FC2ブログ

投獄と腹中教乗っ取り計画/龍明小説3-7


龍明小説3-6 からの続き





   龍明小説3-7




 その夜、インジュの夫は、文ノ龍明の悪行を訴える長い書状を書き、共産党当局に送った。


 その結果、46年8月11日の夜遅く、遂に本物の刑事がやって来た。
 文ノ龍明は大同保安署に連行され、そのまま拘束されてしまった。
 平壌入りから約2ヶ月後のことである。


 彼が獄に入るのはこれで3度目だ。
 1度目は、44年、日本留学時代の共産主義者の友人絡みで嫌疑を受け、日本治下のソウルにて投獄。

 2度目は、45年、終戦直後に従兄弟と北側に行き、雑貨屋でおやつを買い南のお金で支払おうとしたところ、ここでは使えない怪しい硬貨を使おうとする怪しいやつというおバカな罪で数日間牢屋入り。


 牢はもう慣れている、問題ないと彼は思った。それが証拠に、その夜入れられたむさ苦しい牢獄の房の牢名主の男は同業者とも言える腹中教の幹部で、何かと便宜を図ってくれた。

 男に腹中教の経緯をいろいろ聞いてみると、彼は幹部として詳細に語ってくれた。


 腹中教とは、聖主教団の金聖道教祖の死後に、その女弟子の許孝彬が教主になってスピンオフした教団だ。

 許孝彬教主にはイエス様が親しく臨み、聖書にも記されていない苦しい人生を具体的に伝えてきたという。

 マリアは育児放棄だったので、イエスは母の愛も妻の愛も受けていない。許を母とし妻としてその愛を体験したい、と。
 「あなたは私の母と妻になってほしい。私はあなたの教師になりましょう」


 イエスの啓示が降りる際には、許孝彬女史の腹部がいつも、まるで妊娠中に胎児が動くように動いたことから、腹中教と呼ばれるようになった。

 イエスに母や妻の献身愛を示すために、許とその信者たちは、イエスの0歳から33歳までの生涯の3日ごとに着替えるとして、洋服と韓服を各1着ずつ、年齢によってサイズを違えて作っていった。

 単純に計算しても全部で8千着以上になる。
 (33年✖️365日➗3日✖️2着=8030着)

 高価な布地を一切値切らずに購入し、3針ごとに糸を縛って祈祷しながら縫い上げていった。


 それを作り終えると、今度は再臨主のためにも同じようにするようにとイエスのお告げがあった。

 300人以上の信者たちがお金と時間を捧げ、その仕事に従事した。

 許教主と母親は先祖代々の資産を売って資金にしたが、程なく底をついた。

 すると許は信者に、
「あなたたちは韓国を代表し、世界を代表するのだから、今まで大切にしてきた物を惜しまず主のために全部捧げなさい」
 と言い、多くの信者が資産を売って献金し、グループは献金で生活していた。


 主が再臨する期待が高まった彼らは、再臨主のために平壌に美しい家を購入した。
 12使徒と70門徒も任命し、許教主の16歳の娘を主の花嫁として準備して待った。


 今にも主が来られるだろうと考えた腹中教の主だったメンバーたちが一堂に会している時、やって来たのは主ではなく当局だった。
 その場にいた全員が詐欺の疑いで逮捕投獄されることになった。

 ある1人の信者が献金のことで当局に訴えたらしい、と牢名主の男は無念そうに言った。


 龍明は男の話を聞いて、目がらんらんと光った。
 立派な家、新しい衣服、大勢の弟子達までもそっくり準備されているとは驚いた。

 しかも16歳の花嫁付だって。
 これは放っておく手はないぞ。

 ナの家の狭い集会所には、目下十数人が集まるだけだが、
 腹中教は300人以上の献身的な献金信者だって?

 それらは彼が喉から手が出るほど欲しいものだった。
 ーーそっくり居抜きで手に入れたい。


 ーー俺が主であると認めさせたい。
 何百人もの信者の前で、とうとうと語る自分の姿を想像してみた。
 アドレナリン全開になった。
 うーん、トライ アンド ゲット ーー


 空想に浸っている龍明に向かって、男は話を続けてきた。

 彼らの尋問は最終段階に入っており、当局は、許教主にイエスの啓示が降り腹が動くことを否定すれば放免、そうでなければ拷問を科すというのだ。

 教主始め仲間たちは皆否定せずに頑張っているが、すでに1人獄死者が出たと男は言った。


ーーなんという、もったいない、いや、気の毒なことなんだ。
  何とかしなければ‥‥

 龍明は考えた。


 (つづく)



* 文章は予告なく修正・加筆されることがあります。

* 文中最後の方の龍明の思い(腹中教乗っ取り計画)は想像ではありますが、後々の日本の天地正教事件(乗っ取り・吸収)のことなど考え合わせれば、大いにありえることでしょう。



参考資料/サイト
https://www.tparents.org/Library/Unification/Books/Sm-Early/Chap06.htm

Rumors of orgies spread. One husband became convinced that the handsome young preacher was having an affair with his wife, and reported him to the Communist authorities.7

On August 11, 1946, in response to the complaint, agents came and took Moon to the Daedong security police station

7. According to Na Choi-sup's sister, Yoo-sup, the complaint was lodged by Kim In-ju's husband.
 ナ・チェソプの妹のユソプは、(当局に苦情を申し立てたのは)金インジュの夫だったと証言した。



http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/akasi/042.html






味深い記事だと思われた方もそうでない方も
どれでもいいからクリック↓
 ありがとう p(*^-^*)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

文ノ龍明の喜びの心情
 暗在さんは小説において文龍明青年にまつわる出来事を史実に忠実に描いていますが、変な偏りがないだけに文氏の心がとても読みやすくなっています。そこから統一教会の本質もよく分かってくるのでとても興味深いです。
小説からも分かるように、統一教会の本質を解明するカギは朝鮮の異端キリスト教集団にあるようです。小説に出てくる様々な異端教団の特徴には共通性があり、みな人間個人を崇拝するのが特徴と言えます。
腹中教にしても彼らの信仰はナザレのイエスという個人崇拝に集中しており、そのイエスが語った理念のようなものは見落としているような印象です。個人崇拝の傾向が余りに強いために腹中教の教主も人間イエスの幻を見たのだと思います。
人間個人を崇拝するという特徴は元を辿れば朝鮮需要の伝統によるものかと思いますが、その伝統文化がキリスト教を侵食したのが朝鮮の異端キリスト教団と言えそうです。

 朝鮮儒教は人間の上下関係を何よりも重視する教えですが、普通キリスト教の信仰を持てば、信者は自分が上位に立つことを望んだりしません。キリスト教系団体において権力的上位の立場を望むとしたら、それはキリスト教とは違うところに心があるということであり、やはり文鮮明氏は偶像神ハヌ二ム信者だったことが分かります。
文氏は金百文の教団内の経験を通しても、異端キリスト教団内において再臨主を名乗ることがどれほど効果的か実感していましたから、腹中教の存在を知った時の欲望全開の気持ちは容易に想像できます。
彼にとって、それは「鴨が葱を背負ってやって来る」と「ハヌ二ムの導き確信」を合わせたような喜びだったと思います。

牢屋仲間から伝授
悪人が、牢屋仲間から手順を教えてもったことで、文鮮明の人間狩りの方法が確立したと言えるのかもしれない。
女は手に入れやすいが、資産をより手に入れる方法をしっかり身に着けたのでしょうね。
人間を狩る方法は、子供のころから博打を打ち大人に対して、減らず口の言い訳三昧してきた文鮮明にっとって、その手段を組み立てることは簡単なことだったのだろうということが伺える。

そこには、マインドコール的手法が盛りだくさんあったとみることもできる。脅しもしっかり身に着けたということなのかもしれない。夢のような話をしながら、しっかり脅す、自分を高く見せて、従わないことがいかに恐ろしいか従うことがどんなに素晴らしいことか。それを微妙に操ることを、博打好きの文鮮明は覚えたのでしょう。
こんなオモシロイ楽しい博打は他にないだろうって、、、金も女も手に入るなんて目が燃えるように見開くでしょうね。

ここから、鬼畜文鮮明が燃え上がり人間狩りをさらに決意したのかもしれない。
自分を絶対者にするための道を固めることとなった。

統一教会には、必ず上下がある。逆らうことは有り得ない組織を作り上げることとなったのは、牢屋仕込みだったということか・・・。

一説には、CIAから伝授されたとか?マグル大学のマインドコントロールからだとか色々とネットでは噂があった。
どうやら、朝鮮仕込みだったというのが有力かな。
セォウル号事件の宗教団体も同じだし、摂理は統一教会の分派みたいなものだし、どうして朝鮮は「人間を狩る宗教」ばかりあるけど、これも朝鮮の伝統なのかもしれませんね。
Re:文ノ龍明の喜びの心情
神々の黄昏さん、
感想、コメントをありがとうございます。

はい、朝鮮の異端キリスト教集団、いくつも小説に出してきました。
李龍道の新イエス教会(既成の大韓イエス教会と区別するために「新」を付けることもある)、金百文のイスラエル修道院、黄国柱(クッジュ)グループ、金聖道の聖主教団、許孝彬の腹中教(服厨狂)など。

これらは統一教会に入らなかったら、全く知らなかったし興味も持たなかったことでしょう。

 物売りと人集めの実績なければ魂の置き所なしという統一教会の実情下では、真面目にコツコツ主の服を作っていればOKらしい腹中教などの信仰は、他人騙して人金集めてヘィナンボの統一に比べればずっと純粋に思え、実は内心憧れの対象でした。

が、今回書いてみて、やはり献金の強迫観念大いにあり、やってることも大変かつ、つまらない。アホか、腹中教はつまらんぞーと、やっと社会に通用する感覚に戻りましたとさ。なんて、なに言ってんだか。

>小説に出てくる様々な異端教団の特徴には共通性があり、みな人間個人を崇拝するのが特徴と言えます。

ははあ、そうですね。
崇拝の対象を人間個人に落とし込む際に、(信仰が)現実的問題にもなり(神が)身近に感じられる側面があって、それが再臨主による統一運動の比類ない特徴であるなどと誤解する日本の先輩達がいたりして。
フタを開ければただの個人崇拝だと。これは本当によくよく考え、全体を統合的に見なければなりませんね。

異端教団のもう一つの特徴として、信仰が強い、というか思い込みの度合いが極端に激しいことがありそうですが、これは民族的特徴かもしれません。
Re:牢屋仲間から伝授
ネット医者:
ではナツミカンさん、検査をします。「たくさん」と言ってみて下さい。

「盛りだくさん」

えーと、ではこう言って下さい。夜空にはたくさんの星が見えた。

「夜空には盛りだくさんの星が見えた」

えー、では最後に落ち着いてですね、ゆっくりこう言ってみて下さい。た・く・さ・ん

「盛りだ・く・さ・ん」

ネット医者:
はっきり症状が出ています。間違いないですね。これは、言語インフレ症候群の一種で‥‥


ここ何年か、ナツミカンさんが「たくさん」と書いているのを一回も見たことないような気がするのですが。全部「盛りだくさん」になっている。まあいいですけど(笑

>そこには、マインドコール的手法が盛りだくさんあったとみることもできる。

カナダのマギル大学ね。それもあったかもしれませんね。

コメントほんとにありがとうございます。
INポイント
ここ一か月、毎日ここのブログに、批判告発以外の3つのバナーにポチする事を日課にさせていただいているのですが、全然反映されていません。サンクチュアリ板でも いつも30点台とか・・・

やはり、ブログ村をキックアウトされている私がポチしても、反映されない仕組みなんでしょうか?。

いくつもバナーがあると、それぞれ○○%みたいに分けられるのですが、それにしても低いですけどね。どうなっているのかなあ。

どこもかしこからも追い出されて、浮遊霊みたいな私ですが。
Re:INポイント
統三教会さん、
INポイント、そうだったのですか、ありがとうございます。ごっつぁんです。

ブログ村は何種類か複数バナーを押しても毎日一回分としかカウントされない仕組みのようですが、私ども組織票がない身としてはその一回分が貴重です。

では統三さんの当ブログへのINポイントは、毎日一回分としてカウントされているはずですよ。
一回で10ポイントなり。サンク板へは、その内1ポイントが、家庭連合板へは3ポイントが、残りは批判告発板へと分割され。トホホ。自分で選んでいる振り分け割合ですが。

どこか一つに絞って100パーセントにしたとしても、もともと少ないですから。ハハハ。

 統三教会さん含め、バナーをクリックしてくださる何人かの方、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

小説は、読者を選んでいるようですが(ものは言いよう。アクセスが少ないとは意地で言わない)。


統三さんは、ブログ村をキックアウトされていないでしょう。
「統三教会」ではネーム登録されておらず、検索するにもネームが「不適切な表現のため表示されません」さん? これでは検索もできない。
元は「麻原彰晃(松本智津夫)に本人以上にそっくりな男」さん、でしたっけ?

アメブロさんの、“テロ画策の危険性ありのオウム残党の疑い枠”に抵触したのではないでしょうか。オウムの残党にでも間違われたのではないでしょうか。それで記事も一般より厳しめの禁止ワードを課せられた、とか?

でもそれはアメブロのことで、ブログ村とは関係ないはずです。自分で岩戸を閉めたわけですね、バナーもINポイントが入らないように自分で取り去っちゃったのでは?(笑
https://ameblo.jp/amakis/
実情を御存じなくて、当然です。
ブログ村は、最も卑怯なやり方を私にしました。表向きは、私のブログもランキングされているように表示しつつ、私の個人のランキング表では、1週間表示で全てポイントは※印で、「圏外」と 去年からずっとです。

警告の意味でしょうが、抗うすべもなく、出て行くしか無い状況です。

過去の悪人?の存在をブログで匂わせる目的は、例えば、、、 暗在さんが「霊界ラーメン」を食べに行った際に、隣にヒトラーが食べていたら、彼に気付く前と同じに 麺がすすれますか?。

彼らの名誉回復が必要ではないでしょうか?。今までの人類歴史は、悪人こそが善人に偽装されており、それほどでもない人間が、支配者の都合で極悪人に仕立て上げられています。

スターリンですら、工作資金はロスチャイルドの言いなり、世界の二律背反構造で争わせる 片方のコマでしかなく、自家撞着の人生でした。

日本の保守層の認識は せいぜい、ルーズベルトの背後にコミンテルンがいて、「ソ連の工作で大東亜戦争に駆り出された」 ぐらいの被害者意識でしょうが、出資元のロスチャイルドの上に、ハプスブルグ家がいて、その上にシェルバーン家が暗躍し、その上に更に・・・と、巨悪の真相が見えないように加工されています。

下っ端だけが悪者にされるのは、どう思われますか?。ヒトラーにはロスチャイルドが金塊をちゃんと手渡していましたし、麻原のやり方は直接的過ぎただけ(炭そ菌攻撃 ソ連との情報交換にサリンを買った風)で、「サタン分立」とほざく統一教会なんかよりも、よっぽどちゃんと日本国内の敵を捕捉していました。

18世紀から日本はイギリス領で、私のツイッター上では、英国王室が裕仁を1912年に日本王に任命した覚書の資料を公開しています。日本は、英国管理下、アジア英国領に過ぎず、昭和天皇はアメリカに 日本軍が持っていた原爆も中性子爆弾も投下できず、山本五十六は中間工作員でしかありませんでしたので、310万人の日本兵士を犬死させただけの戦史でした。

戦後GHQが二律背反で日本から収奪する宗教部門として、大本教のコロナ工作と 生長の家の日本会議、貧しい神社本庁の背後の天皇財閥のロスチャイルド口座、1962年の文鮮明はロックフェラーに接見しており、「反共風役者」「同床異夢」「NWO」のアジア担当 宗教部門に過ぎませんでした。

人類の生き残りをかけて、暗在ブログさんにも家庭連合ブログ村に顕現していただかないと、さらなる日本人の犠牲が出ます。

と言う事で、サンクチュアリは先細る船ですから無視されて、「家庭連合9 批判告発1」 でお願いできませんか?。

理由は、私も米本さんも統一ブログ村からキックアウトされましたが、その後に私が「批判告発1割 家庭連合9割」にして再登録させてみたら、これ以上追い出す先が無くなったみたいです。

この戦略で、暗在流で 草創期のUC捏造スタートの実相を伝え、教義でも初期に比べ御都合主義で変節させてる経緯など、多くの日本人信者さんに開眼を促していただきたいのです。

私は私で、今 急上昇中のダイナモさんと(神とみ旨ブログ 現在2位)、メールで教義の根幹に関して質疑応答させていただいています。

シムソンさんがダイナモブログへ反対記事書かれていますが、「そこじゃない」感、頓珍漢感が 半端ないので、仕方なく私がやりとりする事にしました。

離教したつもりの「元」ですら、因縁で死後には統一霊界圏に引きずり込まれるようですから、生きている間に勝負が必要なのです。

私達 統一教会経験者が、ジョロウグモに引き込まれるのではなく、逆に 生きている私達が文鮮明を人間に変えるアクションが必要なのです。

goutさんや神々さんからすると、「もう勘弁してくれ」かもしれませんが、許して貰えない背景が存在するようです。

神道系霊能者、恐るべし!。

皆さんの、良質な知性を 是非ともお貸しくだされぇ!。
実情は少し知っている
私の考えたことを言ってもよろしいでしょうか。

貴兄が「圏外になったのはいつからですか?」とおやじさんに尋ねた日(数ヶ月前?)、
私は微量の異常心理を感知し、貴兄の個人ランキング表を拝見した記憶では、週間インポイントは「0」で圏外と表示されていましたが、OUTポイントはあり、表の上部のバーでOUTポイントのランキング表に変えて見ると、ちゃんと順位が表示されたので、ブログ村におかしいところはないとの印象を受けました。週間INがゼロならばINの個人ランキング表で圏外表示になるのは仕様です。

INゼロについては、メンテ等の不具合でINが反映されないブログも以前あったようですが、それより甘えん坊さんブログの場合は長期間クリック用バナーを表示してないことがあったように思います。バナーはたまにはあるんだけど、1度無くなると長期に渡るみたいな。INがゼロでも不思議はない、みたいな。
しかし、個人ランキング表でINは「0」ではなくて「※」と表示されていたのですか?
私はどちらか覚えてなく、その時ゼロと解釈したことは確かなのですが。「※」印となっていたのなら不思議(異常)だ。上に書いたことは全部的外れになります、すんません。

でもその後割と最近、ネームとタイトルを変えて(多務審理経)しばらくブログ村にいた時は、INもOUTもあり、当然表にも圏外表示ではなく順位が出ていました。私もINを入れたことがありますが、ちゃんと反映されました。
こちらは言い訳できませんぞ(笑

>「家庭連合9 批判告発1」で

そのうちそれもいいかもと思います。
もう少し書き続けてからの方がいいようです。へんなプレッシャーがあっても書き続けられるかどうか‥‥あまり自信が(笑


>ブログ村は、最も卑怯なやり方を私にしました。表向きは、私のブログもランキングされているように表示しつつ、私の個人のランキング表では、1週間表示で全てポイントは※印で、「圏外」と 去年からずっとです。
実は・・・
私のブログは、「26」を最後に、ブログ村のマイページ上では、新規記事が反映されていないのです。

確かに、ランキングは表向き表示されたり、されなかったりなのですが、致命的なのは、先ほども同ブログを再 再 再 再登録したのですが、新規登録の下の部分には載りつつも、新規記事欄に実験記事がやはり載りません。

仕方なく、「はてなブログ」の 登録の段取りをやっていたところです。

「岩戸を閉じて」を本当に閉じて、いや、お休みして、はてなブログでダイナモブログさんとのメールのやりとりを公開しようかなと思っています。(;´д`)トホホ…

よろしく、お願いします。
新着記事反映
「ping代理送信」というのが必要なんですかね。
マイページ、記事管理より
https://mypage.blogmura.com/ping
URL提示、ありがとうございます。
もちろん、毎回押していました。

もうね、pinも 反映ポチも、全部押しまくりでしたよ、それでも駄目でしたね。

今日 ブログを再登録させても、いきなり「26」までが既に登録される始末で、前のブラックリスト?登録が外れておらず、「あれ?、記事は37まであるのに、なんで26までしか?」ですよ。

決定的だったのは、家庭連合ブログ村に前回100%登録でも、何故か?週替わりで、inポイントが「9点」「8点」「7点」で加算される週があり、もう「ブログ村さんは気まぐれ」としか言いようがありません。この状況は、少なくとも5年前からありましたが。

こんな不規則カウント、皆さんも経験されておられるのでしょうか?。

100%登録なら、加算ポイントは整数のはずなのに、何故か?私のは38点の時とか、118点の時とか、滅茶苦茶でした。

嫌われているのかな?。

まあ、これだけ天界から人類が揺さぶられているのに、まーだ原理原本の血統転換理論に縛られている人がいらっしゃるから、組織から離れたらOKではなくて、贖罪しないと、あの世で統一霊界圏に引きずられるみたいなんです。

日本社会に迷惑かけたのだし、如いては世界に迷惑かけたのだから、人生を総括して、反省しないとね。

煙たがられても、本当なんだから 仕方ないですよ。
やるしか・・・ 98年から文鮮明の御霊入り男なので
メンテは完ぺきではない
メンテが正しく正常には行われていないというのは、随分前から気づいていましたが、ランクがどうのと考える必要もなく読みたい人は読めばいい程度に考えたらいいだけです。

すべてを他ブログに移し替えてもいいですし、ダブル掲載でもいいと思います。

最近の統三教会さんの元記事と思われる内容は、チラと見たりしていますが、ガガとヒューさまのあの写真の元出はどこでしょう。知りたいですね。

それに、以前に質問した6500姉妹が韓国やくざに拉致された内容を、自ブログでもう少し書いてください。

公安がオウム以下と称す組織が、どのようなところと密接に関わったのか。そして、その先の組織がいかに人間に非常な内容があるのか。
知っているなら・・・
方法はいくらでもあります。

人間てグロ過ぎる。
夏みかんさんへ。
詳しい事は わからないし
聞き先すらも わからないし
精通する人ほど、呆れて既にこの道を離れているし
NETの50代さん達の方が如実に表現されているように思います。

私は、たまたま「カインの末裔」氏の、その情報源と通じていただけで、それでも南米でのコカインの真相など知る由も無く、あわゆくば98年にパラグアイに国家メシアの補佐で行って、私まで拉致される処でしたよ。

くわばら くわばら

私の性格上、相手の虚を突こうとして、今頃とっくに昇天してたでしょうから。

でも、行っていたら、確実にUCの麻薬マネーロンダリングの有無については 真相を嗅ぎ回ったと思いますが。

知らないものは「知らん」と言うのが、まともな人間だと思います。

韓国には3度行っただけで、巷の人身売買には精通していませんし。

人肉食・悪魔儀式の写真に関しては、流れてきたものを転写しただけです。

(amebaさんと ブログ村さんが拒否するから、もっとコアな飲食中の写真や 儀式中の写真は公開出来ずに終了となりましたが、その出典の事情に関しては 知る由もないです。)

期待外れで、すいませんね。
ナツミカンさん
>メンテが正しく正常には行われていないというのは、随分前から気づいていましたが、

少し前か、ナツミカンブログにINポイントを入れましたが、反映されませんでした。
だいぶ前にも誰かがそれを指摘し設定し直した方がいいよとアドバイスしていましたが、ナツミカンさんは、それはどうでもいいですと応えていたので、そのままにしておきました。

>ランクがどうのと考える必要もなく読みたい人は読めばいい程度に考えたらいいだけです。

ブログ村のランキングに関しては、ナツミカンさんは一種のサトリの状態があると思われます。菩薩ですねw
分野限定(極狭ッ)の菩薩号を取得していらっしゃるのです。(博士号みたいに言うなや)

金で買った菩薩号ではないか、単に設定の仕方が分からないだけではないか、など的外れな疑惑が世の常でささやかれますが。
統三教会さん
>実は、私のブログは、「26」を最後に、ブログ村のマイページ上では、新規記事が反映されていないのです。

今も続いているようですが、これは不思議、おかしいですね。

>決定的だったのは、家庭連合ブログ村に前回100%登録でも、何故か?週替わりで、inポイントが「9点」「8点」「7点」で加算される週があり、

今、1クリック9点になっています。
新着が反映されないので、 26以来記事がアップされていないと読み取られているのしょう。
更新が一定期間以上ないと、1クリック10点から9点、8点と自動的に減らされていくようです。休眠ブログさんを見るとそのようです。

問題は、新着記事が反映されないことの一点に絞られますが、お手上げです。v-11
連投状態で、大変申し訳ありません。
本日 am 3時ぐらいまでは確かにブログ村に再登録させてあったはずなのですが、am 8時ごろに見ると、事前の通告無しにブログ村さんから 登録を強制排除されていました。

その後に登録した「はてなブログ」の方は大丈夫でした。

ブログ村さんはハザールマフィアの影響が強い可能性が確認出来ましたので、今後も「はてなブログ」さんでもブログ村を利用するならば、「露出は控えめに」という事になりますね。

まあせいぜい、映像系はURLを貼り付けるだけにするしか。。。



それから、

今、善きサマリア人さんのブログ(サンクチュアリ:カテゴリーに登録されてる方)に、教義の根幹に関わる質疑応答をさせていただいています。

皆さんにも、参考にしていただければ 幸いです。

http://homechurch.blog.fc2.com/?no=831#comment
今コメントさせていただいているのは ここのブログですが、なかなかコメントを公開してくださらないので、私の記事の方が先行しています。



https://ameblo.jp/amakis/entry-12595310465.html
2回コメした文章を、自分のブログへ転写させた私の記事。

https://ameblo.jp/amakis/entry-12595729262.html
3回目のコメしたのを、自分のブログへ転写させた私の記事。

(まだサマリアブログでは3回目のコメは公開されていないので、こちらでどうぞ)


全方位に向けて、「劇団ひとり」 をやっています。
間違っている論説があれば、打開策を提示していただけるとありがたいです。

よろしく お願いします~♪。

管理者のみに表示