FC2ブログ

2020年12月の記事 (1/1)

6人後継者の悲劇 ーUCI裁判ほか

「UCI裁判シロウト考察ーカルマの法則なのか?」の続き



   6マリヤならぬ
      6後継者の悲劇
         ーUCI裁判ほか




顕進氏は今も自分が家庭連合(統一教会)の後継者だと思っているのでしょう。
まあ一時は文鮮明父親から、そうも受け取れる言葉を囁かれたのでしょう。

文鮮明さんは、次から次へと後継者を定めました。


後継者問題といえば、最初に花形デビューしたのは、
長男の文孝進氏でした。

1985年、「大学原理研究会」の世界会長に就任!

初めて公職に真の子女が登場!というわけで、信者たち、目を見張る。
そのうち、「お父様が孝進様を後継者に指名した(らしい)」という噂だかみ言葉だかが回ってくる。
えー?ロック好きのヤンチャな若者が組織のトップだなんて、今まで散々自己否定した苦労が無視されそうでいやだなあ、と奴隷信者たちは戸惑うが、なんとか受け入れよう、慣れようと努力する。


その後ほどなく、
「お父様は、韓鶴子お母様が後継者になるとおっしゃった」
との言が聞こえてきた。
1990年「お母様は第二教主です」
「これからは先生がいなくても、お母様一人でみ旨に何の支障もないというのです。」
1992年「世界平和女性連合」総裁に就任

え、孝進様のはずじゃなかったの?なんで変わっちゃったの‥
奴隷信者、また戸惑うが、お母様ならどうせ結局何も変わらず、元から決められたことに従っていくだけになるだろう、まだそっちの方が楽でいいやと、内心ホッとする。(当時まさか独生女神を自称するとは思いもよらず)


その後しばらくし、
三男の文顕進氏華々しく登場!
1998年「世界平和統一家庭連合」世界副会長に就任
2000年「 世界大学原理研究会」(W-CARP)会長に就任
2001年「 世界平和青年連合」世界会長に就任

「『文総裁が80歳になったけれどもその後継者は誰なのか』と心配する人が多いのです。今回、顯進が現れるのを見る時、『アイゴ、これでよし!』というのです」
(文鮮明先生御言選集 325巻 p.312 真の愛を中心とした為に生きる人生 2000年9月2日)

当方、その時期には教会におらず、教会のネット露出も少なく、
後で「統一教の分裂」を読んで、♬そんな時代もあったのね〜 と思った次第。
奴隷信者は①の時と同じように思ったかもしれないが、
その頃になると、文先生も高齢、時も熟し、二世の時代。
二世リーダーが待望され、顕進様人気大爆発!
未来の後継者は、デビュー当時のエルビス・プレスリー並みにもてはやされたとか。
[ 続きを読む » ]
関連記事
スポンサーサイト



UCI裁判シロウト考察ーカルマの法則なのか?


「スッキリ分かり易いUCI 判決の要約」からの続き



   UCI裁判シロウト考察
       ーカルマの法則なのか?





裁判履歴の簡単メモ

2011年5月  家庭連合(統一教会)らが、
         UCIと文顕進らを「信託義務違反」で提訴

2012年    UCI側が「この件は宗教内の問題なので
         裁判所の管轄権外」として却下の申立てをする

2013年12月  UCIの申立が認められ、
         家庭連合の告訴を条件付きで棄却
         (一審終了)

2014年1月  それに対して家庭連合側が控訴

2015年12月  控訴が認められ、差戻し判決
         審理が始まる

2016年6月  「被告は、判決までGPF等への寄付を禁じる」
         仮差し押さえ処分発効

2018年    和解調停決裂、韓鶴子宣誓供述

2018年10月 「UCI側の信任義務違反」との略式判決

2020年12月  被告らの理事退任・罰金等の具体的判決が下る
         (二審の主判決)

 

三男派は、裁判所はアメリカ憲法修正第1条の「宗教不干渉」に反するとして、抗議運動などもしていたようです。

誰が宗教の後継者なのか?という問題なら、「宗教内の問題」で「裁判所の管轄権外」というのもうなずけますが、後継者問題も決着していなかった状態で、UCI財団の資産を無理やり所有・移管したことも「宗教内の問題」だというのは、ちょっと‥‥いただけないでしょう。

被告側は最高裁へ上訴するという話でしたから、期限もあるだろうし、もう上告したのでしょうか。
それとも上告は諦めて、この敗訴はイエス・キリストが十字架にかかったのと同じだとして、支持者をつなぎとめることにしたのでしょうか。

2015年の判決文では、「一審で宗教不干渉と判断したのは時期尚早」とし、宗教とその財団にまつわる紛争の判例を複数挙げて審議していました。
トランプ陣営でも苦戦している最高裁で却下されずに、過去の判例を乗り越えて覆(くつがえ)すことができるかな?
[ 続きを読む » ]
関連記事

悪(ワル)の諸行無常ー3母女摂理回想/6-6


「銃はビンビン・フラれた教祖/6-5」からの続き



    3母女摂理 回想ー
       悪(ワル)の諸行無常




   龍明小説6-6


おもむろに、寂しい聖歌を歌い始める文教祖であった。

♪ こどくなー みすがたでー
   さきがけー 主はイカーレた‥‥


崔家に投入した7年が、未練がましく思い起こされた。
最初に婦人部長の呉永春が崔夫人を教会に連れてきた。

夫人は李得三という名前だった。
「得三‥‥、三を得るとは、実にすんばらしいお名前です」
と文教祖は言った。
「聖書に、“生めよ、増えよ、地を従わせよ” とあるでしょう?
 あれは神が人間に与えた三つの大きな祝福です。
 しかしアダムとエバの堕落のせいで、世界は未だその祝福を実現できていません。

「そこで、崔夫人、あなたの登場だ。
 ♪ アナタのお名前、なんてーの? ア・ソレッ
  李の得、三つと申します、ソレ・ソレ・ソレッ
 という具合で、霊界が歓喜で騒いでいます。
 まるで奇跡のようなお名前だと。
 あなたは、神の三大祝福を得ることができる重要な中心人物なのです。
 あなたの家庭を通して、それは実現するのです」

長い期間をかけて、龍明は夫人を説得していった。

まずは夫人の聖別だ。血統転換の性儀式、これ一択。
再臨主の清く聖なる血を初めて崔家に入れる象徴ともなる実体儀式だ。

年頃の娘が2人いる得三夫人の年格好は、オクセヒョンや呉永春、その他多くの取り巻きの婦人たちと同じようで、龍明がもっとも得意とする領域だった。
[ 続きを読む » ]
関連記事

スッキリ分かり易い UCI 判決の要約


  スッキリ分かり易い
           UCI裁判
             判決の要約




統一ブログ村で、長く分かりにくい判決要約(「UCI返還訴訟に対するジェニファー・アンダーソン判事の決定に関する要約」)を読み、元活字中毒の当方ですら途中でグダグダになりました。

スッキリ分かりやすい要約を見つけたので、紹介します。

①オール(元)統一ウェスタンによる判決要約(翻訳)
②感想と解説
③実際の判決文 結論ページの翻訳

 
①オール(元)統一ウェスタン、Martinによるスッキリ要約


2020年12月3日、UCI裁判に重要な決定が下されました。

文顕進側の弁護士は今、狂ったように動議を提出していますが、今回の裁判所命令は、ここ10年に及ぶUCI裁判の最終的な決定である可能性が高いです。

家庭連合はそれを最終勝利とみなし、微妙ではありますが祝杯をあげています。

最終決定は次のように要約されます。

UCI が家庭連合に対して組織的な責任を負うのではありません。
理事を務めた個人がUCIの組織に対して責任を負うということです。

彼らは、文顯進、郭珍満、マイケル・ソマー、金榮俊です。
彼らは直ちにUCIから解任されます。
彼らは、この間のUCIの莫大な金銭的損失に対して「連帯責任」を負います。

つまり、彼ら全員が亡くなるまで、裁判所命令の罰金が全額支払われるまで、残った個人が責任を丸ごと背負わなければなりません。

UCIに対しては、グローバルピース財団(GPF)への違法な寄付に対する賠償金として、62,810,278ドル+利息を支払わなければなりません。

また、スイスに本拠地を置くキングダム投資財団(KIF)への違法な寄付に対しては、UCIに469,420,708ドル+利息を支払わなければなりません。
罰金の総額は、532,230,986ドル+利息です。
(総額:5億3千2百万ドル+数百万ドルの利息。約550億円

裁判所は、すべてのお金が今どこにあるか、彼らが貧しくて罰金を払えないかどうかなどには関知しません。

また、寄付金を受け取ったGPFやKIFは、この訴訟の当事者ではないので、UCIに対して責任を負うことはありません。

この4人は、UCIの全資産(約30億ドル)の2分の1の金銭的損失に対して完全に責任を負い、命令された罰金を払わなければなりません。

罰金を支払うための資金を探して動きはじめなければ、それ自体が犯罪である法廷侮辱罪に問われ、懲役刑の対象になるでしょう。

UCIの組織については、すべてが、不正な理事が最初に変更を加える以前の元の状態に戻ります
(UCIは新しい理事陣を任命する必要がありますが)

彼らがUCI組織に変更を加えた事柄はすべて、あたかも存在しなかったかのように、州の記録から永久に削除されます。

裁判官は、
「理事らが寄付金から個人的に利益を得ていなかったという事実は、ここで求められている救済手段が、不正利得を返すことではなく、原状回復であるため、ほとんど無関係である」
と述べました。

https://whatisonthemoon.tumblr.com/post/637126554761183232/an-important-order-on-the-uci-case

 

[ 続きを読む » ]
関連記事

銃はビンビン・フラれた教祖/6-5


「モテ期去る オッサン教祖とスマート朴普煕/6-4」からの続き



    銃はビンビン・
        フラれた教祖





   龍明小説6-5



ある時、軍人将校の食口の1人が、茶色い大きな紙包みを抱えて、龍明のところにやって来た。
「関心があられると聞いたものですから」
言いながら、包みを解くと、使用感ある銃器が現れた。

「こちらはエア散弾銃、あとこちらが小銃で‥‥」
一通り操作を説明した後、
「出まわる前の米軍の放出品ですが、先生に献品しますので、分解でも何でもご自由になさってください」
と言って帰って行った。


彼は帰り際に、
「金課長が、先生によろしくと申しておりました」
と言い残して行った。

「金課長」とは、数年前獄中で面談したあの情報部の男で、名を金鐘泌(ジョンピル)といい、その後入教した将校信者を通して知ったことだが、今は陸軍情報参謀部の企画課長であるらしい。
金鐘泌と龍明は、将校信者たちを通して緊密に繋がっていた。


軍人食口がいなくなるやいなや、その場にいたカメラマン幹部信者の劉孝敏が早速、ライフル型の銃を手に取り、しきりにカチャカチャと音を立て、いじくり回していた。

技術に強く、器用で有能だった劉孝敏は、銃の研究を続け、数ヶ月後には新式の空気銃を発明した。
それは鋭和散弾銃と名付けられた。

龍明率いる教会は、将来の韓国軍への供給も見据えて、鋭和散弾銃製作所を設立し、独自製造に乗り出した。
そして1959年12月には、政府の最初の認可を受けることになる。
統一重工業の始まりである。

[ 続きを読む » ]
関連記事

モテ期去る オッサン教祖とスマート朴普煕/6-4


血分けメシアのライバル出現ー悔しいじょ〜/6-3 からの続き



 モテ期去る
   オッサン教祖と
      スマート朴普煕





    龍明小説6-4



文ノ龍明は、梨花女子大事件の刑務所で、軍の情報関係だという人物から「血分けとやら、それだけはやめろ」と忠告されたが、だからといってサッと止めるわけにはいかなかった。
(参考「君は弱小セックス・カルト教団の教祖のまま消えてゆくのみだ」/6-1) 


もうずっと前から物語はできているのだ。自分はモーセやイエスから使命を受け継ぐ中心人物となって、世界を救う物語の主人公として実践行動しなければならないのだ。

210名の女性を、血統問題の条件で、神に捧げる7年路程の摂理の最中なのに、途中で止めてしまうわけにはいかない。
(参考「50年代・処女と人妻 何百人もの秘密摂理/番外編4-10」)


とはいえ、この路程が終わった後なら考えてもいいーと龍明は思った。

ーー最近、さすがに辛い時がある。
好きでもない女と血分け、つまりセックスを、毎晩のようにしなければならない辛い立場の“人類の聖なる父”、このお父様であるよ。
それをさせねばならない神の事情を考えたならば、また涙が出てくるというんだね。

それに最近、女たちの反応が昔に比べると芳しくない。
こちらを見つめる彼女らの、憧れでキラキラした目を見る機会が、いつの間にか減ってきたように思う。


30半ばを過ぎ、40歳に近くなり、壮年のエネルギーに満ちてはいたが、見映えに関しては、いつまでもハンサムな美青年風ではいられない。

多分35歳あたりが境目だったろう。
ほんの少しずつ、脂ぎった中年臭さのようなものが、時にまだらに、彼の容貌の上に出たり入ったりしながら、次第にそれが定着していった。

新しく取り巻く女たちは、敏感にそれを感知し、血分けへの熱狂は一時に比べると徐々に潮が引いていくような状況にあった。
[ 続きを読む » ]
関連記事

文孝進 幼少期の性的虐待とは?


  文孝進が受けた 
      幼少期の性的虐待とは?

    「金孝律(ピーター・キム)がやった」
           に疑義あり



まずは
https://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/129586296128/hyo-jin-moon-held-a-loaded-handgun-to-peter-kims
の翻訳をどうぞ。

(翻訳ここから)
文孝進は、イーストガーデンで、
金孝律(ピーター・キム)の頭に、弾丸入りの拳銃を突きつけ、
引き金を引くぞと脅したと言われている。その理由は?



金孝律は2015年9月に、世界平和統一家庭連合の最高評議会に任命された。

thedwills2は次のように言った:
文孝進は、9歳で家族がアメリカに移住する以前に、韓国で性的虐待を受けたと妻ナンスクに話した。

数年前、1953年に入会し36家庭の一人であった劉敏明は、
孝進が韓国で "真の血統 "とつながりたいと願う女性信者たちから、どのように性的虐待を受けたかという話をした。

文鮮明は孝進に起こっていることを知っていたが、何もしなかったと劉敏明は主張している。
劉敏明は韓鶴子のことは話さなかった。
[ 続きを読む » ]
関連記事