FC2ブログ

喜進母レイプ in Japan 被害者ビジネス


 
  喜進母レイプ in Japan 被害者ビジネス


「日本人官憲が第二母をレイプ」は嘘。事実無根/5-10」
の資料をより詳しく扱います。


先回の資料より:
「金明姫自身の証しによると、彼女とその男との関係は合意に基づいたものでした」
「その男は韓国人で、日本人ではありませんでした」


以下のサイトの抜粋翻訳、原文は下部に小文字で、暗在考察感想は青字にて。
● https://tragedyofthesixmarys.com/myung-hee-kim-not-raped/
https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/134812709003/the-lie-that-myung-hee-kim-was-raped-in-japan


「金明姫が日本でレイプされたという嘘」
The lie that Myung-hee Kim was raped in Japan

ーー罪悪感を通して、日本人教会員を酷使し、操る。


何十年もの間、日本の統一教会(家庭連合)では、55年に生まれた文教祖の息子喜進の母が、日本の官憲にレイプされたと言われ続けてきました。

Abusing and manipulating Japanese Unificationists through guilt
For decades, Japanese Unificationists have been told that Myung-hee Kim, who gave birth to their son Hee-jin Moon in Tokyo on August 17, 1955, was raped by a Japanese official.



日本の統一教会員は、将来の真の母と言われた女性を日本人がレイプしたことについて、ずっと罪悪感を感じさせられてきたのです。
彼らに罪悪感を感じさせる目的は、神の復帰摂理を阻んだ、日本人によるこの邪悪な大罪を償うために、巨額の献金を集めるよう、教会指導者が彼らをプッシュできるようにするためでした。

Japanese Unificationists have been made to feel guilty about the supposed “rape” of the woman who, they were told, would have become the future True Mother. The purpose of making them feel guilty was so that Unification Church leaders could push them to raise large sums of money to indemnify this great sin and “evil” act, by a Japanese person, which affected the course of God’s “providence of restoration”.
 
(つづき)
しかし本当に邪悪なのは、金明姫女史がレイプされたこの話が嘘であることです。
それは作り事で、統一教会/FFWPUの韓国の幹部たちはずっとそれを知っていました。
金明姫は、ある宗教団体の教主(韓国人だったようだ)に誘われたと、文鮮明教祖に、そして多くの人に認めました。
弱かった自分自身の過ちですと彼女は言ったのでした。

However, the really evil thing is that this story of Ms Kim being raped is a lie. It is a fabrication, and the Korean leaders of the Unification Church / FFWPU have known it all along.
Myung-hee Kim admitted to Sun Myung Moon and to numerous people that she was seduced by the leader of a spiritual group (who seems to have been Korean). She said it was her own fault for being weak.



その頃、4年の間ひとりで日本にいて、文鮮明は彼女の生活費や子供の養育費を全く送らなかったので、彼女は心が弱っていました。
日本で、その宗教団体の教主は、文鮮明は彼女を本当に愛していないのだと彼女を説き伏せたのです。

At the time, being on her own in Japan for four years, she was vulnerable because Sun Myung Moon had not sent her any money for her support or that of their child. The spiritual leader in Japan persuaded her that Sun Myung Moon didn’t really love her.

訳注*
「その男」について、「ビザ取得関係業務に携わる在日韓国人」という説と、「仏教系宗教団体の韓国人教主」という説があります。
 
            *
ヨン・ジンフン教育本部長(UC国際宣教本部。Yong Jin-Hun)は、2013年11月23日にyoutubeで公開された話の中で、それは韓国人の男で日本人ではなかったと述べています。

Rev. Jin-hun Yong stated, in a talk published on Youtube on November 23, 2013, that it was a Korean man and not a Japanese man. “…
            *

Rev Yong talks about Myung Hee Kim

 

動画の感想教育本部長が「移民局に勤める在日韓国人男性だった」と述べたのはいいが、やはり「突然レイプした」と言っている。(8:00〜9:00)
6:00前後では、口ごもりながら、テキトーなフッキ原理を作り上げて次のように言い訳している。
「‥彼ら(文教祖と金女史)は法的に正式な結婚はしていなかった。なぜならそのとき金明姫は長成期のレベルにいたので、娘としての位置を勝利してから、聖婚式に進むことになっていた。…とにかく彼女は妊娠して…エバ国日本に送られた‥‥」

彼らは結婚していなかったことを認めてはいるが、(まだ妻ではなく)「娘の位置」というなら、なぜ教祖は、「娘の位置」なのに妊娠するようなことをしでかすんだ。
「とにかく彼女は妊娠して…」って、まったく納得がいかない、信者を都合よく言いくるめるような説明だ。

文教祖は同じ時期に崔家の姉妹、崔淳実や崔淳華とも関係があったことを隠蔽し聖人を取り繕う、一部に画期的真実を混ぜ込んだ偽善講義であーる!



 
         
アメリカ統一教会指導者のダン・フェファーマンはこう書いています。
「1970年、“お父様(文龍明教祖)、崔元福女史、金栄輝協会長”とのミーティングで、金明姫は“日本人に誘惑されたかレイプされた”かしたと聞かされました」

Dan Fefferman, the American Unificationist leader, wrote that, in 1970 in a meeting with “Father, Mrs. Won Pok Choi and President Young Whi Kim”, he was told that Myung-hee Kim was “was either raped or seduced by a Japanese man”
http://www.tparents.org/library/unification/talks/feffermn/fefferman-heejin.htm



関連する「レイプ発言は誰からなのかご存知ですか?」というナツミカンさんの質問へのレスとして:

個人の意見ですが、教祖以外にないと思います。
ミーティングの場にいた他の2人は、社会的にも実力ある正真正銘のエリートです。そんな認知不協和なことは言い出さないと思います。(当時は)
それ以外でも、恐れ多くも教祖のコレ(小指を立てる。お下品な)がレイプされたなどと、信者がおいそれと言い始められる話ではないでしょう。


誘惑されつつ同意の上の関係(フラれた龍明)より、レイプされた(不可抗力)と言った方が、教祖の男としてのプライドが傷つかないといった心理もあったのかもしれないけれど。





本当に大きな疑問は、日本人UC/FFWPU指導者は、レイプの話が嘘だったことを知っていたのか?ということです。
彼らは韓国人指導者と共謀し、見ぬふりをして、金銭目的のために日本の一般信者を酷使し搾取したのですか?
もしそうだったら、日本のメンバーはそのことをどのように感じるでしょうか?
(翻訳おわり)
The really big question is, Did the Japanese UC / FFWPU leaders know that the rape story was a lie? Did they connive with the Korean leaders in abusing and exploiting the ordinary Japanese Unificationists for financial purposes? If they did, how would Japanese members feel about that?



関連して別記事へのナツミカンさんのコメント:
「日本人幹部たちの多くはリアルを知りながらカモとして信者を釣り上げていたように感じてなりません。
それとも、妄想のまま信じ続けていたのでしょうか?」

「自覚ありでか自覚なくか、分かりかねます。始末が悪いですが。」とレスしましたが、
おっしゃるように、教祖や側近から伝言ゲームのように伝わり、自分で調べもせずに、鵜呑みに信じ続けていた人もいるでしょうし、または‥‥

             *

幹部もそれぞれ、そしてそれをどのように感じるかは、一般(元)信者一人一人です。
鵜呑みにすることなく、情報を参考にして、よく考えてみていただきたいと思います。








味深い記事だと思われた方もそうでない方も
どれでもいいからクリック↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
非公開コメント氏へ。
だったら親族に家庭連合を訴えるように勧めたらどうですか。
謂れなきことを言われているのですから。
非公開コメント氏へ つづき
この翻訳記事の内容のことを言っているのなら、元の英文記事は4年以上前に発表されたものです。
情報を求める英語圏オール統一(韓国も)の人々の間では、当たり前のような内容でしょう。
いまだに誰も訴えていませんが?
千三つサイコパス龍明
記事ありがとうございます。

龍明がサイコパスであったと現在は理解できます。
ホントのような嘘を混ぜるのが得意の龍明は、決局のところ千に三つもホントは無いように思えて来ます(今更ですが・笑)
龍明のような男を頂点とした組織は、必ず不都合な真実が現れて来る。
龍明自身も嘘ついてきたことを忘れボロを出す( ´艸`)
ネット社会ですからツツヌケです。

リアルで嘘つき・詐欺師に何人か遭遇しています。
ある人は、話し方教室へ通っていました。なぜに話し方教室に通うのか?ですが、「嘘でも本当のように話せる・・・」ってこと語っていましたよ。でもね・・・辻褄合わなくなるからウソ!って解って来るのです。
口がウマいのには注意!

龍明が弟子を連れて海を渡るニセ写真も、龍明が自分だというような語りがありましたが、「大嘘」でした。
嘘を積み重ねることは、頂点に立っていれば言い切って納得させるは得意技。
嘘吐かれた側はソイツが嘘つきだと解って来ると、語る言葉が本当だったとしても「嘘」と解釈・理解するようになってしまう。

龍明の内容に関して、組織が表向き語られていたことなんてウソばかりでシンジツなんて無いと今では思っている。

「龍明」が本名なのに「鮮明」に変えた時点でOUT(ア~ウト)。
修練会では、
記憶がたしかではございませんが、羊と魚=信者たちを意味するってことで、これぞメシヤとばかりの講義を聞いた。ナント!サタンを意味する龍だったなんてさぁ~笑える。

龍明が本名なんだと知った時、自分自身なんとなく納得しただけだった。当時は献身していたからなのかもしれない。非国民(独身献身者)になると、組織内に定着しているしかない状況精神状態だったからかも・・・

龍明が「メシヤ」なんて大嘘はもう通用しない。
自分で判断するしかないですけど、それぞれご自由にってことですね。
鬼畜龍明
1970年に、金氏と崔女史にレイプ話をしたようだけど、龍明の腹黒さが見える。
1969年8月に、喜進が、龍明が手を回したかもしれない列車事故で亡くなっている。
その翌年、なぜそんなレイプ話を吹聴できるのか?龍明の異常性は、語った背後関係からも解って来るのです。
千三つ龍明(文鮮明)吐きたくなる男(ゲッ!)
No title
ナツミカンさん、

ワサワサしないでくださいな()

>1970年に、金氏と崔女史にレイプ話をしたようだけど、龍明の腹黒さが見え

「ダン・フェファーマン氏がーーと聞かされた(伝えられた)」と書いてあるように、その話は主にフェファーマン氏にしたのでは。

彼はアメ統の草創期の幹部メンバーですから、アメリカ統一教会にその話が伝わった歴史的瞬間と見ていいのでは。(そんな大層なことでもないが)

金栄氏と崔元女史は、もっと前から韓国などで聞いていて、みなさんご存知の話なのでは。もう金女史が帰還して10年は経っている時期ですから、70年のその時に初めて言い出した話ではないはずです。

それとも慰安婦問題のように、ずいぶん後になってから、急に日本人が悪いなどと言い出した?そういうわけではないでしょう。

「誘惑されたかレイプされたかした」って、オタマジャクシとカエルの中間のヤツみたいな、どっちつかずのずるい言い方です。
どっちでもいいが、とにかく日本人が悪いーというようなニュアンスなのか、文字だけでは分かりませんが。

日本の修練会などでは、レイプ一択の語り方でした。
どこからそうなったのか‥‥
伝言ゲームなら、印象が強い方一択になっていくのは当然でしょうね。

呪術的思考

教祖の御言葉や都合よく盲信したい人たちは、金女史は宣教師として日本伝道のために派遣されたなどと申しておりますが、
出産直前に派遣、乳飲み子を抱えて言葉も分からない外国で1から開拓伝道するなど、統一教のその後の激しい活動でも聞いたことがない路程です。
しかも、延世大事件で教会が調査を受けている時期にです。
日本宣教師説、信じられませんね。


そう言うとまた、実際には何もできなくても、天への“蕩減条件”として必要だったなどと言うのだろうか。

そのようなmagical thinking (呪術的思考)をしても、実際何も先へ進めません。成長もなし、貢献もなし。その人の精神安定だけのためのもので、袋小路、御愁傷。

都合の良い言葉だらけ
組織内は都合の良い言葉だらけでした。

蕩減条件なんてその最たるものかもね。良くも悪くも蕩減条件。
家系図解きなんて何度も聞いてきたけど、条件にもならない「死」だって言われたことがあるのよねぇ~。
そりゃ~聞く立場からすれば残酷!
献身してた時だけど、よくそんなこと言えたもんだってまじまじトップカウンセラーの顔見たことある。カウンセラー本人非常に夫婦関係悪しなんだもの笑っちゃう。

献金できなければ条件がないとして、ハガキまきやリストUPの声掛け、徹夜祈祷などなど注文つけ放題放題、で結局祈願紙や献金・借り入れて献金。
修練会に行ってないとか解怨してないとか組織は言いたい放題でした。

そのくせ、教祖の子供たちのご乱交に対しては、
「ご子女様も大変なのよ~・・・」
ってノ~天気な返ししかしなかった組織(家庭婦人部長)
仁進のダブル不倫再婚あたりで呆れましたわ。調べるのも加速度的になった。

カインが条件が足りなかったとかいう組織の人間がいる。
ヒラ信者たちはあらゆる問題を抱えていた。そりゃ~ヒラ信者の「カインの条件」が足りないからってことなら、だれがカインになるのでしょうね(笑)

調べてみればインラン尽くしの一族や初期幹部たち、そりゃ~誰のせいでもない本人が問題だってことでしかない。
こんな組織・ヤツラに引っかかっていたなんて、自分に呆れますわ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
業務連絡
ナツミカン他様へ
ご本人様がたまにこのブログを見ることがあることが分かったので、10日の私のコメントは一応非公開にしました。
頑張っていただきたいです。

管理者のみに表示