FC2ブログ

美しすぎる夫人の大暴れと悲しい結末・写真で見る/番外編4-11


  美しすぎる夫人・
     その後の大暴れ
         と悲しい結末・
             写真で見る





文鮮明と崔先吉(サンキル)夫人の喧嘩
キャプチャs1


最初この写真を見た時は、出来過ぎている、こんなナイスショットが撮れるはずがないと思いました。
女性は熱演中の女優っぽいし、昔のハリウッド映画の朝鮮ロケの1シーンか何かだろうと。
野次馬はリアル感ありますが、朝鮮庶民のエキストラを使ったのだろう。
2枚目の写真など、家の内側から至近距離で撮っています。
本物だとすると、教祖夫妻の激しくも恥ずかしい大喧嘩を、至近距離で同じ高さの目線から、冷静にナイスタイミングでパチリと写す信者などいるはずがなかろうと。

でもいたのですね、その名は劉孝敏。劉孝元氏(『原理講論』執筆者)の従弟で(元)36家庭、天才カメラマン。
初期の頃の教会は、彼の撮った写真でブロマイドの制作・販売をし、経済的に潤うことができたということです。

しかしまあこの時の夫人は、姿態はスンナリほっそりで、色白・小顔。衣装といい髪型といいキマッていて、全体的にあか抜けていますねえ。
彼女だけ本国ハリウッドからやって来た女優さんで、もっさりした相手役の男優や野次馬は現地調達といった感じです。


喧嘩写真が本物に見えなかったのは、私の目が悪いのでしょうが、この写真と喧嘩の女性が同一人物に見えなかったせいもあります。
     ↓↓↓
キャプチャs


しかしこの週刊誌に載った斜め横顔の写真をよく見ると、確かに同じ骨格、顔形で同じ人に見えました。
   ↓↓↓
キャプチャs3


『夫人が痛哭し、新しい秘密摂理が始まる』/4-9 にて、これからは食口たちとも仲良く一緒に暮らそうと夫婦で手打ち式をしましたが、その後の状況はどうだったか、証言で見ていきます。



『6マリアの悲劇』より
崔先吉夫人の大暴れ 78ページ~

そんなある日、三千浦へ李鳳雲長老が突然訪ねてきた。李長老は、
「水晶洞の教会がたいへんなことになっています。崔先吉さんが、文鮮明先生が婦人の食口たちと復帰の儀式(セックス)をやっているのを見て暴れ出し、食口たちを全部、追い出してしまいました。そして、水晶洞の教会を崔さんが家財道具ごと売り払って、教会がなくなってしまい、集会もできない状態になっているのです。」
と私に言った。
(中略)

 あとでわかったことだが、文鮮明の復帰の儀式に名をかりた目に余る乱脈なセックスに腹をたてた崔先吉夫人は、水晶洞教会で大暴れして、女の食口たちを叩き出した。恐れをなした文鮮明は、女たちを連れてソウルへ逃げ、清進洞に隠れ家を借りて女たちと住んだ。

しかし、そこもわずか一週間で崔夫人に突きとめられてしまった。私が釜山の専売庁支店から帰る直前、文鮮明はあわてふためいて女たちを四散させ、命より大切なはずの原理原本の草稿もそのままに、崔夫人から逃げ出したのである。

ところで清進洞の家から逃げ出した直後、文鮮明は李順哲とソウル本駅の前にある旅館に行き、霊的な儀式だという名目で、処女の李聖花と復帰原理の儀式を行なった。要するに三人はそこで、霊的な儀式ではなく、肉体的な儀式=セックスをしただけなのである。

https://六マリアの悲劇.com/第三章/




『姜賢實(カン・ヒョンシル)回顧録』
その年の冬に、私は大邱(テグ)の開拓に行ってから、12月に釜山に一時帰ったのですが、その時も私を見るやいなや台所にあった薪で私を叩き始めました。私はあちらこちらに逃げてみようとしましたが、仕方なく何度か打たれました。さらに私を見て、「不倫女」と言いながらひどい罵倒をたくさん浴びせました

その後は、長い歳月が経って1970年代に一度会ったことがありますが、そのときは心がとても安定していて、お互いに和解をしました。

大邱(テグ)に崔夫人が来て、お父様と私たち一行を警察に通報したため、私たちはいつも追われる人のように暮らしました。
https://yuun0726.muragon.com/entry/239.html


キャプチャk
若き日の姜ヒョンシルさん。崔夫人と似ているような?姉妹?


梨花女子大事件・直前
これがかの有名な、ゴム靴連続ビンタ事件!

『姜賢實(カン・ヒョンシル)回顧録』
毎日のように中部警察署の刑事たちが出入りしたのです。
ひとしきりごたごたしていた1955年7月2日、崔先吉(チェ・ソンギル)夫人が奨忠洞教会を探してやって来ました。
来るやいなや、お父様がおられた部屋の中に入っていきました。
お父様と話をしていた崔女史は、突然ゴムのはき物でお父様の顔を叩き始めました。
誰にもわからないようにゴム靴を後ろに隠してもっていたのです。
https://yuun0726.muragon.com/entry/279.html
 

カメラうま杉君の劉孝敏によるベストショット 
キャプチャs-1

いやこれも、崔夫人が女1人で、こんなに粉々にしたとも思えないのですが……
大地震の後の災害状況の写真でしょ?

日本人の常識が通じない、初期朝鮮統一教周辺であります。




梨花女子大事件で拘束中の時のハナシ

『姜賢實(カン・ヒョンシル)回顧録』
二日後の7月4日、お父様が警察署に連行され、西大門(ソデムン)刑務所に収監されました。崔女史とキリスト教界が一つになって風紀紊乱(ふうきびんらん)などの疑いで告発したのですが、容疑は適用されず、兵役忌避(へいえききひ)の疑いで裁判を受けることになりました。(中略)

そうしていた中、ある日、崔先吉(チェ・ソンギル)女史が手押し車に引っ越しの荷物を運んで来ました。お父様が奨忠洞(チャンチュンドン)教会におられるので自分も奨忠洞教会に引っ越して来ると言って荷物を持って入ろうとしたのです。食口たちは、「ここは先生の家ではなく教会であり、教会に奉仕する食口たちが住んでいるので、入ることはできません」と言いました。
すると崔女史は興奮しながら引っ越しの荷物を投げ始めるのでした。食口たちがこれを防ごうとしばらくもみ合いをしたこともあったのです。そのような写真が新聞に出たりしました。
https://yuun0726.muragon.com/entry/279.html
 


週刊ポスト Shūkan Post 1993.10.8 40-43頁
最終的に1957年1月8日に離婚

元統一教会幹部のA氏は、文鮮明教祖と崔先吉を離婚させたのは自分だ、とこう語る。
私が崔に離婚を承諾させたのです。女性関係が絶えない文に崔女史は食ってかかり、物は投げるわ、教会の看板は叩き割るわ……。当時、私は文の秘書のような存在でしたから、なんという女だと思っていたのです。

しかし、今考えると、彼女は文の異常な女性関係によって精神状態がおかしくなっていたのでは……。いまでは彼女に同情しているんです」

「離婚を決意した真相」とは
「結局、離婚を決意された理由は何だったのですか?」

私の問いに、崔は、はっきりとこう答えた。

「夫が次から次へと女性をだまして関係を持つ。そんな生活はもう耐えられないと思いつづけていた。それが離婚の原因です」

 




ついに大トリ登場・文鮮明御本人による御言葉
待ってました! ヨッ 大統領! アッちがった、救世主!

(真の御父母様の生涯路程3)
それで、あちらこちらで反対して、自分のやりたいように全部したのです。先生に「この道を行くな」と言いながら、指にかみついたり、つねったり、ひっかいたり、それでも駄目なのでゴム靴の裏でほっぺたをひっぱたいたり、女性からひどい虐待を受けました。

そして統一教会の幹部らも、聖進の母親から、ありとあらゆる受難を受けました。ほっぺたをひっぱたかれ、けられたり、糞尿をかけられたり、もろもろのことがあったのです。幹部たちがむち打たれ、あらゆることをされたのです。糞を持ってきてまいたり、ありとあらゆることをしたのです。それこそまさにサタンの役事をしたのです。

このような意味で先生は女の人から世界で一番極悪な試練を受けた男であるということを、皆さんは知らなければなりません。皆さん、ソクラテスの妻が悪妻だったという話がありますが、そんなものではなかったのです
。』


被害はそのまんまで、その通りでしょうが、おたく様の210名女の摂理が原因ですよね?
なに、「それは神のみ旨だから仕方がない」?
ああ、うん・・・ なるほど~
で、「真の母となるべきメシアの相対者は、それを認め受け入れなければならない」?
はあ、うーん・・・・・・ (つる子摂理へとつづくッ てか。





おまけ:これも女優さんの演技でしょッと言いたくなるが・・・

キャプチャk2
【日本語訳: 他の女性と言い合いをしたばかりの金明熙が、教会の外でしゃがみこんでいるところ。1955年韓国でこの写真を撮った劉孝敏がその時の状況を説明してくれた】


キュートな新人女優の分かりやすい演技という感じですが、彼女の他の写真を見ると、やはり本物らしい。
でも55年の夏(服装から)だとすると、梨花女子大事件直前で、金明熙女史も日本渡航直前、喜進の出産直前のはずで、こんな格好は苦しくてできないはず。臨月にはとても見えません。54年とかではないのでしょうか。

文教祖との関係で他の女とやり合った後、とのことですが、誰とやり合ったのでしょう?
まだ婚姻中だったサンキル夫人とではないでしょう。そうだったら、こんなもんで済むはずがありません。
真の母の地位争いなら崔淳実(サムエルの母の姉)とか? でも彼女とは大親友だったというし。
やはり龍明グループ北韓組か?(笑)
もうこの頃は、6マリ摂理たけなわで、龍明グループ北韓組だけではなく、釜山組、大邱組、ソウル組など目白押しでしょうから、いろいろ大変です。


それにしても文鮮明さん、ばあさん好きを装いながら、シッカリちゃっかり女優風美女を選んでいたようです。


チクショ〜ッ(小梅太夫風




味深い記事だと思われた方もそうでない方も
どれでもいいからクリック↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

儀式の六マリア
考えられるのは・・・
六マリアって儀式をするときの場合の名称だけで、随時入れ替わりもあったわけですから、周り中文鮮明が手を付けた女だらけってこと。(淫乱の苑)

どんな言い合いしたのかなぁ。

それにしても、金女史が組織の中にいてソクラテスの妻なんて立場を与えられてるようだけど、彼女こそ自叙伝を出してほしいわ。ズボン三枚も履いていたのに、妊娠してしまう「怪現象」もよくよく教えていただきたい。

私が参加した修練会では、金女史は死んだとされていた。
死んだとされた女が生きていて、日本信者たちは教祖から?組織から?騙されていたということになる。

金女史は、死んだとされていた自分なのだということを理解しているのでしょうか。喜進の死の真相も理解しているのでしょうか・・・(知らないだろうなぁ)


初めての妊娠で、
体重も6~7キロぐらいしか増えていないとしたら、写真のような座り方格好は出来ますよ。
体重が10キロ以上増えてしまう人には出来ないでしょうけどね。
大暴れするなら、○の切除を!
阿部定の方がカッコイイです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%83%A8%E5%AE%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

知らない若い方は、↑をぜひ読んでください。

ナツミカンさん、真似をしないでくださいね。ニコッ
ナツミカン、真似するなよ(げらっこ

私の時の修練会では、二番目のお母様の金女史は「日本の官憲にレイプされた」と言っていた。
それもウソだったわけですが。

崔夫人もインタビューで、
>「文鮮明氏の最初の奥さんは死んだと聞いていたのですよ」
私の問いかけに、崔は寂しそうな表情を浮かべた。「アメリカでも日本でも、私は死んだことになっていると友だちから聞かされたことがあります」

では崔夫人が死んだとされたのは、いつ頃だろう。
90年前後かな、もっと前?
70年代後半には言われていませんでした。

最近では、草創期の先輩たちの証集を載せていた日本語ウェブサイトが削除されました。
都合悪いということでしょうね。



Re:大暴れするなら、○の切除を!

米本さん、

崔先吉夫人に
「きみの大暴れには中心性がない。中心をやれ」
と言ってやってください。



女性からひどい虐待?
準強姦魔の文鮮明がよくいうよなぁ~。

〇切り取られても納得がいくような男なのに、妻からの虐待だなんて言って、妻への謝罪は一切ない?!

〇を切り取る刑にでもされれば良かったんじゃないの?そうしたら、日本人の性的被害者はいなかったはず!だけど、息巻いている文鮮明バリの宗教カルトは他にもあるわけです。

もはや、宗教団体としては、統一教会の教義を基に分派した某分家のほうが信者数が多いなんて、懲りないカルトの面々です。

管理者のみに表示