと言えばそれまでですけどね。
 

文牧師はよく韓国の文化を称賛していましたが、韓国は、歴史のほとんどが奴隷社会でした。
19世紀には奴隷の数が減少したとはいえ、1894年までは法的に禁止されておらず、実質1920年代まで奴隷制度が存続していました。
過去には少なく見積もって人口の3分の1以上が奴隷であり、奴隷の子供は自動的に主人のものとなり、大部分の裕福な男性は妾を所有していました。
韓国人には、両班(貴族)が他の誰からにでも仕えられるという伝統が常にあり、そのために性奴隷のカーストすら存在していたのです。

tumblr_d7ea709062ae3a6b549f86883a5803f2_75d839fc_500.png

もう一つの伝統は、偶像崇拝とシャーマニズムです。
清平の太鼓を打ったり、叩いたりするのは、実際には霊を引き寄せるためのものであり、霊を追い出すためのものではありません。

文の精液や血液を聖酒に入れるという胸の悪くなるようなことは、もっとシャーマニズム的なものです。
シャーマンは、誰かに体液を飲ませることができれば、その人はあなたの支配下に入ると信じているのです。

ところで 文牧師の子供たちは、金夫人とその一族を "清平の魔女"と呼んでいました。
こういったことを考慮すると、未だ30万人以上の シャーマンやムーダンが 韓国で商売をしています。

tumblr_139bc93e71398ccda37d316f5959e447_c89dd4c4_500.jpg 

会議について。
これらの会議のいくつかに取り組んだ後、私は、科学、芸術、その他の大きな会議が、実際には文総裁を称賛する以外の目的がないことをはっきりと見せつけられました。
彼はそれらの会議の結果には全く興味がなく、有名な人たちがどれだけ出席したかにしか興味がなかったのです。


解)
日本では、世界平和教授アカデミーなどが携わっていたICUS 科学の統一のための世界会議でしたっけ、その他いろいろな学際会議のことでしょう。だいぶ前のことになりますね。
「彼はそれらの会議の結果には全く興味がなく‥」
本の主宰者がそうだから、会議の内容や結果なんて中身がないのでしょう。
それぞれの教授や学者が自分の研究を発表するだけ、パーティーでご馳走を食らうだけなのでしょう。
この二世の研究者が積極的に参加して幻滅したと、そういう次第かな?
または事務局側として、一生懸命取り組んだのかもしれません。

全体的に、この独特の辛辣さ、にしては、そこはかとなく、身柄確保されているカンジ、やはり原理学生の手紙の主は、さして若くない二世さんではないかと推測します。
 


日本の教会は毎年約5億ドル(約500億円)を献金していますが、それはどこに行っているのでしょうか?

世界を変えるような素晴らしいプロジェクトに使われているのでしょうか?
また、このような輝かしい宮殿は、何のために使われているのでしょうか?

清平の宮殿は、10億ドル(約1千億円)以上の費用がかかりました。
このような資金を使えば世界でどのような良いことができたかを考えてみてください。

現在、この宮殿には、イエス様がひざまづいている韓鶴子の巨大な像と、従順に侍る文鮮明の姿を縮小した像が飾られています。
彼女は基本的な教えを変えて、自分自身を神の独生女(独り娘)、神の妻、神の母、神ご自身であると宣言して、事実上自分を中心とした新しい宗教を作っているのです。
(現役会員の方々は、この全く無意味なことを信じるために、どのような頭の体操を行なっているのか、私には理解できません。)



私は、各国の教会がそれぞれの小さな泡の中に住んでいることを知っています。事実上、統一協会の独自のバージョンを作り、どの本部の指示を実行するかを選んでいます。

解)
イギリス統一教会(家庭連合)は、自分たちでとても民主的な双方向性のある運営ルールを作って、教会運営をしているそうです。数年前、howwell サイトに、その運営方針の法文が載っていましたが、日本から見ると、本気かよ、無理だろ、分派だろ、ギリシャのポリスかッ というくらい日本家庭連合とは違っていました。

欧米かッ?と突っ込むと「欧米です」と言われて終わりですが、フランスだったか、ドイツだったか、やはりイギリスだったか、その全部だったか、赴任してきた韓国人の幹部らを受け入れず追い返して、自分の国の責任者を立ててやっているところもあるそうです。

日本は‥‥ もうどう言ったらいいのか分かりませんが、スピリチュアルっぽくいうと、それを選んでいる、選び続けた結果が今だということでしょう。う〜ん‥‥
 

また、各国は独自の「メシア」観に固執しているようで、その理想に合わないものは効果的に排除しているようです。
しかし、インターネットの出現により、ありがたいことに、そのようなことはなくなりました。

統一教会の核心を検証する必要があるのです。
教会全体が嘘の上に成り立っているのです。



文牧師の人生の話でさえも嘘でいっぱいです。
文師が男の人を背負っている写真を思い出してください:
文は何年もの間、その写真は自分だとして広めていたが、最終的にそうではないことを認めました。

興南(フンナム)労働収容所についての話:
私は、初期の弟子の一人が彼に会いに行って、近くの村でお茶を飲んでいる彼を見つけたという証言を聞きました!
朴正華は軍の武官であり、囚人の管理を任されていました。彼は囚人たちがすべき仕事を振り分ける位置にいて、文に休暇を与えることができたので、2人は信仰について一緒に話すことができたのです。

文が後に述べているような、いつも死ぬほど働かされていたわけではなかったのです。

文は東京の早稲田大学で電気工学を専攻して卒業したと言っていましたが、実際には工業専門学校の夜間授業だけを受けていました。

教会は、文氏が北朝鮮で共産主義に反対する説教をしたために逮捕されたとでっち上げたが、罪状は本当は重婚と不倫の罪でした。

相手の既婚女性、金ジョンファさんも投獄されました。
彼の反共主義的な姿勢は、もっとずっと後になってからのことでした。

山の中腹でイエス様に会ったという話も嘘です。
(つづく)





味深い記事だと思われた方は
どれでもいいからクリック↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



コメント

清平の話題とシンクロニシティ
私は、幻想が覚めた統一原理学生からの手紙②の内容は、全く知りませんでしたが、確かに、清平の話題でしたね。カツ丼の話題の時と同様にシンクロニシティが起きた様ですね。清平については、私は、伝わった通り、忌み嫌ってます。以前、米本さんのブログで暴いてましたが、この場で、もう一度、暴いておきます。成り立ちについて。『場所は、世界日報の社員食堂の入口右側の特別室です。
 そのとき、私は食堂の清掃をしていました。会議には36家庭の方数名を中心に7~8名が参加していました。

「独立経済だって、どうする?」
「霊感商法騒ぎや3万双(合同結婚式の報道合戦)で、日本の教会が打たれ、壺も全く売れないしなあ」
「でも、一心石材さんは今まで儲かったじゃないの」
「水沢里(すいたくり)も、日本人がたくさん来て、大きくなったしなあ」(16万人女性研修時のこと)
「日本人って、いろいろなものを買っていくよね」(み言葉集とか写真集など)
「清平も、世界万邦の朝貢を受けるって、御言あるけどなぁ」
「なあ!清平で先祖解怨、やらないか!?日本人相手に。でも、もう興進様(ブラックフンジンのこと)、使えないよね」
「興進様が使えなくても、まだ大母様(韓鶴子の母、洪順愛の霊のこと)もいるよ」
「あっ、それなら俺、ちょっと霊的な姉妹知ってる」
「でも、それ、ちょっと、食口を騙すことにならない?」
「大丈夫!韓国は奪われてきたから、盗んでも罪にならないって、御言あるし!」
「だけどさぁ・・・」
「やぁやぁ、俺たちは御言を成就させなきゃいけないじゃないか。あんな田舎の清平が、今のままでどうやって世界万邦の朝貢を受ける、って言うんだ」
「・・・・・」
「じゃあ、その姉妹に連絡して・・・」
「まあ、何とかなるか。興進様のときみたいに失敗しても、まだ忠母様も恵進様もいるしなぁ」

 その姉妹とは金孝南のことです。』


Re:清平の話題とシンクロニシティ

ありゃ〜 つまり、piscさんは、水晶製造所のようなネーム? 日本サ教草創期の掲示板でもよく見かけた成晶さんでもありましたか、
それは気が付きませんでした。


これですね。今読むと違和感がないです。当時は、まさか〜と思った人も多かったかと思いますが。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-638.html
「衝撃のスクープ !! 清平役事の誕生秘話 」

それによると、金孝南に大母さんが憑依したというのは大ウソのデッチ上げでしたね。


--------------------米本ブログ引用
清平役事が始まったのは1995年1月です。
 役事が始まってから1カ月後に、また会議がもたれました。

「上手くいってるじゃないか」
「蝋燭(ろうそく)も売れてるしなぁ」
「先輩、うちの湯薬(漢方薬)売れませんかね?大母様(金孝南氏)にお口添えいただいて」(発言者は72家庭の漢方薬の店主)
「おう、任せとけ」
-------------------引用終わり

男女美シャンプーセットもこうして売ってくれと頼んだのでしょう。

当時も疑問に思ったのですが、
1994年夏に、最初の清平会議の内容が聞こえて、95年2月の会議の内容も同じような状況で、また聞こえてきたということでしょうか?

追加のお知らせ

感想解説を 3カ所に、囲みで追加しました。

ご確認ください
だめか
続きを楽しみにしています
>山の中腹でイエス様に会ったという話も嘘です。

続きのお話楽しみにしています。
ちなみに昔は文氏は1935年4月17日のイースターの日(今は復活節を迎える週の朝ということになっているみたいですが)にイエス様から啓示を受けたと言っていましたがその年のイースターの日は4月17日ではありません。多分、イースターの日が毎年変わるものだということを知らなかったんでしょうね。

No title
「幻滅した原理学生からの手紙」・・・記事の構成、一つ一つの事柄の関連性に無理がありますね。
こんな記事を取り上げざるを得ないことに、少し、哀れさと寂しさを感じます。
Re:続きを楽しみにしています

kimagure-orさん、コメントありがとうございます。

そうそう、続きでは、そのイースターの話も出てきます。

でも一年前のこの記事の方が詳しいです。自己引用ですみませんが、もしお読みでなかったらどうぞ。
「啓示を剽窃・盗用したの? ー小説で龍明15歳時の啓示話を書かないわけ」
http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-78.html



Re:No title

藪から棒さん、コメントをありがとうございます。

記事の構成、一つ一つの事柄の関連性に無理があるということですが、先に言ったようにこちらは総復習編のようなものですから、各話題がサッサッサーと一言二言で終わって進んでいってしまっています。(その代わり話題の幅は広く、年代もカバーしています)
その背後には多くの関係者の膨大な資料と考察があるのですが。その百パーセントが正しいとは言いませんが、80%以上は合っている思います。

まあ部分部分で言えば、まだ私の小説の方が、同じ状況を言っていても分量からして全然詳しい(資料URL付き)所もあるのですが、絶対読まないでしょう。

関連を調べもせずに、「哀れさと寂しさを感じます’ 」とか感情的なことを書いてしまうのは、統一の悪いくせですね。
本人はそれで克服したような上に立ったような気に一応なっているのでしょうが。
そこの所はそっくりそのままお返しします、ホイッ(返した気合の音)

この記事だけ読んだ場合、無理があると感じることはあるでしょう。
素朴に書かないで、独特の角度から捻りをきかせて結論ありきで書いている部分もあります。

伝えてくださり、ありがとうございました。


No title
藪から棒を「統一の悪いくせ」と一くくりの扱いをすることに、正直、抵抗がありますね。

それから、貴殿の記事に真実性がどこまであるのか?大いに疑問があります。
多くの記事は伝承情報がほとんどであり、その伝承も、悪意をもって作り上げられた情報がほとんどではないかと思うからです。

特に、韓国の慰安婦問題からも分かるように、韓国人の気質は嘘の情報をブレンドした反日思想からきています。
ありもしないことを、さもあったように、嘘を百辺言えば本当になる、何が何でも被害者意識を増幅させて、自分の為ならどんなことでも作り上げますからね。

貴殿は韓国人の反日気質の反対の気質ですか。つまり、反韓、嫌韓、反文、反統一教会が深層にあるのでしょうか。

どうみても、信憑性の薄い錯誤情報をあてにして書いているとしか言いようがないのです。

貴殿の記事は、初めから理由を問わず、伝承情報をもって、文氏を一方的に悪人扱いなのですからね。まるで、共産党的気質、被害者意識、三文週刊誌的、人目を惹くフライデー的です。さらに言えば、貴殿の人間性を問う、無価値なエロ本。

貴殿が文氏に対して思想的な葛藤がある為なのか、それとも、文氏に対して個人的な「恨」があってのことなのか。つまり、統一教会に自分の人生が奪われたという「恨」ですかね。

この記事は・・「恨」の証明かな?

そこまでして時間を費やすなら、もう少しましな、文氏の全生涯をとおしての、普遍的テーマを追いかけるような記事を書いてみたらどうですか。
その方が、貴殿の晩秋を飾る力作となると思うのですが・・
余計なことかもしれませんが・・
松濤からかもね
藪から棒さん、
>藪から棒を「統一の悪いくせ」と一くくりの扱いをすることに、正直、抵抗がありますね。

“藪から棒を「統一の悪いくせ」と一くくりの扱い”になどしていません。必要もない所(感情的な繋がりがない場所)で、上目とも取れる感情的な言葉を吐いて悦に入る、まではいかないとしても通用する・効果があると思っている「哀れさと寂しさをを感じる」など書かなければよかっただけの話でしょう。
そういうことを客観視できていないから、藪から棒全体をまるで人格否定されたように主観で感じただけだとおもいます。


資料については、長くなるし、そのうち記事にしてみようと思っています。

読む価値がないようなご感想ですから、読まなければいいですね。60年以降(聖婚式関連)を扱う記事からたまにチェックしているようだし、今回も清平の白像の写真が出たので。見張りですか。何の?現在の教祖様の?ヒェー

ハン、ケンカン‥‥
そのような元信者に対する昔からある範疇の分析は、(私には)もう通用しないし意味がないと思いますよ。


そりゃ「普遍的テーマ」というのは目指すところですが、
これは普遍的テーマではないとか、あっちは普遍的テーマだ、というものではないと思っています。
「普」も「遍」も「あまね・く」と読み、もれなくすべてに及んでいることだそうです。
「龍明小説」を書く中にも少ないながら普遍はあると、普遍を見つけ出すというか作り出す方向に、盲目の意志は動くのです。
素晴らしい普遍的な名作を書く大作家でも、最初は(前々前世か?)極限定された素材から修行したことでしょう。(比喩ととってください)

あれが・これが普遍的テーマだと飛びついてみても書けなくなるだけでございます。
あっちの水は苦いぞ、こっちの水は甘いぞ、ホ・ホ・ホタル来い の世界であります。

管理者のみに表示