FC2ブログ

6人後継者の悲劇 ーUCI裁判ほか

「UCI裁判シロウト考察ーカルマの法則なのか?」の続き



   6マリヤならぬ
      6後継者の悲劇
         ーUCI裁判ほか




顕進氏は今も自分が家庭連合(統一教会)の後継者だと思っているのでしょう。
まあ一時は文鮮明父親から、そうも受け取れる言葉を囁かれたのでしょう。

文鮮明さんは、次から次へと後継者を定めました。


後継者問題といえば、最初に花形デビューしたのは、
長男の文孝進氏でした。

1985年、「大学原理研究会」の世界会長に就任!

初めて公職に真の子女が登場!というわけで、信者たち、目を見張る。
そのうち、「お父様が孝進様を後継者に指名した(らしい)」という噂だかみ言葉だかが回ってくる。
えー?ロック好きのヤンチャな若者が組織のトップだなんて、今まで散々自己否定した苦労が無視されそうでいやだなあ、と奴隷信者たちは戸惑うが、なんとか受け入れよう、慣れようと努力する。


その後ほどなく、
「お父様は、韓鶴子お母様が後継者になるとおっしゃった」
との言が聞こえてきた。
1990年「お母様は第二教主です」
「これからは先生がいなくても、お母様一人でみ旨に何の支障もないというのです。」
1992年「世界平和女性連合」総裁に就任

え、孝進様のはずじゃなかったの?なんで変わっちゃったの‥
奴隷信者、また戸惑うが、お母様ならどうせ結局何も変わらず、元から決められたことに従っていくだけになるだろう、まだそっちの方が楽でいいやと、内心ホッとする。(当時まさか独生女神を自称するとは思いもよらず)


その後しばらくし、
三男の文顕進氏華々しく登場!
1998年「世界平和統一家庭連合」世界副会長に就任
2000年「 世界大学原理研究会」(W-CARP)会長に就任
2001年「 世界平和青年連合」世界会長に就任

「『文総裁が80歳になったけれどもその後継者は誰なのか』と心配する人が多いのです。今回、顯進が現れるのを見る時、『アイゴ、これでよし!』というのです」
(文鮮明先生御言選集 325巻 p.312 真の愛を中心とした為に生きる人生 2000年9月2日)

当方、その時期には教会におらず、教会のネット露出も少なく、
後で「統一教の分裂」を読んで、♬そんな時代もあったのね〜 と思った次第。
奴隷信者は①の時と同じように思ったかもしれないが、
その頃になると、文先生も高齢、時も熟し、二世の時代。
二世リーダーが待望され、顕進様人気大爆発!
未来の後継者は、デビュー当時のエルビス・プレスリー並みにもてはやされたとか。


そして時は移ろい、
④ 7男の文亨進氏登場
2008年 統一教世界会長に就任
「今後、全部、私がしてきたことを代わりに任せようと思うんだね」(文鮮明訓読会の御言葉)
2009年 文亨進夫妻戴冠式

この辺り以降のことは、インターネットを通して、別の意味でなんとなく馴染みはある。

この4方とも、文鮮明父は「お前が後継者だ」と上手いことを耳元で囁き、公表もされたわけです。
そして、何かそぐわないことがあったか、父の気が変わったかで、本人たちの納得も無く変更されてきた。

亡くなった①を除いて、②③④のお三方は一歩も引かず、三分裂して三つ巴、親子兄弟で闘争しています。
実際はそれぞれ主張が全く噛み合わないパラレルワールドを展開しています。パラレル=平行ですから、彼らの世界は、理論上決して交わることはありません。
理論を捨てるしか‥‥ 手放すしか‥‥


え? 韓鶴子マザーが、3男顕進を後継者にさせぬよう宮廷画策し、代わりに操りやすい7男亨進が後釜になるよう夫や幹部を誘導した? そして夫・文鮮明教主没後、今度は亨進を追い出して自分が後継者の座を占めたと?
ハァそういう解釈もできるでしょう。天津ではないけれど、あると思います。

昔、ある日の文家の朝食の席で、何か話題の途中、顕進さんが(鶴子母のことを)
「崔お母さんの方が素晴らしくて、優秀だったよね」という意味のことを言った。
韓鶴子は、それを聞いて物凄く嫌な不快そうな顔をして俯いたそうな。
(火の粉を払えブログ、神山氏インタビューこぼれ話より)

父の言い方を真似ただけなのかもしれませんが、それにしてもこの時一回だけのことではないでしょう。
それは前妻の崔夫人のことを言ったのか、カインのお母様(妾)の崔元福さんのことなのか分かりませんが、どちらにしても、ソレ言うたらアカンやつや。心の広い母ならよかったのだけど、そうではないからね。顕進さん、やっちまったなあ。
こんなことを言って母に嫌われる子供に育ってしまったのは、ある意味環境の犠牲者と言えますが、回る回るよ因果は廻る‥‥


「6後継者」には、あと2人足りない。
嫡出外にも参加を願い、なんとか拵えます。
ーーととのいました。(天津かッ)

では最初の結婚相手の崔先吉夫人との間の息子、
⑤ 文聖進さん。 
61年(聖進15歳)に戴冠式らしきことをやっていた。
父親文鮮明から「将来のために、中世ヨーロッパの社会構造や政治体制を研究してくれ」と言われ(聖進氏の卒論を手伝った仲の学区長談)、学究生活ン十年、のち放置か?
将来、地上天国ができたら、メシアの長男のお前は、メシア王国の大博士、大参謀、政策担当大臣だ、がんばれ、などと言われたのかなあ?

聖進・トンスク夫妻は最近(2018年〜20年)離婚したとの情報が精度の高いサイトにあり。
4、5年前は「UCから経済的援助が出ているので、年齢も年齢なので離れられない」と言っていたとのこと(by まっちさん)
詳しくは http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-159.html コメント欄


しんがりを務めるは、
庶子の 朴サムエルさん(母方の実家は元大韓生命財閥の崔家)
1965年、文鮮明父親が意図して計画的に崔淳華に妊娠、出産させた。
65年の世界巡回路程の途中、妊娠が判明するまで3ヶ月そこを動かなかったことは巡回スケジュールを見ればわかる。

98年に孝進の嫁が文家の暴露本を出版し、アメリカの多くの信者が事実を知り教会を離れたので、さらなるスキャンダルを恐れた教会側が1999年、サムエルとその母親に、庶子を公表しないよう文鮮明との関係を法的に解消・口封じする契約書を持ってやってきた。
ーサインしてくれたら、すぐ150万ドル払いましょう。そして、文氏の引退後に一族のビジネス帝国でサムエルが指導的役職に就かなかった場合、加えて2000万ドル(20億円)を支払いますから。
結果、彼らは150万ドルを受け取っただけに終わった。
裁判で約束違反を訴え、20億円を求めたが棄却となった。

          * * *

そりゃ一般論として、後継者の変更もあり得ることでしょうけど。
何かそぐわないことがあったか、父の気が変わったか、文鮮明父はその時その時の状況や都合で、次々と「後継者」を指名してゆきました。

6マリアに次々とうまいこと言って情と金を引き出し、結局60マリア、600マリアになっていったのと同じか、違うか。

後継者という概念を利用して、自分への忠誠や献身を要求する「後継者 するする詐欺」のようなものであるのか、ないのか。

そこら中で、刺々しい不穏なパラレルワールドを噴出させた、ダークフォース全開の文鮮明さんでした。

(家庭連合含む分派・分裂派に惑わされる必要なし)




参照:

https://tragedyofthesixmarys.com/identity-smm/
「1961年に文誉進が誕生した後、奉献式が行われました。式典に続いて、韓鶴子が文聖進の頭に冠をかぶせ、記念撮影をしました。」


[ マザージョーンズ誌 ] 2013年12月
「独占スクープ:文鮮明師が必死に隠そうとした私生児と会見」
http://www.motherjones.com/politics/2013/12/reverend-moon-unification-church-washington-times-secret-son


http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-632.html





味深い記事だと思われた方は
どれでもいいからクリック↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



コメント

見直し修正
最後らへん、変更しました。


そこら中でパラレルワールドを噴出させた、フォース全開の文鮮明さんでした。

  ↓↓↓↓↓

そこら中で、刺々しい不穏なパラレルワールドを噴出させた、ダークフォース全開の文鮮明さんでした。

Y染色体の継承
文教祖の後継者の定め方は、
日本の天皇家と同じで
、男系継承。
つまり、Y染色体の継承。基本的にY染色体を持つ男子は継承権をもつが
途中で継承権を
失ってしまったので、次の後継者を決めざるを得なかった。韓鶴子については、Y染色体の継承者では無いので、文教祖との年齢差から中継ぎ的な、日本の上皇のような位置を与えようとしたが、文教祖が晩年「私には相対者がいない」と発言しているように、これも失ってしまった。文聖進さんと朴サムエルさんとについては、後継者というより、参謀として定め様としたのではないでしょうか。以上で一連の後継者問題は説明できると思います。
Re:Y染色体の継承
piscさん、
コメントをありがとうございます。

UCI裁判の話の流れだったので、7男さんについては特に触れなかったですが。
7男ご指名後、たまたま父親の生物学的生命が切れて最後になっただけであり、そうでなかったら、まだまだ、どんどん後継者を、もう誰もいなくなったらX入れて何周でもして、指名していきまっせ?(ホントは後継者を決めるつもり任せるつもりなんてないんだよッ 俺様宗教だからな)

7男もこれでほどほどでしょう。
無一文で荒野に下ったわけではなく、実際こちらも家庭連合から財団を1つ持って出ているわけですが。
栄進財団、文國進理事長。しかし資産は数億円で、UCIとは桁が3つ違うので、問題にされないのでしょう。そこから当時7男は車両代等援助を受けました。高級車ではないけど、新車だ、いいな。結構ほどほどな金額で。
家庭連合に仕掛けた後継者に認定しろ裁判は却下。これこそ宗教内の問題で、裁判所の管轄権外!
統一マーク使うなって? ヒエ〜ッ まあほどほどそんなもんだ、我慢しろ。

管理者のみに表示