FC2ブログ

セックス依存症の後始末・考察いろいろ/5-12

「報道合戦と正体隠し 親泣かせ活動/5-11」からの続き


  セックス依存症の後始末
          考察いろいろ




   龍明小説5-12



当時は、国も貧しく、教会も貧しく、信者たちも一様に貧しい生活を送っていたが、裕福な家庭の奥様方から大口献金をせしめていた教祖(と一部幹部か)は「金なら大いにある」という状態だっただろう。(先回より)

それは龍明が、全国で自家用車が5000台しか普及していなかった時期に、高級ジープを買ったことからもわかる。

彼が貧しい農村に、高級自家用ジープに乗って登場した時は、村中の注目を浴び、騒ぎになったほどだ。
1957年7月7日に購入した。登録ナンバーは「747」

その頃、不法入国した日本で、文教祖の婚外子・喜進を生み、貧乏のどん底で苦労していた金明妃母子には何の送金もせず、帰ってこいとも言わなかった。

キャプチャj3

キャプチャj4

ちょうど6か月前には、崔サンキル夫人との離婚が成立していた。
その時のことが呉永春夫人の証にはこう綴られている。
「崔夫人ももう選択の余地がなくなったと考えたようで、いくばくかのお金と引き換えに、彼女は書類にサインすることに同意しました。私はそのお金を教会員から借りました。それで終わったのです。」

教祖の離婚の慰謝料を、婦人部長的な立場の呉夫人が信者たちに借りて払うとは、龍明ワールド独特の不思議な金銭感覚である。

龍明は「自分は離婚したくはなかったが、妻や崔家側に迫られてせざるを得なかった」と、悲劇の主人公であるがごとく、後の説教で語っている。

片や日本の週刊誌には、「私が崔夫人に離婚を承諾させた」と語る元統一教会幹部男性も登場している。

崔夫人自身は「離婚を決意した理由は、夫の激しい女関係です」とインタビューで答えているが、離婚の経緯までは語っていない。

どっちがどっちからか? これこそ藪の中である。

この際、龍明の誇大妄想的な”み言葉”は何の役にも立たず、夫人も感情的になるばかりで、どうにもならず、事態は相当ドロドロの様相を示していたのだろう。
教会幹部たちがかなり介入して、後始末を付けたような形跡が見受けられる。

ともあれ、夫人との間の一人息子、当時11才のサンジンは、それ以降、一度も母親には会わなかった。
彼は文教祖側に引き取られ、幹部信者家庭で養育されていた。


2年後には、金明妃の息子・喜進も同じ運命になった。
4才の喜進は文教祖の子として引き取られ、別の信者家庭(複数)によって養育された。

その場合、教祖が親として責任を持ち養育費を出すわけでもなく、
「これは重要かつ貴重な責任分担であるから、心して受けよ」と言ったかどうかは不明だが、
信者としてはその役目をただ有難く承り、世話をすることになる。
だが日々の現実はそう生易しいものではない。
要はつまり信者家庭に丸投げしたということだ。


サンジンを引き取った幹部とは、平壌から龍明に付き従った若い金ウォンピルである。
ウォンピルは、54年頃、教会が少人数で貧しく大変な状況の中、謎の家庭を持った。
もちろん勝手に結婚したとは考えにくく、文教祖がウォンピルに女信者ダルオクと結婚しろと言った。
そこで2人は結婚し、55年3月に女の子を授かり、その子を東淑(ドンスク)と名付けた。


実は、3月7日に生まれたその子は、龍明がある女信者に生ませた子で、ウォンピル夫婦は文字通りその子を授かった(預かった)のだ。

本当の母親である女信者は氏名不詳、数年後早死したと言われている。死因は不明とされている。
(ウォンピルの妻になったダルオクと文教祖との子だとの説もあるが、顔が似ていないようだ)

ウォンピルとダルオクの結婚の日付は不明で、結婚式の写真もなく、54年から何の記録も残っていない。
60年になって、文教祖が最初の3家庭(3弟子)を決める際に、彼らはその中の「既成家庭」として祝福されることになった。


55年には、東淑と喜進という母親の違う文教祖の2人の子供が、数か月違いで生まれていたのだ。
それほど大勢ではなかった信者の中で若い独身女性が2人、ほぼ同時に妊娠・出産するとは、さすがの文教祖も会衆に対して気まずかろう。

1人は、急遽幹部家庭を整え、そこの実子とし、もう1人は臨月間近日本に密航させて、なんとかその場を取り繕い、無罪放免。
因縁の妻と離婚も成立、ひとまずホッとし、高級ジープ 買っちゃった 僕ってなに?
病院に行けば「セックス依存症」と診断されるかもしれない。




(*「文鮮明はセックス依存症ではないか?」神々の黄昏さんの考察がありました。)



顔の造作を見るのが長けている方、いかがでしょうか。
キャプチャd2


キャプチャd3


初々しいウォンピル少年初登場❗️
平壌教会のブラック龍明/龍明小説3-2




参考資料/サイト
https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/68956191526/two-moon-followers-both-pregnant-in-1955

https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/34168329678/could-moon-forget-myung-hee-kim

https://tragedyofthesixmarys.com/dong-sook-listed-true-child/
「ドンスクは真の子女の名簿に載っている」
*根拠となる写真がたくさんあります


https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/155269342098/did-moon-marry-his-own-son-to-his-own-daughter

https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/53249136826/a-jeep-for-moon-and-nothing-for-myung-hee-kim

http://www.tparents.org/Library/Unification/Talks/Oh/Oh-130501.htm
「Mrs. Choi, too, seemed to think she did not have much choice anymore and agreed to sign the papers in exchange for a certain amount of money. I got the money through the members. It was now over.」




味深い記事だと思われた方もそうでない方も
どれでもいいからクリック↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです。
 この写真の方の記事でしたのでコメントいたしました。私はこの方と4回ほどお会いしていて、一回は一対一で1時間ぐらいお話しました。殆ど聞き手に回ってしまいました。
 しかし、実は私の九州に祝福の6000双の三位基台がいます。当時その家庭には2-3ヶ月に一度はご夫妻がこられ、聖進様と二人で温泉に行ったという経験の持ち主なのですが、なんと本当かどうか知りませんが、私が質問するものですから、答えてくれました。
 この件で質問したら、ご本人様は否定されていました。本当のことは言えないという可能性もありますから。以前として闇に包まれています。

文龍明氏の女性関係について
 暗在さんはこれまで書かれた‘龍明小説’の中で、確かな資料を基に文教祖の数多くの女性関係を暴露されましたが、その資料となるものが信頼に足るものと思われるだけに元信者である私の衝撃もかなり大きなものでした。
 私が統一教会に伝道された当時、最初に受けた‘戒め’は恋愛禁止、男女関係厳禁ですから、それが統一教会においては最も重要で、信仰の本質に関わる最重要戒律だと思っていました。
 そしてご存じのように教会内での集団生活では男女が完全に隔離されていましたから、近密な女性関係は決してあってはならぬものとして意識するよう習慣付けられていたのです。
 そのような純潔主義とでもいうべきものは一般社会でも無くはないものですから、自分としては何の疑問も持たずにその戒めに従って教会生活を送ってきたのです。ですので現役信者だった当時は反対派から文教祖の醜悪な女性関係についての情報を聞かされても、それをそのまま信じることはできませんでしたし、持っている信仰が影響されることはありませんでした。

 しかし、暗在さんの小説によってその批判的な情報のほとんどが正しいものであり、文教祖は紛れもなく淫乱教祖だったと知り、統一原理の間違いについては既に知り尽くしている私でも受けた衝撃は小さくありませんでした。
 暗在さんの記事に寄せられるコメントにはそのような文龍明氏に対して、「女好き、淫乱男、セックス狂…」などという非難もありましたが、確かに実際の行いからして文氏がそのような非難を受けるのは致し方ないことです。
 しかし、一方ではそのような非難は厳密な意味で的を射ておらず、文教祖の女性関係はそれとはまた違った観点で見るべきという探索の余地があることも直感するようになりました。

 今現在、私は文教祖は「セックス依存症」であったということで推理を進めています。
 セックス依存症になるには、その原因というものが必ずありますが、文教祖の青年時代について詳しく分析していけばその原因が必ず明らかになると思います。
 その分析については書き出すと長くなるのでここでは書きませんが、そのような解釈は間違っていないという強い確信があります。
 「セックス依存症」と好色的性格には明らかな違いがあり、文教祖を女好き、好色的性格と断定してしまうと、いろんな部分で辻褄が合わなくなります。
 普通に考えれば分かることですが、女好き、好色的性格の人間はその特徴が表情などにも表れ、そのような性格を毛嫌いする女性には間違いなく本性を感ずかれてしまいますし、男性からもそのような性格の男はだらしない人間と見られ、宗教人など硬派の人間からは軽蔑されることになります。
 ところが、セックス依存症の場合は一種の肉体的病気であり、その人間の意思に反して性欲が働く場合もあり得るので、その人間が見せる表情だけから判別することはできないのです。
 しかしセックス依存症にある人間はその強い性欲に逆らうことは出来ず、絶えず性関係を求めることになるのです。
 私の推測ですと、おそらく文教祖はその自らのセックス依存症と少なからず葛藤していたのだと思います。
 それが故に信者に対しては不倫行為を強く戒めたり、純潔教育を推進したりしていたのだと思います。
 文教祖は統一原理を「み言葉」として自分流に語る場合、真剣になって情熱的に語る時がありますが、それは自分のセックス依存症と葛藤する闘争心が表に現れたものと見ることもできるのです。
 文教祖が持っている信仰は伝統的なキリスト教徒が持っているような信仰ではなく、心象的偶像崇拝の信仰であるのは間違いないのですが、その低次元ではあるが強い信仰がセックス依存症である文教祖の実像を信者に悟らせないように作用したと考えられます。
 
客観的な二人の顔の印象
>顔の造作を見るのが長けている方、いかがでしょうか。

 正直、写真の二人が親子と言われてもまったく違和感がありません。
 文教祖と韓鶴子氏の写真を並べて、二人が実は親子だったと言われると、顔の様々な部分で特徴が異なるので違和感を拭えませんが、上の写真の場合はそういった違和感がありません。
 口元と顎の形はかなり似ており、どちらも笑みの作り方に特徴があります。
 また鼻の形も共通性があり、二人とも小鼻が締まっています。
 文教祖と韓鶴子氏が親子である可能性は10%以下だと思いますが、文教祖と写真の女性が親子である可能性は90%以上だと思います。
 
他の信者に産ませた子
なるほどな情報ありがとうございます。
記憶の書き換えしておきます。

オンピル氏は実子として戸籍に入れたのでしょう。
韓国では養子に出すとき、実子として戸籍に入れてしまうことは、今もよくあるようですから、昔々オンピル氏が実子としたことは納得できます。

文鮮明は限度無しのやりたい放題のすけこましの準強姦魔だったんだなぁ~としみじみ思います。
韓国で信者獲得(女性問題や金銭問題)がおぼつかなくなり、日本進出。
日本では同じようにはできないということなのでしょうが、つまみ食いはよくしていたようだというのがこれまでのネット暴露記事を読んでの情報です。
信者(特に日本人)=家畜 です。
家畜に自由な恋愛があってはゼニが稼げません。恋愛禁止にするのは当然といえば当然で、アダムエバの逸脱した恋愛が原罪何てこと教え込まれることで、貞操を奪うことを通して、より女性信者は組織に従属せざる得なくなるということも「家畜を操る」には最適な方法だったといえると思います。

朝鮮の混淫教変形判の龍明教は、日本適合型に変形し、今も釣り上げられた家畜たちがかろうじて組織を形成しているってことなのかもしれません。

特に日本人は、この組織にとって「家畜」でしかないということだと感じます。


セックス依存症なのか。
ウィキの解説を読んでもらいたい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87

既成の理論では当てはまらないのが鮮明の性だと思っています。
タイガーウッズと瀬戸
ウッズは治療を受けているようです。瀬戸はどうなっているのか。

「性依存症」は、精神病理なのです。
苦しいから、病院にいきます。

小生は『カルトの子』で、性依存症にかかった女の子を書いています。
強迫的性行動症
神々の黄昏さん、米本さん、
コメントありがとうございます。

文鮮明はセックス依存症との捉え方は、文教祖の人間性や行動を知り理解する上で、とても有効な視点だと思いました。一つの視点としてですが。

以前、神の日儀式の記事に「それ(6マリア×3=連続18回性儀式)は、男として快楽ではあり得ない」という主旨のコメントが2名の男性からありました、具体的には痛みになってくると。
まあそうだろうということで、エロとか好色という解釈の書き方はストップして、なるべく事実だけ書くようにしていますが。

セックス依存症(強迫的性行動症?)等で異常性行為をする目的の多くは、単に性欲解消ではなく、自尊心の回復、支配欲・所有欲・男尊女卑などが背後にあるということで、当たっているなと思いました。
(ヤフーニュースの複数関連記事より)

とりあえず、私の意見を述べさせていただきました。


セックス依存症になって治療を経験したプロ漫画家が、啓蒙漫画を書いています。
現在、30話まで無料だそうです。
「セックス依存症になりました」
https://sp.comics.mecha.cc/books/130968

文鮮明を愛している方なら読んでみましょう。

(無料サイト、数日間アクセス殺到で読めなかったので、私もまだ全部は読んでいませんが、詳しくて勉強になりそうですよ。というか漫画自体面白い。エロ画注意、わら)
Re:お久しぶりです。
コスタさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

そうでしょうね、
縁があった「お孫さん」とは、ドンスクさんの息子に当たりますね。

ドンスクさんは聖進さんの相対者(妻)になったことを記事では書いていませんでした。ゴチャゴチャするかと思い、別の機会にでもと。でも触れておくべきだったかも。

>この件で質問したら、ご本人様は否定されていました

それを認めたら、兄妹婚も認めることになり、大変なことになるでしょうから。


早稲田通りを学区長と歩いていたら、向こうから聖進さんがやって来て、学区長は「いやあ、お久しぶり、どうもどうも」とペコペコして長話していました。
私はいい感じがしなくて(尊敬している学区長がペコペコしてる〜。相手は当然の如くそれを受けるだけ受けてしまっている〜、日本人らしいコチラコソという謙譲の姿勢が全く見られない、誰なんだアイツ)、少し離れた所で待っていました。
相手が去ってから、学区長があれは聖進さんだと。何年か前に彼の卒論を学舎のみんなで手伝ったので知っていると言っていました。
何十年も前の青春話でした。
Re:客観的な二人の顔の印象
神々の黄昏さん、ありがとうございます。

やはりそうですか〜
>文教祖と韓鶴子氏が親子である可能性は10%以下だと思いますが、文教祖と写真の女性が親子である可能性は90%以上だと思います。

下の金ウォンピル夫妻との3人の写真は違和感満載ですね(それはわかる)

ふっくらしたイイカンジの娘ドンスクさん(聖進の嫁。現在は離婚)は、知られている文鮮明の娘の中では、美人ベスト1ではないでしょうか。
ワーストは誰? katか(キャット・ムーン)、ゴメン。
Re:他の信者に産ませた子
ナツミカンさん、コメントありがとうございます。

ウォンピル氏は、実子として入れたと思いますよ〜

婚外子朴サムエル誕生の時も、幹部の朴ポーヒ家庭の実子として戸籍に入れたということですから。
この場合は韓国ではなく、アメリカでですから、違法かもしれません。
三家庭の疑問が
三家庭に対してスッキリしない疑問がありました。アダム家庭、、、なんてありましたし、既婚家庭、婚約家庭、純潔家庭?とかの話でした。
でも、確か?この三人て独身時代から信者だったはず、、、???
スッキリしなかった、、、
淫乱激しい龍明が、準強姦した信者が産んだ子供を弟子の実子とさせた偽装もあったということですね。
淫乱偽装教組の詐欺宗教組織。
ブッ潰れてないのも異常。
離婚?
暗在さん、いつも有難うございます。

聖進さんとトンスクさん、離婚しているんですか?初めて知りました。いつ頃のことですか?

まだ現役食口のみなさん、ここに書かれていることは、真実ですからね。
目覚めてください。

教団は、組織維持、保身のためには平気で事実を捻じ曲げます。
嘘をつくのは、サタンの本性です。
Re:セックス依存症なのか
米本さん、コメントありがとうございます。
哲学的ですね。

>既成の理論では当てはまらないのが鮮明の性だと思っています。

人は「盲目の意志」によって生きている、と言ったのは、ショーペンハウエルでしたが。
盲目の意志から出発して、進化・変容‥‥ 命を燃やすのが基本ですね。
って、何言ってるか分からない。v-17

セックス依存症も、正式な病名からしてまだ新しい概念で、患者一人一人で違うところがあり、正確には解明されていないことが多いようです。
依存症の一種とは考えられそうです。
文鮮明、傾向ありと。
Re:離婚?
まっちさん、
コメントをありがとうございます。

ご質問、
>聖進さんとトンスクさん、離婚しているんですか?初めて知りました。いつ頃のことですか?

参考資料サイトの1つに、
Sung-jin and Dong-sook are now divorced.
とあって、私も今回初めて知りました。
そのサイト(メモ以下)は、アメリ人だけでなく、韓国の古い一世・二世なども多く関わっていると思われ、これは4年前の記事で、最近もアップデイトされていることから、その情報に間違いはないだろうと思われます。間違いならとっくに訂正されているだろうし。

私も初耳なので、いつ頃のことか分かりません。

お二方も今は、70代、60代。
熟年離婚なのかなあ‥‥
下の記事の流れからすると、少なくても2009年までは結婚していたのでは。

よく知らないトリビアなので、本記事には入れなかったのですが、チラ見させたいとコメントに混ぜ、無事まっちさんに見つかったようです(笑。

「ふっくらしたイイカンジの娘ドンスクさん(聖進の嫁。現在は離婚)は、知られている文鮮明の娘の中では、美人ベスト1ではないでしょうか。
ワーストは誰? katか(キャット・ムーン)、ゴメン。」


メモ:
https://tragedyofthesixmarys.com/dong-sook-listed-true-child/
末尾
Sung-jin and Dong-sook had three children:
Shin-mi Moon m. Oct 30, 1977 – married Hyung Jin Lee
Shin-il Moon m. May 7, 1981 – married Shiori Kunitoka on Aug 28, 2009
Shin-sook Moon f. Feb 24, 1984 – married Hirotaka Otsuka on Aug 28, 2009

Sung-jin and Dong-sook are now divorced.

同記事別バージョン
https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/134812981048/dong-sook-nim-could-only-be-listed-as-a-true
Re:Re:離婚?
暗在さん、出典を教えていただきありがとうございました。
今も更新されているんですね。

Sung-jin and Dong-sook are now divorced.
確かに書かれていますね。UCから経済的援助が出ているので、年齢も年齢なので離れられないと言っていると、以前聞きましたが。


このサイト、多くの人に見てもらいたいです。

https://tragedyofthesixmarys.com/dong-sook-listed-true-child/

在米や韓国の多くの食口は、目覚めて離教していますが、日本人はまだまだこの事実を知らない人が多すぎます。
教団の公式発表も、6マリア、血分けは、なかったと嘘ばっかり。

祝福で罪が許されるなんて妄想ですし、清平の解怨なんて、嘘です。
ただの偶像崇拝、ご利益宗教、かえって本当の神からの呪いをうけてます。
自分の人生を振り返って見てみてください。

神は、そのような方ではありません。神のためにと言いながら、偶像虚像を信じているのです。
身ぐるみはがされ、人生を終える前に、早く気づいてください。

ただ祈るばかりです。




Re:Re:Re:離婚?
まっちさん、
>今も更新されているんですね。

はい。それで気付いたことですが、

離婚の一文が載っているあのサイト記事の初っ端に
「Updated October 13, 2020」とあります。
https://tragedyofthesixmarys.com/dong-sook-listed-true-child/

同記事別バージョンは、
「Updated September 9, 2018」となっており、末尾の聖進離婚の一文は載っていません。
https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/134812981048/dong-sook-nim-could-only-be-listed-as-a-true

つまり、「今は離婚しています」の一文は、2018年9月9日から2020年10月13日の間に書き込まれたことになります。
推測ですが、離婚はごく最近のことかもしれませんね。


>UCから経済的援助が出ているので、年齢も年齢なので離れられないと言っていると、以前聞きましたが。

ほほー、そうですか。
文鮮明没後、あの韓鶴子さんがどんどん強くなる中、(聖進とドンスクという)文鮮明と別女性との間の子たちの家庭に教会から援助が、最近でも(離婚まで?)続いていたのですかね。

離婚と何か関係があるのか・・・さて、さっぱりわかりませんが、貴重な情報ありがとうございました。
Re:Re:Re:Re:離婚?
援助の話を聞いたのは、4、5年くらい前です。
独生女体制で、援助はとっくに切られてたかもしれませんね。

↓そっか、離婚は、最近なのでしょうね。

>つまり、「今は離婚しています」の一文は、2018年9月9日から2020年10月13日の間に書き込まれたことになります。
推測ですが、離婚はごく最近のことかもしれませんね。

今後の人生がお幸せになるよう祈ります。
Re:Re:Re:Re:Re:離婚?
4,5年前に「UCから経済的援助が出ているので……離れられない」と言っていて、
最近離婚したのが事実と仮定すると、
その間に独生女体制強化により援助が切られ、
昭和風に言うと、金の切れ目が縁の切れ目、
今風に言うと、しがらみが切れ、心が自由になり、離れられたーー
そんな風に思います。

わたしも、今後の人生がお幸せになるよう願います。

管理者のみに表示